井上尚弥が快挙!ドネアを倒してWBSSバンダム級で優勝!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

井上尚弥が快挙!ドネアを倒してWBSSバンダム級で優勝!(海外の反応)

gfsr.jpg海外の反応をまとめました。

http://bit.ly/2JYYTP7
関連記事



・鳥肌が立ってきたぜ!



・カットした!彼はマシーンではない!



・モンスターが血を流している!



・彼はマシーンではなかった!



・今のところ、素晴らしいファイト。



・はじめの一歩の雰囲気。



・試合前はみんながドネアをこき下ろしていたのに。プフフ。



・ドネアは滅茶苦茶タフ。



・接戦だけど井上が3-1で取っていてもおかしくない。



・ドネアはパンチを食らいまくっている。



・井上の反射は人間とも思えない。
だが、ディフェンスをもっと注意しないと。



・ドネアはカウンターに切り替えてきたね。



・井上のファイトを見るのはこれが初めてだけど、すごく楽しんでいる。



・全盛期のドネアなら井上を倒していると思う。



・このファイトのレベルは本当に高い。



・ようやく井上が試練を迎えている。



・ドネアはカウンターの左ボディをもっと使え。



・年寄りの力は笑いものに出来ない。



・これはまるで冷戦のプロパガンダがないロッキー4だ。



・井上がダウンしそうになった!



・ドネアはどうしてまだ立っていられるの?不死身なの?



・この2人は本物の戦士。



・井上のボディは世界一だった。



・ドネアがいまだに立っていることが信じられない。



・本当に凄い戦いだった。



・今年最高のファイト。



・二人とも凄いハートを持っている。

コメント

-

凄い試合だった ホント紙一重の勝利だったね

-

11ラウンドのダウンがなければ負けててもおかしくない試合だったな。

-

いやぁーー凄かった!
井上尚弥おめでとう!

-

序盤は警戒して動きが硬かったな

-

すごい戦いだった
それにしてもリバーブローがえぐい

-

いい試合だった!世代交代を見てるみたいでドネアの意地にも感動したよ。
これで井上はまた強くなる。勝った試合で敗戦で学ぶことを経験させてくれたドネアにも感謝だわ。

-

終了後の両者の抱擁がすべてやね

-

打った方もすごいし、立った方もすごかった。

-

井上の左フックが山ほど入ってたと思うのだが
ドネアほんとタフだわ

-

ヒカキンとアキ男がいたな。

-

むちゃくちゃ感動したよ
ドネアにも

-

モトカレマニアすぐ放送とかフジテレビ阿呆すぎる

-

117-109つけたジャッジおかしいだろ
俺の採点では9Rまではイーブンだったわ
何にしろ面白い試合だった

-

2R2分10秒くらいにドネアの左フックパッカーンされてたけど、あれでずっと動き悪かったのかな?というかあれで効いちゃってそのまま畳み込まれるなんてことは、普通の選手だったらあるだろうから、そうならないってことは井上選手はやはり打たれ強い。ただドネアは水抜きして、戻したからか1階級は上の選手って位デカく感じたから、そこは井上は勉強するべきだろう。

-

井上ってやばいかなって思っても全く目が死なないのな

-

井上ドネア様を病院送りだとよ、まじ感動、今まで生きてきた中で一番感動したは。弟者が負けなかったらもっとうまくできたのかな?そんなの言い訳か(´;ω;`)

-

病院送りじゃなくて、ダメージを考慮して自主的に病院に向かったらしい、謹んで訂正をさせていただきますm(__)m

-

まちがえた
10Rまでイーブン
残り2Rで3ポイント差つけたと見たけど、ダウンなかったら本当わからなかったな

-

井上はジャブを無茶苦茶当ててたから判定は有利だったんじゃないだろうか聖地べガスとかそれが顕著らしいし

-

マジでいい試合だったなぁ

-

素晴らしい試合だったし、
終わったホントに瞬間のハグに互いのリスペクトが感じられて、一層良いもの見せてもらった気分にさせられた

-

118-116
ぐらいの試合だったな
11R ダウンとってなかったら分からんかった

-

年を考えたら井上のボロ負け

-

めちゃくちゃ強かったなぁドネア
ここに来て全盛期の力を取り戻したんじゃないか?
年取ってパンチは多少落ちたが、上の階級で殴り合って打たれ強さが半端じゃなかったのと、テクニックが抜群に上がってる
負けたら引退を考えるような年ということも相まって後のないがむしゃらさと根性もあった
個人的には全盛期よりも恐ろしいボクサーだったと思う

