「日本には合わない!」世界最速の男が日本市場参入をPRしたこと(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

「日本には合わない!」世界最速の男が日本市場参入をPRしたこと(海外の反応)

hdsg.jpg
次世代型の移動サービスが日本市場に参入。 PRにやってきたのは、あの世界最速のスター。 足で地面を蹴り、アクセルを回すとスイスイ進む「電動キックボード」。 15日、アメリカのベンチャー企業「ボルト・モビリティ」は、電動キックボードの日本市場に参入することを発表した。 そこに登壇したのが、世界最速の男、ウサイン・ボルト氏。 ボルト・モビリティの共同創設者として自ら電動キックボードに試乗して、その機能性をアピールした。以下略(FNN PRIME)
海外の反応をまとめました。

動画
http://bit.ly/37ch65F,http://bit.ly/32NA7YI,http://bit.ly/2NXPdqt,http://bit.ly/32ZmCFz
関連記事




・国が間違っている。
台風の際に避難所にホームレスが立ち入るのを拒否するんだから、彼らはルールブック通りに厳しく行うことを予想しないと。



・その国の文化と法律を尊重することが最も重要。



・シンガポールには持ち込まないように彼に忠告してやってくれ。
捕まっても、たぶん速く走って逃げられるだろうけど。ハハハ。



・そんな物に乗っていたら、頭蓋骨が割れるぞ。



・↑ヘルメットをかぶれよ。



・彼は事故の責任を取れるの?
日本には高齢者が多い。
キックボードは家にしまっておけ。



・彼は電動キックボードよりも速く走れるだろ...。



・↑本当に?彼は時速140㎞以上の速度で走れるの?



・彼はあんな物に乗らずに走るべき。(笑)



・ただの金儲けだろ。
ただの宣伝。



・自転車やパーソナルモビリティは別に悪くない。
安全に乗ればいい。
さもないと自動車と同じ法律に直面することになる。



・電動キックボードの企業は、彼に大金を払ったに違いない。



・史上最高の男に電動キックボードが必要なの?



・有名人だと法律を破れるの?



・有名人は法を越えた存在ではない。
他国にいる時は尊重してくれ。



・日本の当局が、彼の電動キックボードを没収することを祈る。



・東京や埼玉では電動自転車に関する法律はどうなっているの?
フル電動の自転車を購入したり、使用することは出来るの?



・電動キックボードは素晴らしい。
便利だし、高価でもない。
問題なのは使用する人に頼らないといけないこと。
無責任な奴らがいると、周りが迷惑する。



・日本では交通事故でどれだけの人たちが毎日亡くなっているの?
電動キックボードはどれだけの影響を与える?

コメント

-

原付だから免許がいるよ

-

こんなんいらん迷惑

-

自転車のように歩道を走っても大目に見てもらえるわけではなく
原付だから車道を走るしかない
怖くていかれた奴しか乗れねーよ

  

キックボードだと保安部品もないだろうから原付としても認可されないと思うよ。
港湾や河川敷や公園でも乗れないし、自分の所有地とかでしか使えない。

-

意識高い系とかが好きそうなアイテムだな

-

平地だらけのヨーロッパの方が合ってないか

-

ライトを装備し左右にミラーを付け方向指示器を設置、ナンバーを交付してもらわないと公道で走れないよ
あとヘルメット装着な
そもそも椅子がないしナンバーもらえんだろうな

-

バックミラーとかウインカーとかその他諸々ないと無理や

-

車道でキックボードとか車も迷惑だろ

-

規制がゆるい頃、神戸のポートアイランドで
ルンペンが乗ってたよ
めっさ悪臭撒き散らしながら走ってたw

-

だいぶ前に有ったけれど禁止になったろ

-

下らんわ。もっとましな物持って来い

-

原付きですら免許必須の灯火類にナンバープレート、ヘルメット着用の30km制限。
一方、自転車は速度30km超えようが逆走しようがお構いなしの無法状態。
そこにキックボードなんか仲間入りしようもんなら…無理っしょ?

-

セグウェイに二の舞

-

商才がないね
日本に需要がない
金失うだけだよ

名無し

浦和美園駅に導入されたシェア電動スクーターサービスがあるが
あれならスクーターや自転車の方が便利だわ
荷物も載せられないしタイヤが小さくて段差がヤバいし、歩行者と事故るわ

-

無駄よw
規制があるからw
そもそも危なすぎるw
私有地で使うなら問題ないんじゃない公道は無理
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。