2004年の日本vsスコットランド(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

2004年の日本vsスコットランド(海外の反応)

2004 vs 2019 (from BBC) from r/rugbyunion
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/2MBdfFP
関連記事



・ラグビー史上最大の出世かな?
日本に近いチームが思い浮かばない。



・↑2004年の日本代表は日本代表の水準からみても、かなり弱かったらしい。



・>>ラグビー史上最大の出世かな?
>>日本に近いチームが思い浮かばない。
↑アイルランドが優勝したら、彼らでは?



・↑最近のローラーコースターのような状況を考えると、オーストラリアでは?



・↑もしくはフランス。



・↑ブラジルは日本の台頭に近いかもしれない。
どん底から上がってきた。



・↑アルゼンチンを忘れるなよ。
アルゼンチン人生まれの選手だけでプレーしている。



・どうして偉大なチームがここまで凋落して...気にしないでくれ。



・スコットランドが2004年からどれほど強くなったかを考えると、さらに感心させられるね。
2004年に我々はシックスネーションズで16トライを許して、ポイント0だった。(スコットランド人)



・2019年の日本代表が2004年のスコットランドと対戦していたら、どうなっていたか想像してみてくれ。
50-9で日本が勝つだろう。



・日本はラグビーW杯でここ8戦のうち7戦勝利している。
それも頭に入れておいてくれ。



・↑私の記憶が正しければ、ニュージーランド以外のどのチームよりも良い結果だ。



・ラグビー新興国のファンたちよ、周辺を見渡してみて、次の日本になるチームはどこだと思う?
ブラジルは急速に進化しているようだし、ドイツも強くなっている。
でも、どちらのチームも私はあまり見ていない。
新興国がラグビーに熱中する様子を見るのはいつでも嬉しい。



・↑ナミビアかな。
オールブラックス相手に30分は健闘した。
彼らがランキングをあげる様子が見たい。



・↑何故かナミビアは見ていて楽しい。
国全体が面白い。



・私はウルグアイだと思う。
プール最下位から上がってきたという事実だけでは、彼らがどれほど強くなったかを反映しきれていない。

コメント

-

驚くには当たらないね.日本は黒船にびっくらこいてから二年後に自力で蒸気船を作り、それから五十年後には世界最大の艦隊であるロシアのバルチック艦隊を破り、それから35年で世界最大の戦艦や航空艦隊を持っていたんだから.惜しくも石油や鉱物資源がないためにアメリカには敗れたが、日本人の前進する気力はけして負けない.

-

戦国時代になったのか。

-

モンゴルが本気だしてラグビーやり始めたら、強くなりそうな気がする。モンゴル相撲、白鵬、日馬富士、鶴竜などの横綱輩出、そしてモンゴル人って足腰強いからな。

-

>・↑アルゼンチンを忘れるなよ。アルゼンチン人生まれの選手だけでプレーしている。

なんの意味がw

-

外人だらけとかラグビーつまらないとテレビで言っている連中の多くが
中国、韓国の帰化人と言う件www

名無し

>>モンゴルが本気だしてラグビーやり始めたら、強くなりそうな気がする

賛成に一票 本当は人口が多いんだから中国やインドにも人材が居るんだろうけど、発掘されないんだろうな

-

アルゼンチンは強化の余地を十分残してるってことやろ

-

いやいやアルゼンチン代表になっても何もうま味ないぞ
財政悪化で選手の給料払われないのが現実

日本が選手呼べたのはある程度保証があるから

-

ロシア人が本気出したら強い
あと東欧系はバスケが強いけど、190越えのやつらがラグビーやったら強くなる

-

アルゼンチンはトライネイションズに入れてもらえたからね
世界最強の3ヶ国と毎年定期戦があるのは羨ましい

-

「大門ショック」の頃か
不可解な選手選考に戦術、えこひいきと無能が醸し出すアンサンブル…
2003ワールドカップで健闘を讃えられ「BraveBlossoms」という愛称まで付けられた次の一歩目での偉大なるやらかし
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。