日本には蒸発したい人を助ける夜逃げ屋というサービスがあるらしい(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日本には蒸発したい人を助ける夜逃げ屋というサービスがあるらしい(海外の反応)

aghe.jpg
(スレ主)日本には、失踪して二度と見つかりたくない「蒸発」したい人を助ける夜逃げ屋というサービスがあるらしい。

海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/2rJQWHF,http://bit.ly/2S2zkBl
関連記事





・死んだことになるの?それとも休暇に行っていることにされるの?



・↑というよりは、「ちょっとタバコを吸いにいってる」だな。



・↑ああ、俺の父ちゃんみたいにか。



・興味がある。



・...つまり合法的な殺人?



・合法的で自発的な人身売買?



・これはアンドレ・ノートンの魔法の世界のあらすじ。



・ヤクザたちが利用しているに違いない。



・↑ヤクザによって運営されているか、ヤクザとかなり関りが深いはず。



・↑簡単に奴隷にされるか、搾取されそう。
「私を見つからないようにして。家族にも会いたくない」



・これは一回限りの謎の出来事ではない。
こういう現象があるんだ。
日本では大勢の人たちが蒸発する。
借金・失業・離婚・試験に落ちたことで失踪する人もいる。



・借金のある人は真夜中に失踪しないだろ。
借金取りから金を借りているんだ。
失踪したら危険が及ぶ。



・外国に行くか、行き先を政府に知らせないだけでしょ。



・どうやったらアメリカでも蒸発できる?



・↑車に乗って、走り始めろ。
ベガスに到着するまで止まるな。



・↑そんなに単純なことではない。
ベガスで車を乗り捨て、ヒッチハイクでコロラドまで行け。
山小屋に住め。



・自分たちがどこに行くのかも知らずにどうやって失踪するの?



・隠れて暮らしている人たちは、たくさんいる。
かなり大変だけどね。



・これは自殺予防の選択肢になるべき。



・↑自殺をする人たちの多くが、このサービスを利用するだけの金がない。

コメント

-

いやいや映画の中の話でしょww

あるの?

名無し

映画やんw
普通に逃げれるけどね、逃げた先の就職が難しいだけで

-

またか
日本に変わった文化があると(あるか?
進んだ欧米が遅れた日本を正すというオリエンタリズム 
英語を使わないから反論しない日本は叩かれやすい、バカにされやすい傾向があるんだよ

-

これはフィクションだって誰か教えてあげて

-

夜逃げを請け負う引っ越しやさんは一応ある。
専門って訳じゃなくて深夜でも対応するって程度だが。
映画の様な身分証明書まで用意するようなのはいない。

-

※1
誇張されてるけど似たようなのはある
ストーカーやDV相手から逃げるために利用されてるやつ

-

ゲーム制作の仕事をしていて、25時~27時頃帰宅の途中、結構夜逃げの現場に遭遇した

-

アレは映画だけど実際あるだろ
バブル崩壊後の90年代は夕方のニュースの特集で時々やってたぞ

-

夜逃げってわけじゃないけど、なんだか訳ありの引っ越しのバイトは昔したことあるな
近所の人にどこに引っ越すのか聞かれても答えないようにとか、作業前のミーティングで色々念押しされた

-

知り合いの何でも屋が一度夜逃げ依頼されたと言ってたな
それでも20年以上前の話だが
というか外国人のコメント、依頼者が逃げ場選定せずに後は全部業者にお任せだと勘違いしてないか

-

なんで夜逃げが殺人と繋がるの?
誰かおせーて

-

ストーカー男から、逃げる手伝いをしたよ。引っ越しは真冬の明け方。
ロング・ボディの大型ワゴン車1台に、ゴミ袋に詰めた荷物を、
短時間に放り込む。 家具は大家さんに、有料処分を手配してもらう。
車は高速道路を使って、一度別の県に移動し、そこで休んでから
目的地に向かった。 もちろんその子は転職した。

-

あるぞ
ソースは大阪府警にいた親戚の話
犬だけ置き去りにされててそのままだと保健所行きだから引き取ってたな

 

まず夜逃げする金はあるんか
海外逃亡なんて特に高そう

-

マルサの女や闇金ウシジマくんはフィクションだがマルサや闇金は実在する
これも同じ

-

※3
無知くせに思考を停止すんなよ
ググればすぐ出てくるんだからまず調べろ

-

こういうのは日本人経営者ではないよ。

-

一例としてストーカー被害・家庭内暴力・粘着された交際関係などの脱出手段として
利用する人がいる。

-

赤帽に頼めばやってくれるぞw
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。