日本語が話せないまま日本に移り住んだ子供たちに教師はどう対処すべき?(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日本語が話せないまま日本に移り住んだ子供たちに教師はどう対処すべき?(海外の反応)

grs
Q日本語が話せずに日本に移り住んだ子供たちに教師はどう対処すべき?
海外の反応をまとめました。





・う~ん、それが教育だろ。


・...優しさを持って接する。


・生徒たちに片仮名で話しかければいいと思う。


・↑素晴らしい。


・子供たちが日本語を学ぶべきでは?
その方が彼らにとって生活がずっと楽になるし、子供なら学ぶのが簡単だ。


・↑忍耐強く子供たちに日本語を教えるだけでいい。


・これは馬鹿馬鹿しい質問だね。
子供たちに日本語を教えればいいだろ。
子供が言葉を覚えるのは、そんなに難しくない。


・12歳までの子供は、日常の活動や交流によって簡単に言葉を覚えることが出来る。


・子供たちも日本語を学ぶべきだが、親たちもだね。





・他国に移り住んだのなら、その国の言葉と文化を学ぶ必要があるはずだ。
アメリカに移り住んだら英語、メキシコならスペイン語、中国なら中国語、日本なら日本語を...少なくとも基礎レベルのね。


・1988年に私と私の兄弟は小田原の学校に通った。
日本語のスキルは全くなかった。
私たちは優しく歓迎されたよ。
日本の子供たちと遊んでいるうちに、我々は日本語を学んだ。
そして、一生付き合える友人たちが出来た。


・↑90年代に私も同じ経験をしたよ。
東京だったけどね。
幼稚園だったら問題ないだろうが、、少し大きくなるにつれて問題になっていくだろうね。
9~10歳くらいからかな。


・↑片言の英語で私はアメリカに受け入れられるだろうか?
スペイン語の話者とアジア人に対する彼らの扱い方は議論を呼ぶ。
アメリカは人種差別的で外国人嫌いの国だよ。


・子供たちは愛されるべきだが、日本語を学ぶように促されるべきだ。
親たちも一緒にね。


・子供たちが日本語を学ぶのを助けてあげて。


https://goo.gl/7kNC2k

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。