超レアな第一次世界大戦時の日本の軍服(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

超レアな第一次世界大戦時の日本の軍服(海外の反応)

sdf.jpg
(スレ主)第一次世界大戦の日本の軍服、世界に10着しか残っていない1つとされている。


海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/2OUbw0Q
関連記事




・ワオ!クール!



・10着の中の1着だった?
めちゃくちゃ興味深い。



・どうしてそんなにレアなのか分かる人いる?
アメリカの軍服はどこにでもあるから、気にする博物館はないと思う。



・↑たぶん彼らは寿命で亡くなって、一緒に埋葬されたんだろ。



・↑日本人は土葬されない。亡骸は火葬する。
だから制服姿で火葬されたのかな?



・日本人は何故か昔の物を取っておかない。
現存する唯一の最初のトヨタ車は、オランダの博物館にある。
ロシアで偶然発見されたものだ。
日本にあるトヨタミュージアムにでさえ、あのモデルはない。



・そんなに珍しいものだったとは。
昔の古い写真を見てみたが、私はこの軍服をパリのフランス軍事博物館で見ている。
つまり10着の中の2着目。



・スレ主、これはどこの博物館だ?



・↑ミズーリ州カンザスシティの国立第一次世界大戦記念博物館。



・↑あ、すごく近くにある博物館だけど、行ったことがない。
来週の予定が決まった。



・↑行くだけの価値はある。素晴らしい博物館だ。



・ローブみたいなものは着ていなかったの?



・↑第一次世界大戦は1900年代初頭だよ。12世紀じゃない。



・↑たしかに馬鹿馬鹿しい質問である一方で、第一次世界大戦は彼らが「ローブ」のような物を着るのをやめてから、50年しか経っていない。



・↑つまり...馬鹿馬鹿しい質問ではないと?



・↑1800年代まで着物を着ていたから、そんなに離れていないね。



・↑ただの皮肉だと思うけど。



・うちの地下室にこの軍服が126着あるけど。

コメント

-

杉元佐一だ。

-

ローブ?憲兵マントのことかな。
婆ちゃんのお父さん(曾じいちゃん)のこの四五式軍衣?姿の写真が残っているけど現物はさすがにないな。

名無し

敗戦の占領下で持って行かれちゃったからね

どん兵衛   

私の記憶が確かなら、日本企業が博物館作って公開することに熱心になるのは1970年代以降、大阪に国立民族学博物館が出来てからのことだ。

同じ時期の本「飛行機と博物館」(ブルーバックス)では佐貫又男氏が怒り狂ってるwww そのころと現在では博物館も美術館も相当マシになった。

当時の博物館といえば「博物館行だ!」と言う言葉があったように、古物の物置程度にしか思われていなかった。

-

ローブは着物のことだろ。
話の流れでわかるじゃん。

-

めっちゃ貴重やんけ…

-

外套でしょ?
デザインは変わってるけど現代でも世界中の軍隊が使っているよ

-

100年前の映像でもみんな着物着てた

名無し

ってかむしろ他の国は残ってんの?
よく捨てなかったな
俺は着なくなったそばから捨てる派だから10着でも多いと思った
学ランとか卒業式の次の週にはもう捨ててたわ

-

どこぞの国の空襲なかったらいっぱい残ってるだろうな

-

>「ローブ」のような物を着るのをやめてから、50年しか経っていない。

「ローブ」のような物を着るのをやめてから、50年しか経っていない連中に
大西洋、地中海、ハドソン湾まで防衛して貰ったんだよな

-

オーダーメイドで作る将校用じゃない支給品だし、これの次の昭五式軍衣と極めて形が似ている(背中の生地の裁断が違う)ので、すぐに更新されず消耗するまで使い続けられ、殆どが廃棄されて残ってないんだろ

-

まぁ現物は残ってないけど、詳細な資料は型紙から残ってるからな。
中田商店のHP行って見ればいい。
明治時代までのレプリカ品が売ってるから。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。