日本の「はんこ文化」にフィンテックの荒波(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日本の「はんこ文化」にフィンテックの荒波(海外の反応)

es
三菱UFJ銀行で高機能を備えた現金自動預払機(STM)の推進に携わる小倉誉之氏は、この2年間、10人ほどのチームメンバーと手分けして全国約470の市区町村を訪れた。顧客による税金や公共料金の支払いをこのSTMで扱えるようにするためだ。   1月に開設した新型店舗「MUFGネクスト」は、顧客がタブレット端末やテレビ電話、将来的には仮想現実(VR)も駆使して各種手続きができる設計。しかし、市民税など自治体ごとに書式が違う納付書に「はんこ」を押す作業が機械にはできず、自動処理した用紙を市町村に受け付けてもらえるよう交渉する必要があった。以下全文を読む(ブルームバーグ)
海外の反応をまとめました。





・もうハンコはいらない。


・やっとか。
でも自分のハンコには懐かしさを感じている。


・私はハンコを手に入れるのに苦労したばかりだというのに。


・面白いことに、アメリカの銀行で男がビジネス用の小切手にハンコを使っていた。


・ハンコの方が署名よりもどうして安全なのか理解できないよ。
誰でもハンコを持ち出すことが出来るだろ。


・老人は持っているハンコの数が多すぎるために、どれがどの口座に使われているか分からなくなる。


・もしかしたら、彼らは普通の暦も使い始めるかもね。
私の免許は平成35年に失効するらしい。(大爆笑)
その日付は永遠にやってこないから良いことなのかな。


・彼らがハンコを使うのをやめることを祈るよ。
何の意味もない。
だって誰でも店で買えるのだから。
日本企業ではみんなでシェアしているし。
ヨーロッパでは他人が他人の為にサインするなんて見たことない...。





・私は自分のがハンコが好き!
とはいえ、この流れは理解できる。


・10年前にそうなるべきだった。
誰でも100円ショップで買えるサインだって?


・次は何だ?ファックスか?
私は変化に対応できないから、脅かさないでくれよ。


・完全にハンコの人気が無くなる前に、自分のハンコを手に入れたい。


・ハンコはサインにあたるものだ。
ここのコメント欄にいる文化を根絶したがる連中が面白い。


・↑文化というものは、現状に対応するために変化し続けてきた。


・日本よ、ゆっくりと21世紀に入ろうとしているの?


・私は自分のハンコを持っているよ。


・良かった。
200年かかったけど。


・もしも私のハンコが売っているのなら、何個か買いたいよ!


https://goo.gl/LSEPmi


kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

feedly

follow us in feedly

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。