日本の生命保険の「免責」に海外も納得(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日本の生命保険の「免責」に海外も納得(海外の反応)

jo.jpg
(スレ主)第二次世界大戦後、日本の保険会社は約款に1年間の免責期間を設けた。
これにより、加入者は保険金目当てで自殺するのを1年待たないといけなくなった。
結果として、契約13か月目の自殺が急上昇した。


海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/2OOkBrQ
関連記事





・素晴らしい行動だ。



・自分が死んだあと、どうやって保険金を請求するの?



・↑家族が請求できるだろ。



・↑残された家族に金を残すためだね。



・どうして自殺を除外しないんだ?



・↑(スレ主)私も最初にその疑問を感じた。
特に多くの国や州では自殺未遂を犯罪とみなしているからね。
でも日本を含めて多くの国々では、メンタルヘルスや鬱の問題に含まれ、保険会社も免責期間の間に十分な保険金を集めている。
アメリカでは加入者が免責期間中に自殺をした場合を除いて、保険金支払い拒否の言い訳に自殺は使えない。
免責期間中に自殺した場合は保険会社は掛け金を返還しないといけない。



・↑ちょっと保険に加入してくるわ。



・↑もしも鬱を患ったことがあるなら、生命保険に入れない可能性が高い。
加入できたとしても掛け金は高いだろう。



・保険会社に分かりようがないだろ。



・↑生命保険に入るには、カルテを渡さないといけない。



・↑嘘はつけない。
だからは私はメンタルヘルスの診断を避ける。



・つまり心のうちにとどめておくことに恩恵があるってことね!
私は金持ちになれる!



・どうして自殺未遂が犯罪と見なされる国があるんだ?
国民が国の所有物と見なされているのか?



・↑死人には税金が課せられないからだろ。



・↑聖書では罪とされているからでしょ。



・↑警察が自殺を止める為に家に踏み込めるようにだよ。
犯罪を止める為に家に踏み込む。



・私の生命保険には自殺に関して10年間の免責期間がある。
たぶん2010年から始まった。

コメント

-

自殺を食い止める為に家に入っても、街中で普通に誤射で銃殺していれば世話無いと思うけどな…

-

自殺じゃ満額貰えなかった

-

自殺と事故の区別が難しい(難しかった)からでしょ
遺書でもあれば自殺だと判断できるけど、動機が不明なら事故の可能性もあるからね

   

>・私の生命保険には自殺に関して10年間の免責期間がある。
>たぶん2010年から始まった。
日本もこのくらい必要だろ
自殺は10年待てないし自殺に見せかけた保険金殺人はそこまでやる加害者が限られる

-

誤って転落なのかわざと踏み外したのかどうやって区別するんだ

-

>・↑死人には税金が課せられないからだろ。

すげー納得したわw

-

日本の法律では、自殺は免責対象に含まれるので保険会社に保険金支払い義務は無い。
確か何かの事件がきっかけで、自殺に見せかけた保険金殺人の防止のためにも、どこの保険会社も自殺では支払われなかったんじゃなかったかな。

-

1年間の免責・・・。
生命会社の自殺者への対応も残った家族へ思うと武士の情けってへのも感じられるけど。
ま、それに関して生命会社への損害も含めての掛け金高だろうと思うけど。


名無し

事故か自殺か分からない様に遺書を書かずに
事故みたいな死に方(登山で滑落・海川で溺死)をすればおk

-

過去に遊び半分で向精神薬もらうためにメンクリいってたことが仇になって住宅ローンの審査が通らなかった知り合いがいた

-

アメリカ人は嘘つきしかいないのか
生命保険加入の13ヶ月目に自殺が増えるなんてデータは日本には無い

自殺や自殺行為(戦地に行くとか)はそもそもずっと免責が標準(保険法51条)

約款で「自殺でも払います」と言うのがウリの自殺対応型生命保険以外はいつ自殺してもゼロ円

自殺対応型保険の場合でも免責期間は2~3年が普通
しかも「本人の自由な意思による自殺」ではない事を証明しなきゃいけない
例えば精神病による自殺なら認められる
ただし加入時点で既に精神病なのを隠していた場合は「告知義務違反」で支払われない
したがって加入後に精神病を発症したケースに限られるわけだが、その合理的な期間として2~3年の免責期間がある
当然免責期間の翌月に自殺が増えるなんて事実はない

なお生命保険の免責期間は戦前からずっとある
何でも日本は戦後に~と言うのは馬鹿な教育を受けてるアメリカ人の特徴

-

>>アメリカ人は嘘つきしかいないのか

あなたはプロですね、業界に詳しい人でしょうか。
確かに
<<何でも日本は戦後に~と言うのは馬鹿な教育を受けてるアメリカ人の特徴

これは、戦後GHQが教示した結果、日本はおとなしくなったという
リベラルの病に冒されてるのだと思います。


-

自殺を含もうが含むまいがそれに見合った保険料にすればいいと思うが、あまり短いと良くない用途に使われそうなので、ある程度の免責期間は欲しいな

-

結構前に3年になったはずなんだけど
やっぱり外人ってクソだわ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。