試合後にお互いを称え合う日本の選手たちに世界が涙(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

試合後にお互いを称え合う日本の選手たちに世界が涙(海外の反応)

sfsgs_20191021000750185.jpg海外の反応をまとめました。


動画
関連記事




・おめでとう、南アフリカ。
日本を尊敬する。
我々アジア人は君たちを誇りに思うよ。(フィリピンより)



・いいえ!泣いているのはあなた!



・試合に勝ったのは南アフリカだけど、あなたたちは私たちの心を掴んだ。



・ブレイブブロッサムズには脱帽するよ。
凄い大会だった。凄いチームだよ。



・頭の位置を高く保って!
このチームは凄いチームになる。



・良くやった、日本。
君たいと君たちのエキサイティングなラグビーが恋しくなるね。



・君たちのスピードは凄かった。
このチームのことが本当に好き。
スプリングボクスは答えを持っていたけどね。
これから日本のことをもっと見たいね。



・あなたたちは爽快なラグビーとスポーツマンシップを見せてくれた。



・日本よ、自分たちを誇りに思ってくれ。
君たちはリスペクトと親切を世界に示した。
世界が忘れてしまった二つの言葉だ。



・素晴らしい大会を開催してくれてありがとう、日本。



・国が君たちを誇りに感じた。毅然とした態度でいて!
日本で過ごした時間は素晴らしかった。
君たちのプレーをまた見るのを楽しみにしている。



・すまないな、日本。
私たちの心の中に君たちは入ってきた。
自分たちの偉業を誇りに思うべきだよ。南アフリカのファンより!



・素晴らしい旅だったね。
おめでとう。



・日本は凄いワールドカップを過ごしたね。
彼らのハンドリングは絶妙だし、彼らのラグビーはエキサイティング!
でも、ボクスが今日見せたディフェンスが良かった。



・日本の選手たちとコーチ陣に世界にラグビーの仕方を見せてくれたことを感謝したい。

コメント

-

気持ちが柔らかくなるな。

-

決勝ラウンドにいけたことでそれ以降の課題が見えてきた。
これは実に大きい。この経験をもとに4年後に対する対策を
練ることができる。4年前にベスト8に行けなかった課題を
見事に克服した日本代表なので、また克服してくれると信じる。

-

日本チームありがとう!お疲れ様。決勝トーナメントにまで行けた事が嬉しかった。

南アフリカもありがとう!とても強くてかっこよかった!おめでとう!優勝目指して頑張って!

-

見てる方もよく頑張った!って思う人と同じくらい悔しいって思う人がいるのは、このチームが勝ち進んでくれるって信じてたからだよね
ベスト8って本当にすごい!!

-

猿の国にチンパンジー傭兵が来てまずまず戦えるようになったけど
勝ち進むとゴリラ国と当たるから結局無理

-

6大学野球でいう東大的な存在なのだろう。所詮

-

次の大会が楽しみだし課題も見えた
一歩ずつだ

-

今回の試合はまるで南アが日本の弱点を指摘するような試合だった
ありがたいね

-

オフサイドじゃん。ほとんど。今日の記事にもなってたが、試合中ずっと不満だったね。
ホルホルする前にやることあんだろ。
にわか諸君

-

>頭の位置を高く保って!

なんだこの翻訳w

-

日本の強さが本物だと示した&世界トップとはまだ差があったってことを知ることができた素晴らしい大会だった(まだ続いてるけど)
ティア1は「普段通りに戦えば予選を突破し、トーナメントではギアを一つあげる」
対して日本は「予選プールからトップギアのレッドゾーン。あげるギアが無い」
と感じた。今からの4年でどれだけ埋めてくれるのか楽しみ

-

完敗でした!残念!
決勝トーナメントはまた違う領域だったね、南アは強かった
ラグビーが本当に面白くて熱いスポーツだということを教えてもらって感謝
次のフランス大会、次は目指せベスト4!
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。