前日本代表HCジョーンズ氏が語る最高のサムライ(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

前日本代表HCジョーンズ氏が語る最高のサムライ(海外の反応)

aeretsggsttrg.jpg
前略 試合を前にしてジョーンズHCは、イングランドの選手を侍になぞらえていたが、試合後再びそれについて口にし、「きょうは、やるかやられるかの試合だった。最高のサムライというのは、常に計画を持っていながらも変化に対応できて、冷静な頭を持ちながらも攻撃性に満ちている。きょうのわれわれはそういう状態だったと思う」とコメントした。 「より良くなっていけるのかというのが挑戦だ。なぜなら、いつだって間近にはより良いサムライがいるのだから」(AFP)
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/31vPpk9,http://bit.ly/2Bt6ssG
関連記事



・これは素晴らしい喜劇。



・彼はサムライがオールブラックスであることを知っている。



・↑というよりはニンジャだろ。



・サムライだったら彼の首をはねている。
オールブラックスよ、頼むから手伝ってくれ。



・彼は一流の男だ。



・ホストの日本に対して少し失礼だろ。
ラグビーチームを偉大なサムライたちに例えるなんて!(ウェールズ人)



・↑君の文化の盗用問題への取り組み方を見ていると、君はワラビーズ(オーストラリア代表)でプレーした方がいいと思う。



・↑彼は日本人のハーフ。



・↑煽情的なウェールズ人だな。
イングランドをこき下ろす理由を探すのをやめたら?



・試合のことは全く批判しない。イングランドは良いプレーをした。
私が気に入らないのは、ジョーンズ(ところでウェールズの名前だよw)が単なるラグビーチームを日本文化の象徴的なものに例えたところだ。(ウェールズ人)



・↑ただ似たようなことを話題に出しただけでしょ。
彼の母親は日本人だよ。



・↑母親が日本人だと失礼にならない!



・どうしてこれが失礼なんだ?冷静になれよ。



・次の試合が彼にとって今大会最後の試合になる。



・オールブラックスが待ち受けているぞ!グッドラック!



・来週末、達人のサムライたちがやってくる。
dgss.jpg



・↑イングランドにお仕置きしてやってくれ。

コメント

-

何に対して文句を言ってるのかよくわからない

-

こんなんで失礼とか言ってたら何にも言えなくなるよな〜
ポリコレが一般の文化にまで侵食してきてる
マジで頭のおかしい人たちの押し付けをそろそろ追い払わざるを得ない段階にきてる

-

別にいいよ。んなことで怒らん。

-

エディはサムライって”佐村河内の胃”の略で『事がバレたときにストレスで穴があき、ついでにツンボだった耳にも穴があく現象』のことだって知らないんだろうな

-

ほとんどの日本人は、サムライに例えてくれたことを誇らしく感じると思うよ。
「文化の盗用」はもう忘れていいよ、誰も得しない。

  

この監督は嫌いじゃないけど、このコメントはなにいってるかわかんない
最高のサムライというのは~
ごめん、おそらく日本人のほとんどは「そんな定義あったんか??」
だと思う
たぶん、サムライって言いたかったんだと思う
そこはイングランドらしく、
最高の紳士は~とか
最高の騎士は~でよかった気もするけど
イギリス人て紳士って言葉に弱かったり、騎士道とかあんだろ?

-

共感できる良い例えだ。

-

映画だったら、日本と決勝を戦うのは前監督のエディーのイングランドかオールブラックスどっちがいいんだろ

-

上手いこというもんだな。
結婚式のスピーチとかすごそう。

-

日本の侍が例えに使われることに、なんとなく嬉しさを感じることはあっても失礼だとかまったく思わないんだが・・・

-

ウェールズ人にはガッカリ

-

サムライ云々は別にどうでもええよ
それよりイングランド…あれじゃオールブラックスに手も足も出んぞ
昨日の内容じゃ日本にも負けそうなくらい

名無しよん

「サムライ」ってコトバは、日本人にとってもある種の抽象概念みたいなもんだしなあ。

「侍のような男が欲しい」と言った川上のところに、「後輩にいます」と八幡が連れてきた奴なんて、計画とか冷静さとはほぼ無縁なやつだったしなあ。

-

・次の試合が彼にとって今大会最後の試合になる。

いや、負けても3位決定戦があるから最後にはならんぞ。

-

本来奔放なイングランドがエディの元で厳しい規律でプレー。
ターミネーターようなまるでマシーン。NZは事実上の決勝戦

-

侍ジャイアンツね。管理された武士じゃなく荒々しい野武士、ってイメージのサムライだよね。

-

日本人には失礼じゃないけど、むしろ、イングランド人に失礼というか、適切じゃないんじゃね?
イングランド人例えるなら、侍よりナイトやろ

-

文化的盗用を批判する人は、
「劣った文明のマネを白人様がするのは相手を馬鹿にしているからダメ」
という主張なので、そいつらの無意識の差別が表れているに過ぎない。

-

最近よく言う「文化の盗用」って何なの?
別に今回みたいな使われ方とかアリアナの件とか日本人は全く気にならないんだが
某国みたいに日本の技術や文化を盗んでおいて自分たちが作ったとか起源だとか主張するのが本当の「文化の盗用」ってやつだろ
あれには腹たつわ

-

この人は日本の名声を自然に高めようとしてくれてるんだと思う
そうじゃないなら良い意味のことを表現する時に日本のサムライに例えないと思うよ
自分の中にある日本人のルーツを今でも大事にしてくれてるということだろう

-

>イングランド人例えるなら、侍よりナイトやろ

でもナイトってのは今もイギリスの具体的な特定の人物が持つ階級であり称号でもあるから、例えに向いてないと思う

サムライはもう武士階級そのものは残ってないから完全に概念だけだけど、もし今もそういう身分の人たちが大勢残っていたらサムライも言いにくいと思うわ

-

サムライってもはやパラディンとかナイトみたいなジョブかクラスかみたいな認識だわ
白人だろうが黒人だろうが(エルフだろうがドワーフだろうがw)別にええやんっていう

これが時代劇で武士って言われると違和感あるけど
例えに使うならなんとも思わんわ
リアリテイラインの問題かな

名無しよん

ま、実際の(?)サムライというものを考えてみれば、どんくさくて冷静さに欠ける浅野内匠頭、上品ぶってて陰険な吉良上野介、目的の隠蔽にたけた大石内蔵助、喧嘩っぱやくて義理人情に厚い堀部安兵衛、慎重派で結局逐電した大野九郎兵衛、みんながみんな「サムライ」なわけで、そこで「サムライとはこういうものだ」とか言われても少し困るw

-

外人にはサムライを理解できんよ。仏教由来の徹底的な自我否定が思想の核だけど外人にはそれがない。単なる勇敢な戦士としか理解できないから。三島由紀夫が「英米には偽善の伝統がある(日本にはそれがない)」と言っている意味はそれに関係している。「勝ち」が至上価値か、「至誠」が至上価値かの明確な違いがある。欧米では負け戦のリーダーは英雄たりえない。それに対して日本の英雄は至誠に殉じて散った人たち。

-

>彼は日本人のハーフ
正確にはクォーターらしい、だから彼の子供はファイブエイス
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。