英BBCが指摘する日本のラグビーに必要なこと(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

英BBCが指摘する日本のラグビーに必要なこと(海外の反応)

je.jpg
ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本は南アフリカに敗れ、8強敗退。歴史的快進撃は止まったが、次回のフランス大会へ向け、どう強化していくのか。英公共放送「BBC」は日本の課題を挙げ、サンウルブズを含めた国内の強化策について「解決すべきことがある」と課題を指摘している。以下略(The Answer)
海外の反応をまとめました。

関連記事




・まぐれで勝っただけでしょ。



・↑スコットランドとアイルランドの両チームを負かしたぞ。



・↑7ポイント差の勝利を「負かした」とは言わない。



・147-17で負けた時代もあったんだ。
彼らはこの20年で進歩したよ。
中の上のラグビー国として確立されている。



・↑当時のチームは、高給の外国の傭兵が半分を占めていなかった。



・彼らはティア1の国ともっと頻繁に対戦するべきだと思うね。



・↑シックスネーションズに参加するには遠すぎるけど、イタリアよりは良い仕事をしそう。



・↑北半球のチームと秋に試合を組むべきだと思うね。



・チャンピオンシップでオーストラリアと、ニュージーランド、南アフリカ、アルゼンチンと毎年と戦ってくれたら素晴らしい。



・日本がボクスに勝てるはずはなかった。
今は2015年ではなく2019年だ。



・日本は南アフリカ相手に良くやったと思うよ。
南アフリカは一人減らなくてラッキーだったよ。
もしかしたら、違う結果になっていたかもしれない。
経験が勝敗をもたらしたと思う。



・↑南アフリカびいきのレフェリングのおかげで勝ったんだよ。
南アフリカの選手たちは少なくとも2人が退場になるべきだった。



・日本にとっては良い大会だった
今の南アフリカ相手に生き残れるチームはあまりない。



・スポーツに関して日本の素晴らしいところは、プライドと情熱を持って戦うこと。
自国の為に戦うことにかなりの誇りを感じる。



・悲しいことに彼らや他のチームが強くなるのは、もっと金をかけるしかない。
そしてシックスネーションズやチャンピオンシップのチームともっと試合をすることだ。



・シックスネーションズかチャンピオンシップに加えよう。
彼らの強化につながるよ。
確かにシックスネーションズに関しては距離が問題だけど、NFLのチームだってロンドンに試合をしにきた。



・イタリアがファイブネーションに加わって、シックスネーションズになった時のことを思いだして。
いまだに彼らは結果を残すことに苦戦しているけど、1999年にオールブラックス相手に103-3で負けた時ほどは酷くない。
おそらく日本は当時のイタリアほどは酷くない。
強くなり続けるには、ティア1の国と対戦するしかないよ。

コメント

-

韓国人だけでなくイギリス人も外人をカネで買ったたと思ってるのか…
彼らの日給が幾らなのか知ったら卒倒するだろうな

-

自国開催して唯一予選プールで敗退した国が何言ってんだおおお?

  

>>> 当時のチームは、高給の外国の傭兵が半分を占めていなかった。

日本代表の日給1万円って海外だと高給なのか?

-

サッカーでもリネカー氏が「日本が
世界で勝つためには帰化させた
ブラジル人を全てメンバーに
するしかない」と言ってるからなあ。
グローバルな現代に純血主義は流行らない。

-

題名は「BBCが指摘する~」になってるけどリンクだけで、内容は2chみたいなやつらのテキトーな意見だな

-

4つのうち2つもボコられたくせに
偉そうに上から目線でアドバイスかよ

-

フィジカル強化あってのテクニックや戦術って国内のスポーツ関係者に認知させたのは大きな功績だと思う

-

>>4
頭悪そう・・・

ご愁傷様です(-。-)y-゜゜゜

-

>4つのうち2つもボコられたくせに
偉そうに上から目線でアドバイスかよ

いや、たまたま格上を続けた倒して位で頭に乗る方がおかしいわ

-

黒人だらけのイギリスに言われる筋合いはないなぁ

-

もうグラスハートはコメするなよ。
というか見るな。それがそんなお前の為だ。

-

日本ではでかくなりそうな子供は相撲に行っちゃう、でも親がラグビーもいいなとなれば
総数が大きくなる、すると7人くらいはでかい人を集められると思うよ

-

たまたまでも良いから格上を連続で倒して世界の上位に立ってくれたらお前の親御さんも喜ぶだろうに

-

体格のよい選手の増加は日本の場合すべてのスポーツで奪い合いなのであまり期待はできないと思う。

特に日本の場合、野球やバレーに長身選手が、柔道、相撲などの格闘技に重量級の選手が集まってしまうので後発のサッカーやバスケットも苦労している。サッカーやラグビーに国中の体力自慢が集中するような選択肢が少ない国ではないからね。実際どのスポーツもそれなりの成果は上げているのでラグビーが強豪とそれなりの戦いをしても特別扱いにはならない。
世界一になったサッカーなでしこでも背の高い人材はバレーに行ってしまうし、柔道、水泳、スケートと他にも世界で戦えるスポーツと人材を分け合わなければならない。


-

アイルランドとスコットランドを破ったんだ、図に乗るのは極めて自然な反応。
嫉妬で腹が痛いのかなw
チョット、アタマオカシイ、、、、
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。