カナダでクジラの100m以内に近づいた釣りガイドに有罪判決(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

カナダでクジラの100m以内に近づいた釣りガイドに有罪判決(海外の反応)

iifa.jpg
【12月14日 AFP】カナダで釣りガイドの男が、クジラに100メートル以内まで近づいたとして有罪判決を受けた。カナダ政府によると、昨年改定された海洋哺乳類規則の適用で有罪判決が下されるのは初めて。  海洋哺乳類規則が改定されてから8日後となる2018年7月、スコット・バブコック(Scott Babcock)被告は、ブリティッシュコロンビア(British Columbia)州プリンスルパート(Prince Rupert)北方50キロの河川の深水部で、ザトウクジラが水面から躍り出た際に100メートル以内の距離までボートで近づいて進行を妨害したとして、有罪判決を受けた。そのときの様子を捉えた写真も証拠として提出された。  12日に入手した判決概要によると、バブコック被告は、2000カナダ・ドル(約17万円)の罰金の支払いと、クジラの近くを通航する際の安全性についての一般市民向けの啓発教育を2日間受けることを命じられた。以下略
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/2EeNMOr,http://bit.ly/2LRLF7w,http://bit.ly/38GKQIK,http://bit.ly/2tjqsNx
関連記事





・なんて馬鹿馬鹿しいのだろう。



・じゃあホエールウォッチングをしている船は、ずっと罰金を払い続けないといけないね。



・もしかしたらクジラが彼に近づきすぎたのでは?



・クジラに非があるのかもしれないぞ。
水中からいきなり出てくるのに、罰金の境界はどこにあるんだ?



・クジラに罰金を科せ。



・彼がクジラに近づいたと言っているだろうが。



・これは裁判で勝てるだろ。
クジラは水中にいるんだぞ、どうして近くにいることが分かる?



・↑意図的に近づかない限り、罰金は科せられない。
私が釣りをしている時にザトウクジラが浮上してきて、10フィート(約3m)の距離まで接近したことがある。
クジラには近づかない方がいいぞ。(笑)



・あれはセクシーなクジラだから無理もない。



・でもビクトリアが下水をそのまま海に大量に捨てても問題ないんだよね。



・クジラを撫でることが出来るなら、私はチャンスに賭けたい。



・ホエールウォッチングのガイド?



・2000ドルでは抑止力にならない。



・罰金の額をもっと高くするべきだ。



・石油タンカーやフェリーにも同じルールが適用されるの?
それと、もしも海洋生物の方が船に近づいてきたら?
進路を変えて、逃げないといけないの?



・素晴らしい。
一方、東海岸では、昨年一体どれだけのクジラが命を落とした?



・彼のボートを没収しろ。



・これは良いニュース。
まともに生計を立てることが出来ないガイドを見せしめにする。



・いいぞ!野生動物はそっとしておけ!

コメント

-

鯨関連の話題って、どんなものでも人間のエゴってすごいなあって思うよ

-

これがキリスト教の限界

-

カナダってここまで狂ってたのか

-

カナダ人ってクジラ食ってるじゃん…

    

むしろ反捕鯨を貫く為にはこれは緩い法律だなと思う。
鯨の10km以内に侵入したら200000カナダドルを即座にネットで支払い、クジラの近くを通航する際の安全性についての一般市民向けの啓発教育を20年間受ける法律をカナダ政府は即座に作るべきだ。
そしてバンクーバーやトロント等の日系人が多く居る地域にカナディアンクラブ片手に「お前達ジャップの顔を見ると鯨とイルカの叫び声が聞こえるんだよ!」と言いながら突撃し日系人女性の衣服を破り捨てて裸で公共の場に放り出す「レッツゴーヘンタイショクシュアイランドバッシング」の推奨を、カナダ国内の学校教育に取り組めば邪悪なクジライルカ虐殺国家日本はやっと反省すると思うよ。

-

近付いて罰金なら鼻の長い人形は死刑だな

  

まぁ、狂ってる度なら日本も負けず。
日本人「以外」への人種へのヘイト禁止条例とかやってるし。

-

世界が捕鯨量を増やしていれば彼が罪人になることはなかったかもしれない
憎き鯨め
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。