世界的バンドの来日公演に現れたハリウッドスターに海外びっくり仰天(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

世界的バンドの来日公演に現れたハリウッドスターに海外びっくり仰天(海外の反応)

gssfsgfs.jpg
人気俳優のブラッド・ピットが、プライベートで来日していることが明らかになった。 ブラッド・ピットといえば、今年9月に自身が主演&プロデュースを務めた映画「アド・アストラ」のジャパンプレミアのため来日。来日記者会見では「今回こそ満喫するつもりだったのに、台風で飛行機がキャンセルになっちゃったんだ(予定より1日遅れて到着)。東京も大好きだけど京都や、古い建築物、庭園、そして鯉を育てている(養殖している)有名な場所に行きたいんだ。日本のものはどれも品質がいいんだよね。とにかくぼくは鯉が大好きなんだ。鯉の話ならあと1時間は話せるよ(笑)」とジョーク交じりに日本への愛を語っていた。 以下略(TVGROOVE)
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/2RAIi8X
関連記事





・日本で行われたU2のコンサートにブラッド・ピット。



・彼は日本で一体何をしているの?



・どうして日本でU2のコンサートに?
だって、前にも見たことがあるでしょ。
何か別の理由でアジアにいるんだよ。



・12月6日に中国でアド・アステラのプレミアがあるから、行く途中で日本に立ち寄ったのでしょう。



・↑いや、マドックスが韓国にいる。
日本で会うのだろう。
中国に行く途中で日本に立ち寄った理由はそれしかない。



・↑マドックスは彼の息子ではない。
アンジーの戦士だ。



・マドックスと会うのかな?



・もしも彼がマドックスと会っても、我々がそのことを知るのは数か月後か数年後だ。



・U2を見るために来たんだよ。
マドックスとは会わない。



・ブラッドはU2のファン。
ブラッドのファンが一緒にいるなら、間違いなく仕事が関係している。



・動画を見たけど、彼はコンサートをすごく楽しんでいる様子だった。



・中国で仕事なんかないと思う。
ジョリーの息子に会うことはないとはっきりさせているのだろう。(笑)



・12年もアンジェリーナと一緒にいるのは地獄だ。
おそらくコンサートやギャラリーに行くことが出来なかった。
今の彼は自由の身。
好きなことが出来る。



・ブラッドはとても幸せそう。



・日本に何の用事が?
マネージャーが一緒にいるぞ。



・アンジーのファンたちって、彼が前回日本にいた時にマドックスに会いに来たって妄想していなかった?
あの人たちはマナバないね。



・たぶん日本でブリオーニの撮影で来たんだろう。



・↑ブリオーニの撮影でどうしてイタリアではなく日本に?



・↑イタリアでイタリアのブランドの撮影なんて退屈でしょ?(笑)



・↑日本はブリオーニの男性物にとっては一番大きな市場。

コメント

関西人

アンジーは評判悪いの?
日本だけかと思ったw

-

マドックスは彼の息子ではない。
アンジーの戦士だ。

このコメント大好き

-

鯉が好きなら是非新潟に!

-

朝鮮人が関わると不幸になる例だな

名無しさん

誰がなんのために来ようといちいち気にすんなよ煩わしい。
ゆっくり日本を満喫させてやれよ。

-

年とってもイケメンやのう

-

中村さん追悼の歌を熱唱された

-

そうか・・・ブラピが日本でマッドマックスと会ったのか。
成程知らんかった(目が難聴)

名無し

日本なら外国人の一人として静かに行動できるからね

-

ブラッド・ピットは知ってるけど、どこかで実物を見かけても特に感動はないしどーでもいい感じ
たぶん外人の顔が同じように見えるせいで有名人も一般人も大差ない

-

アンジーの戦士w
正確な表現だな

反日戦士のアンジーに育てられた反日二世

-

ピストルすげーなw もってるなー

-

安藤忠雄?ってみたらいたw頭半分だけど
よう気がついたな!

-

ブラピ、ボノにあったら平和ごっこしてないで
ジェノサイド進行中の中国訴えろって言ってくれ

-

>>ピストルすげーなw もってるなー

このツイ竹原ピストルなの?

-

日本旅行がブームになってるお陰で、世界のセレブ達に仕事以外でも日本を楽しんでもらえて光栄です。
もっとも世界的リゾート地のように目を見張るような自然がある訳ではなく、あくまで独特な日本文化への珍しさが人気なのかなと思う。
外国基準に迎合するよりは、日本人が守って来た精神的文化的日本らしさを大事にし続けて欲しいです。

-

鯉に恋してる

774

正直ブラピは実子以外どうでもいいだろうしそれでいいのでは
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。