海外のボクシングファン「井上のKOがレフェリーによって奪われた」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

海外のボクシングファン「井上のKOがレフェリーによって奪われた」(海外の反応)

sgsgsss.jpg
 井上尚弥が、バンダム級の“世界最強“となった一戦の反響は、いまだとどまる気配がない。11月7日に行なわれたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝に臨んだWBA・IBF王者の井上は、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)との最終12ラウンドにまで及んだ大熱戦を判定の末に制し、見事に同階級の王座についた。  両雄が鋭いパンチの応酬を見せ、海外メディアでは「2019年で最高の一戦だった」と呼ぶ声もあった激闘で物議を醸しているのが、井上がドネアからダウンを取った11ラウンドのシーンだ。以下略(THE DIGEST)
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/2qJmbS6,http://bit.ly/2p8NBjR
関連記事




・素晴らしい一撃だったが、愚かな審判には割って入て、追いかける井上を止める権利はなかった。
ドネアはダウンしてなかったし、ボディでスタンディングエイトを取る審判なんているか?
レフェリーは少し経験不足のように思えた。
※スタンディングエイトカウント=レフェリーが試合を止めて8カウントとる間に試合続行か判断すること



・↑同意だ。
ドネアを追う井上を止めたのは奇妙な判断だった。
簡単にKO出来たはず。



・↑もしかしたら、ドネアが倒れると思ったのでは?



・どうしてレフェリーは井上を止めて、10カウント以上取ったの?



・井上が追いかけるのを制止するなら、審判は試合を止めるかカウントを取り始めるべきだったよ。
ちょっと不公平だったと思う。(笑)



・↑レフェリーはスタンディングエイトを取るのかと思った。
でもドネアは膝をついてしまった。
それでもレフェリーは割って入った瞬間からカウントを取り始めるべきだったよ。
大した違いはなかったと思うけどね。
いずれにせよ、ドネアは9カウント目で何が何でも立ち上がったはず。



・↑でも、ドネアは9カウントで立ってないぞ。
10カウントで立ち上がった。(笑)
ドネアが膝をついているのに、レフェリーは指を10本立てたまま、ドネアを顔を見ていた。ハハ。



・↑10カウントですらない。
13カウント以上取っていた。



・>>ドネアが膝をついているのに、レフェリーは指を10本立てたまま、ドネアを顔を見ていた。ハハ。
↑そこにイライラする。
10カウント取った。あの時点で試合が終わるべき。



・井上を遮り、10カウント取るまでにドネアを立たせ、井上をコーナーに向かわせなかった。



・あれは15カウントくらいじゃなかったか?



・↑17カウントだろ。



・↑うん、17だね。あれは馬鹿げている。
井上にKOするチャンスを与えるか、あそこで試合を止めろよ。
レフェリーは文字通り井上の邪魔をした。



・審判が本当に残念。
ドネアは回復するのに全部で16~17秒使った。
井上が勝ったからレフェリーは責任を取らずに済んだけど、もしも井上が負けていたら...。



・あんなリバーショットを食らったあとに試合を続けられる奴はそんなにいない。



・モンスターが気の毒。
ドネアをKO出来たのに。
TKOを取るべきだった。
楽しいファイトだったけどね。



・↑井上は勝利を祝い始めそうだったしね。



・レフェリーはまるでKOかのように割って入った。

コメント

-

動画見ると17カウントであったのは事実
普通なら割って入った時点でTKO成立だと思うが

-

井上のほうが強いのは明確だったな
トップランクと契約したし今後どういう試合組むか楽しみ

-

スポーツ、特に格闘技は海外では9066ギャンブルが盛んで世界中で巨額の大金が動く
もしドネアに勝たせろと審判の目の前で大金が積まれたら20カウントだってとってまうかもしれんw


-

井上のリバーが凄すぎて審判がローブローをしたと勘違いして止めたとかも言われてたな

-

やっぱ立ち上がる前に指10本立ってたよねww

-

あれはドネアがローブローの演技をしてレフリーを勘違いさせた

-

正直言ってあの試合はあれで良かった気もする

-

9カウントが正解

両手を使う6カウントから数えれば9カウントだとわかる

実況がダウン宣告の人差し指からカウントしたため10カウントに見える

ドネアはベテランらしい試合巧者ぶりだった ローブローのフリをして追撃をかわし

すぐに倒れないで回復の時間を作った

これを汚いと思うかウマいと思うかは個人の見解

レフリーはローブローだと思って制止したからレフリーを責められんよ

パキーロ

まあドネアは明らかにカウントを見ながらギリギリまで休んでたし
どんな数え方であっても9カウント目で立ち上がったとは思うけどな

とりあえず程度のよくないレフェリングではあった

-

最初からレフェリーのカウントと、レフェリーに教えるカウントコールが違っていたよなw

-

確かに違和感はあったな。
レフェリーが止めてなければ回復する前に終わらせてただろう。

-

まぁ俺の中ではあの試合は実質KO勝利だと思ってるから別にいいけどな

-

まぁ、ボクシングはなぁ……
ミドル級の村田諒太とエンダム(フランス)の時とか酷かったからね
あの件はWBAの会長が正義を保ってくれたから良いけど
不正がまかり通る可能性が大いにあると痛感したもの

-

この試合の感動話満載の中、なぜ誰もこのシーンに文句言わないのか不思議だった。
レフリーが井上にぶつかってった時、頭にきた人多いはず。

-

審判のライセンス停止でいいんじゃないか

-

こういう時こそAI様が審判をやるべきなのでは?

-

おかげでもう一ラウンド見られたんだからいいじゃないか
12Rのゴングが鳴った後の熱い抱擁シーンもKOじゃ見られなかっただろうし

-

レフリーの指は9.でもリングサイドのコミッショナーの指が3のタイミングでレフリーはカウントを開始、その後も異常に遅いカウント。
しかし井上陣営からは抗議も無かったので、どうでも良いことなんだよ

-

レフェリーはローブローだと思って割って入ったらドネア側からそのアピールは無く走って逃げてダウン。
レフェリーは指でダウンを宣告して井上をニュートラルコーナーへ送りカウント開始。
この最初の指でのダウン宣告をカウント1だと誤解してる人が多いからおかしな話になる。
カウントはその宣告の後からだ。
だからあのレフェリーは別に悪くない。
もし彼に落ち度があったとすれば最初のボディがしっかり見えてなくて、ドネアの反応を見ないとボディなのかローブローなのかを判断出来なかった事だけ。

-

井上が勝ったから許されているけど、あれは完全な不当な行為だった。
井上を止めた時点でカウントをしなければいけないし、カウントもごまかしていた。
レフリーのカウントでさえ10だったのに平然と試合を続行させたのは何か裏があるのかと思わせる行為だよ。

-

ファイティングポーズ取ってなかった事について説明つく?
審判がどうあってもTKO取らないと事前に知っていたでもなければあんな態度は取れないのではと思うが
井上が勝ったから良かったものの負けてたら大炎上だわ

 

なんで勝手に、レフェリーがローブローと勘違いしたってデマが一人歩きしてんだよw
例え事実だとしてめ、レフェリーのミスでKOの機会を妨げられたのは事実だろ。
更に言うなら、ルールでレフェリーはタイムキーパーのダウンカウントを引き継がなければいけない。なのに引き継がず、勝手に1からカウント始めて、ドネアに回復の時間を与えてる。
これ、かなり問題でレフェリーの処分が無いのはおかしい。

阿部四郎を思い出した。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。