日本に最初に来た英国人の子孫を研究者たちが探している(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日本に最初に来た英国人の子孫を研究者たちが探している(海外の反応)

12
平戸市は1日、同市大久保町の崎方公園内にある三浦按針(ウィリアム・アダムス、1564~1620年)の墓地から出土した人骨(男性)の分析結果を発表した。西欧人であることと、死亡時期は分かったものの、按針本人とは断定できなかった。  按針は徳川家康の外交顧問を務めた英国人航海士で、市が子孫を探している。以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




ウィリアム・アダムスは、江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイングランド人航海士・水先案内人・貿易家。三浦 按針の日本名でも知られる。 ウィキペディア

・(スレ主)日本の研究者たちが、ジリンガムの船乗りの子孫を探している。
日本の南部で埋葬されているのが発見された骨が、日本に初めてやって来たとされるイギリス人三浦按針のものかどうか確認するためだ。


・もしも私に彼との血縁関係にあったら、日本に無料で行けるの?


・私はジリンガムの隣町に住んでいる。
クソみたいなところだぞ。


・↑私はグレーブセンドの人間だが、これは事実だ。
ジリンガムの人間が、昔の日本人と交流を持っていたなんて想像するだけで笑える。


・うちの一家は、ジリンガムに代々住んできた。
我々が子孫かどうかは分からないけど、研究者がどのように調べるのか、我々がどうやって協力すればよいのか記事には書かれていない。


・↑彼の子孫は日本にいるんじゃないのかな。


・↑彼はイギリスで結婚した。
妻はイギリスにいた。


・↑記事によると、日本にも嫁と子供がいたらしい。


・本当にクールな話だ。
初めて日本に足を踏み入れたイギリス人で、初めて日本に留まったイギリス人だ。


・彼が日本オタクの元祖だ。





・Shogunが事実に基づいた話だったことを忘れていたよ。
あのドラマが好きだった。
『将軍 SHOGUN』(しょうぐん 原題:Shōgun)は、ジェームズ・クラベルの小説 "Shōgun" を原作として、1980年にアメリカ・NBCで制作・放送されたテレビドラマ。劇場映画として編集されヨーロッパや日本で上映されたほか、日本ではテレビでも放送された。ウィキペディア


・待ってくれ。
Shogunに出てくるアンジン?
3日前に読み始めたんだが。


・日本語を話せないのに、どうやって彼は日本文化に溶け込んだの?


・↑日本語を勉強したんだよ。(笑)


・↑彼より前ににポルトガルの宣教師がいた。
その宣教師は、将軍の通訳だった。


・私はあの黒人のサムライに関する映画が見たい。


・これは興味深い。
5か月後にどうなったか教えてくれ。


・日本人がジリンガムに足を踏み入れないことを祈る。
彼らはショックを受けるだろう。


・↑日本大使館は、24時間通じるホットラインを立ち上げないといけないかもな。
ジリンガム症候群の被害者のために...。

https://bit.ly/2IYtTPu



kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。