日本国籍のテロ首謀者をイラクで拘束(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日本国籍のテロ首謀者をイラクで拘束(海外の反応)

1s
5月20日、モハメド・サイフラ・オザキという日本国籍を持つバングラデシュ出身のイスラム国戦闘員がシリアからイラク北部の都市スレイマニーヤにある刑務所に移送された、とメディアが報じた。バングラデシュ当局によると、オザキはシリアにおけるイスラム国最後の拠点バーグーズで拘束されたバングラデシュ人戦闘員9人のうちの1人であり、彼自身は3月15日に投降したとのこと。 日本国籍保持者ということは、オザキは日本人である。ゆえに彼は、「シリアで拘束された初の日本人イスラム国戦闘員」だと言える。 当局筋によると、オザキは2015年に日本人の妻と子供達とともに日本からブルガリア経由でシリア入りしてイスラム国に合流、子供のうち2人は空爆で死亡、7歳、3歳、1歳の3人の子供は生存しているとのこと。以下略(FNN)
海外の反応をまとめました。





・NHKがこの男の日本での生活、過激派になるまでを描いた素晴らしいドキュメンタリーを制作した。
奇妙な物語だ。


・彼の妻と子供たちが、無差別の空爆で命を落としたことに我々は目をつぶるべきなのか?


・↑戦闘地域に行ったんだぞ。一体何を期待しているんだ?


・↑少なくとも民間人が、軍の攻撃によって命を落とさないことを期待したい。


・悲しい話だ。
自分たちの思想で、子供たちに辛い体験をさせた。


・日本人妻は、一体何のためにシリアに?
日本は素晴らしいじゃないか。


・↑労働者、外国人、LGBT+がどのような扱いを見ているか見てみろ。


・↑おそらく洗脳されたのだろう。


・↑なるほど。
色々な要因や影響が、シリア行きの選択につながったのだろう。


・↑EUの人間がシリアに行く理由と同じだ。
洗脳された、残酷好きなのだろう。





・本当とは思えない見出しだ。


・自らの意思でイスラム教に改宗したがる女性を理解できない。


・おそらくイラクで処刑されるだろう。


・どうしてこのような人間が帰化できて、過激派に染まるのか理解できない。
日本人に帰化するには、とても長くて難しいプロセスがあったと思う。


・↑みんなが思うほど、帰化は難しくない。
まともな仕事について、日本に留まり、最低限の日本語を話せれば大丈夫だろう。


・どうやって彼が日本で過激派に染まったのか、日本は調べるべきだ。
特に、リスクの高い地域から移民が流入しているからね。


・↑日本には外国人嫌悪がはびこっているの?


https://bit.ly/2Qlrike



kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。