-

負けるかと思った
ピンチからダウン奪える底力は凄かった
ドネアも本当に素晴らしかった
尊敬します

-

勝てたのは良かったが、同時に底が見えてしまったな。
もう1ランクはいけそうだが、フェザーは無理そう。

-

最高の試合だったわ
いつもどおり井上は強いパンチ打ってるのに、全然怯まずやべーカウンター返してくるドネアの覚悟がひしひし伝わってきた
カットで防御の比重が上がったのと、ドネアが多少の被弾恐れずに力のあるカウンター返してくることで、序盤にボディ打ててなかったのが最後まで響いたね
この階級で井上相手に下がらず逆にプレッシャーかけてボディも効かせたドネアがやばすぎた

-

ドネアが優勢な場面も多かったし、1点差の判定も理解できる。
ダウン奪えたのは本当に大きかったな。
広告モデルの地上波放送だとラウンドごとにCMが入るのは仕方ないこととはいえ、ラウンド間にちゃんと技術的な解説入れてほしいんだよなぁ。
BS8Kではどうだったんだろうか。

名無し

ダウンの時、審判が体当たりのように井上を止めてから何秒経ってたんだよ。こんなギリギリの良試合の時にあれはモヤついたわ。

-

>・カットした!彼はマシーンではない!
>・モンスターが血を流している!
>・彼はマシーンではなかった!

おもしろいw
人間としての弱さも垣間見えつつ、それでも耐えて勝ったのは素晴らしいよ。
ほんとうに素晴らしい試合だった。名勝負。

-

ダウンは10カウントいってたな。
ドネアがスクっと立ち上がったからレフェリーも思わず再開させたんだろなw

-

レフェリーの手の動きを何度も見返したけど、カウント9で立ってると思うよ

-

最終Rあたりから脳内で炎のランナーのテーマ曲が流れてた
疑念にまみれ殺伐とするボクシングが初めて美しく感じた試合

-

井上のフルR初めて観た。
ボディでダウン奪ったら、その後ボディ狙いは定石じゃ無いの?

-

フェザーいけるやろ
といっても一流止まりだな、超一流はSバンタムまで
フェザーだとKOの割合を減るがポイント取るだけなら全然イケる
リゴンドーみたいなタイプになってしまうが・・・

-

体力のピークの80%を維持できたらボクサーの全盛期は40歳くらいになるだろうな。

-

まぁラスベガス進出が決まってるので、判定になった時点で彼らがどちらを勝たせたいのかは一目瞭然ですよ
おめでとう井上

-

ボディでダウン取った時、あばら逝ったかと思た。

-

詳しい人に聞きたい。
井上がボディを打たなかったのには理由があるんですか?
ドネアに警戒されて打たせなかったんですかね?

-

優勝おめでとう

弟の試合が無駄に長引いたせいで井上尚弥のインタビュー見られなかったのが残念だった
弟のは録画で良かったのに

-

11RはKOじゃないのか?疑問におもてる外人も少なくない
カウント開始するの遅いわ

-

はじめの一歩だとしたらドネアのタフさがめっちゃ一歩だった。

-


>井上がボディを打たなかったのには理由があるんですか?
ボディー打つために接近した時、ドネアが相打ちお構いなしで左フック狙ってくるから
だから間合いの遠いストレートボディーばかりだったと思う
この階級でドネアの耐久力と攻撃力は抜けてるから50貰って30返すやり方でも
並の選手(世界ランカー上位)なら相手のが先に根負けするって試合ができてしまう

-

KOだったね、レフリー止めてから18秒、どんな判定だよ
KOつかないの残念だわ、あそこでKOでもドネアが凄く強くリスペクトする選手だと試合見た人なら誰もが讃える内容だっただけにね。
ひたすら上手い選手同士が闘い、カットされるつつも後半ダウン奪える、しかも徹底したカウンターとガードでボディ狙わせなかった相手からボディでダウン奪う井上に震えたわ
今までのボクシング史上でも屈指の試合だった

-

ドネアでかくね?階級が違って見えた
ドネア往年のチャベスみたいだった
危なかったけどよく耐えた

-

すごい試合だったな
これがバンタムか?ってぐらいの迫力

hは

ドネアのレジェンドでベテランの巧さが際立って素人にも上手いってわかるよね。
ピークを越えた選挙とピークに達していない選挙の対決は若さと後半温存した井上のチームの勝利だったような。

ドネアがボディーブロー食らって悶絶ピョンピョンしたとき鳥肌たった。アレ死ぬほどいて〜んだと。

-

いつものリバーブロー打てなかったのは
目を切ったせいでガード下げられくなったからではないかと

-

>ドネアでかくね?階級が違って見えた

 だってフェザー級でやってたもんよ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。