日本の公衆電話からメールを送れることを知らなかった(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日本の公衆電話からメールを送れることを知らなかった(海外の反応)

lull.jpg

海外の反応をまとめました。

http://bit.ly/2NuVubJ http://bit.ly/2PDHAqq http://bit.ly/2PyorWO
関連記事



・素晴らしい。



・信じることが出来ない。



・これは知らなかった!



・日本を愛さずにいられない。



・これは本当に役に立つ...時が思い浮かばない。



・これは知らなかったね。
災害の時にスマホが仕えなくなった時に家族や友人に自分の無事を知らせるのに役立ちそう。



・驚いたよ。



・これは素晴らしい。
でもファックスは遅れるの?



・ファックスではないことに驚いた。



・それはeメールではなくSMSだ。



・でも国際電話をかけることが出来ない。
一体何故なの?



・こういう公衆電話は硬貨をかなりたくさん使うことになる。



・メッセージ一つに100円?
10円使って6秒で会話しろ。



whassupやメッセンジャーやdropboxがあるのに、メールなんて今どき誰が使うの?



・↑今でもメールは重要だし、たくさんの人たちが使っている。



・↑ビジネスでのやり取りでは今でも90%がメールだよ。



・なんて便利なのだろうか。
無料のwifiスポットを見つけるよりも簡単。
それに90年代の思い出が蘇ってくるね。



・ポケベルにメッセージを送った思い出が蘇ってくる。



・でも自分のスマホからメールを送れることをみんな知ってた?



・ケータイに電話して留守電を残せばいいのに。



・これは試してみないとね。



・実際にこんなことをする人はいるの?

コメント

 

一般電話からドコモのスマホにSMS(ショートメッセージサービス)送信する方法

SMSの送信方法はまず、一般電話や公衆電話から「090-310-1655」に電話をし、相手先の電話番号を入力する。
続いて「*2*2」と打ち込み、メッセージを入力するわけだが、当然のことながら一般電話にはキーボードや液晶パネルはない。
そこで2桁の数字を打ち込み、かな文字1つに変換するという方法を取る。
いわゆる「ポケベル打ち」。
例えば「ア」なら「11」、「ス」なら「33」、「ロ」なら、「95」といった具合。
最後に「##」と入力して送信完了。

-

ショートメールSMSサービスまだ生きてたのか。

-

プッシュトーンだから、予め録音したものでも送れるし、メッセージからプッシュトーンを生成する変換ソフトがあった記憶。
変換ソフト使うと短時間で送れるよ。

-

というか公衆電話って電話にこだわる理由がもうほとんど無いだろ
スマホ落としたとか無くしたから使うってなっても連絡先の番号わからなかったら無意味だしいっそ大きいスマホみたいなディスプレイ付けて色々検索出来るようにすればいいんだよ

-

携帯電話の普及とともに姿を消しつつある公衆電話だけど
災害時に携帯が使えない事多いから災害時に有用な結果だったってのは皮肉だよな

-

>・whassupやメッセンジャーやdropboxがあるのに、メールなんて今どき誰が使うの?
海外では家族全員がそんなサービスをつかってるのか。

  

ボ・ス・ケ・テ

-

確かにEメールではないな
こういう間違いは広めないで欲しい

名無し

グレー色のデジタル対応公衆電話なら外部端末接続口にパソコン、ファクシミリ、
ポータブル・ターミナル等を接続してデータ通信を行うことができるぞ

-

sms?って2段階認証で使うよね?

-

まったく知らなかった(*´ー`*)

-

音響カプラを使う話じゃないのか
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。