ネットデマ生んだ恐怖人形の処分を日本人制作者が明かす(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

ネットデマ生んだ恐怖人形の処分を日本人制作者が明かす(海外の反応)

s
【3月5日 AFP】インターネット上で最近拡散している「モモ・チャレンジ(momo challenge)」と呼ばれるデマで使用された不気味な人形を制作した日本人アーティストが4日、AFPの取材に応じ、人形は昨年に処分しており、人を傷つけるためのものではなかったと説明した。
海外の反応をまとめました。





・あれは不気味だった。


・まるで日本のスレンダーマンだな。
スレンダーマン は、2009年にサムシング・オーフル・フォーラムにおいて利用者エリック・クヌーゼンが創り出したインターネットミームから生まれた架空のキャラクター。細身で異常に背が高く、黒い背広を着た、無表情、またはのっぺらぼうの男として描写される。 ウィキペディア


・人形のレプリカは、どこで買えるの?


・う~ん、製作者の責任ではなかったのに。


・気の毒な人だ。
ネットが彼の作品を勝手に歪曲しただけなのに。


・本当に悲しいな。


・これで呪いは解けた。


・良かった。人々に悪夢を与えたからね。
特に子供たち。


・一度ネット上に上がったら、完全に消すことは出来ない。


・そもそもデマなのだから、破壊することは出来ない。





・真面目な話、子供たちからスマホを取り上げて、子育てし始めろよ。


・不気味だからといって、酷い物とは限らない。
彼の作品は悪い人々によって、悪用された。


・彼はそんなことをするべきではなかった。
彼の作品に悪いところは何もない。


・わお!ネット上の悪い奴らによって、彼の作品は破壊されたんだね。


・幸いなことに、私は「モモチャレンジ」が何なのか見当もつかない。


・製作者が責任を感じてしまうのは悲しい。


・素晴らしい行動だと思う。
子供たちに元は何だったのか理解させて、安心させている。


・うん、これで子供たちは、もう安心だ。


https://goo.gl/DMwQg3,https://goo.gl/iiDGQT


kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

feedly

follow us in feedly

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。