統治下の朝鮮で日本が神社を建設したことを今日始めた学んだ(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

統治下の朝鮮で日本が神社を建設したことを今日始めた学んだ(海外の反応)

ree
海外の反応をまとめました。





朝鮮神宮(ちょうせんじんぐう,조선신궁,チョソンシングン)とは、朝鮮京畿道京城府南山(現・大韓民国ソウル特別市)にあった神社である。社格は官幣大社で、朝鮮半島の総鎮守とされた。 1919年(大正8年)7月18日、天照大神と明治天皇を祭神とする「朝鮮神社」を創立し、官幣大社に列する旨が仰出された[1]。1920年(大正9年)、南山の頂の御用地20万坪、境内7000坪の地を卜し、総工費150万円で殿舎の造営に着手、6箇年で竣成した。1925年(大正14年)6月27日、「朝鮮神社」が「朝鮮神宮」に改称され[2]、同年9月14日には鎮座祭の期日(同年10月15日)と例祭日(毎年10月17日)が定められた[3]。 1925年(大正14年)10月15日、園池掌典次長が勅使として御霊代を奉戴し、鎮座の盛儀が執行され、17日、園池勅使の参向のもとに初回の例祭が挙行された。以後、例祭ごとに勅使の参向があり、また本社の宮司は勅任待遇であった。 大日本帝国の第二次世界大戦における敗戦に伴い、1945年(昭和20年)8月16日に御御霊昇神の儀を行い、11月17日に廃社となった[4]。跡地には南山公園が作られた。公園の中には安重根義士記念館、Nソウルタワーなどがある。 ウィキペディア

・(スレ主)日本が朝鮮を占領した時、朝鮮での「皇民教育」の為に神社を建てたことを学んだ。
その中には朝鮮神宮があった。
日本が降伏すると、朝鮮はそれを神社を取り壊して、日本の総理大臣だった伊藤博文を暗殺した安重根の記念館を建てた。


・ずいぶんとヤクザなことをするな。


・これぞ嫌がらせだ。


・だから私は、北朝鮮が核ミサイルを発射するなら、最初の標的はアメリカではなく、大阪・京都・東京になると100%確信していたんだよ。


・アメリカにある連合国の像みたいなものか。
レイシストたちがいなくならない点は別だし、全く意味の分からない場所にもあるけどね。


・彼らは朝鮮語を話すことを禁じて、朝鮮の名前を捨てさせて、日本語の名前を使うことも強要した。


・私の義理の親が朝鮮にいた時、これらのことが全て起きた。
神社の建設よりも酷かったのは、朝鮮語を話すことを違法にして、日本語教育を始めたことだ。
だから私の義理の父親は今でも日本語を話せる。





・日本の過去の占領文化は興味深い。


・↑日本は慰安婦について公に認めて、謝罪したことはあるのか?


・↑いいや、彼らはすべて無視している。


・↑日本はどんなことでも謝罪することは決してない。
いつも「不幸なことが起きてしまった」で済ませる。


・↑複数の機会で何度か謝罪しているぞ。


・20世紀に占領を経験した国の人たちと話をすると、日本人に対する憎しみが断トツだ。


・↑興味深いことに台湾は違うけどね。


https://goo.gl/36kL1A

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。