(1939年)日本の侵略者と戦うために集まった中国のイスラム教徒(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

(1939年)日本の侵略者と戦うために集まった中国のイスラム教徒(海外の反応)

aghre.jpg
(スレ主)1939年、中国北西部、日本の侵略者と戦うために集まった中国のイスラム教徒。

海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/2PxLZe7,http://bit.ly/2YYSk55
関連記事





・オールドスクールだね。カッコいい。



・今、蘭州市に住んでいるけど、地元の人たちは誇りに思っているよ。
回族の軍は日本軍を追い払い、蘭州は日本に占領されなかったから。
回族(かいぞく、ホウェイ族あるいはフェイ族、拼音: Huí zú、 حواري)は、中国の少数民族の一つで、中国最大のムスリム(イスラム教徒)民族集団である。回族とされる人々は、言語・形質等は漢民族(漢族)と同じだが、イスラム教(イスラーム)を信仰する。中国全土に広く散らばって住んでおり、人口は約1000万人で、中国に住むムスリム人口のおよそ半数を占める。ウィキペディア



・驚いたよ。
中国やアジアのムスリムには、かなりの歴史があるんだね。
彼らについてもっと学べるサイトはある?



・同じムスリム騎兵たちが、50年代に共産主義者たちと戦ったかもしれない。



・彼らが守った人たちの手によって、彼らの子孫たちが収容所に入れられて、彼らの文化が撲滅されることなど露ほども知らなかった。



・↑日本もムスリムに対してかなり酷いことをしたぞ。



・彼らは回族。
日本軍との戦いはかなり有名だ。



・そして第二次世界大戦後、中国は共産主義者になり、7200万人の自国民の命を奪った。
第二次世界大戦よりも多い犠牲者。
第一次世界大戦と第二次世界大戦で亡くなった数よりも多い。



・↑その数字はどこで手に入れたの?
どうしてその結論に至ったの?



・時が流れ、中国共産党はイスラム教徒を収容所に閉じ込めた。



・↑違うイスラム教徒だぞ。
中国が閉じ込めているのは、ウイグルやカザフのイスラム教徒。
この人たちは回族だ。
彼らは漢民族だ。



・馬家軍かな?
彼らは中国人のムスリム軍だった。
馬家軍は1949年まで甘粛、寧夏、青海地域を支配していた一族の軍閥。一族のほとんどが姓が馬の甘粛省河州出身で、中国のムスリムたる回族である。馬家軍の主要人物は甘粛の馬占鰲、馬安良、寧夏の馬福祥、馬鴻逵、馬鴻賓、青海の馬海晏、馬麒、馬麟、馬歩芳で、特に馬鴻逵、馬鴻賓、馬歩芳らを併せて“西北三馬”と呼ばれた。 ウィキペディア



・馬家軍だね。
彼らは中国北西部を支配していた。
ウイグル人などの他のムスリムの間では人気がない。
確か彼らが統治支配している間に、回族とウイグルの間で暴動や虐殺がたくさん起きた。



・↑ロシア人、チベット民族、日本軍と戦うので忙しくなかったの?



・ムスリムは中国の為に戦い、政権はモスクと罪のない人々の命を奪うことで感謝を示した。



・↑この人たちは回族。
習政権による弾圧を比較的受けていない。
ほとんどの弾圧はウイグル族に対するものだ。



・↑報道によると、回族も信仰のことで嫌がらせを受けている。

コメント

-

イスラム?ただのテロリストじゃん

-

こういうの薮蛇って言うんだよね
今はその邪魔なイスラム教徒を消す為に
洗脳や殺害をしてるっていうのに、本当に五毛って馬鹿だなぁwww

-

習賊を国賓待遇する日本政府は頭おかしい

-

中共は宗教認めてないだろ?
回族だからイスラム教徒でもokとかほんまかいな

-

今は中国政府がイスラム教徒を弾圧してるけどね。日本なら弾圧しなかっただろうに。

-

現状を思えば馬鹿なことをしたもんだ

-

日本は戦時下においてキリスト教すら黙認してるってのにイスラムを弾圧って
まぁそのキリスト教徒と司祭、助祭を生きたまま地獄の業火で焼いたのは同じキリスト教徒のアメリカと原爆だが

-

当時の日本の思想が正しいとは思わない
でも米露中の大国だけがのさばり好き放題やる、それにムスリムが呼応して世界中でテロをする
こんな最悪の世界は免れてただろう
これら最悪の国のやり方に唯一反論したんだから

-

「日本が侵略者」?

まだ寝言いってるアホがいるのかい?
すでに戦後のプロパガンダは、ネットが登場して以来、すべて捏造が暴露されてしまってるぜ。
侵略したのは「中国軍」の方だよ。

日本は当時、日露戦争の戦後賠償として満州に権益地を得たのだ。侵略して満州の領土を奪ったワケじゃない。
しかもその日本の権益地に、中国側が「支配者がロシアから小日本に変わった」と喜んでその地を奪おうと破壊工作(今でいう「テロ」)を繰り返したのだ。
で、日本も居留民保護のためにヤム得ず「軍」(関東軍)に守備を命じただけのこと。

したがって、この「日中事変」は、両軍とも「宣戦布告」は出していない。

その後も、中国側の破壊工作は拡大する一方になったので、日本としても、ヨリ抜本的な対策(満州国建設、中国中枢を攻撃)を取らざるを得なくなったのが真相である。

-

彼らの子孫はマヌケな先祖を呪いながら
共産党に虐殺されていくんだろうな

-

雲南軍(中華ソビエト共和国南方軍)は
苗族の部隊で多くの日本兵を退治した。
彼らを指揮したのがユダヤ系のウズベク
人だった。主にマレーシアなど南方で
活躍した。意外に知られてない事実。
漫画やアニメに出来そう。コミケに
自分が描いて出したことある。

-

>日本が「侵略者」?

新疆や敦煌など西域で歴史調査していた
スウェン・ヘディンが「侵略者にして
破壊者のケダモノ」と日本軍を敵視してたよ。
今でいうタリバンのような狂信者だと
欧米の学者や知識人からも日本は見なされてたんだよ。
ヘディンは西域の仏教遺跡を日本軍から
守るためなら自ら武器をとって闘うと言ってたくらいだから。

-

回族はムスリムになった漢民族だから海沿いの泉州や寧波・
福建省にも多く住んでるね。馬という姓の人が回族だね。
台湾の馬英九前掃討も敬虔なムスリムだった。回族は共産党の
中枢にも入り込んではるし、同じ漢民族だから他の少数民族とは
違うと中国専門の研究者もテレビで言ってた。

-

>>回族の軍は日本軍を追い払い、蘭州は日本に占領されなかったから
追い払うも何も、そもそも日本軍はそんな戦略的価値に乏しい奥地に行ってませんが

-

馬賊だろ。

-

蒼天の拳でみたな

-

日本は過去で、中国は現在進行形

さてどちらが悪なのか?

名無しさん

> 「日本が侵略者」?
>
> まだ寝言いってるアホがいるのかい?
> すでに戦後のプロパガンダは、ネットが登場して以来、すべて捏造が暴露されてしまってるぜ。
> 侵略したのは「中国軍」の方だよ。

詳しい解説ありがとう。
自分ももっと勉強せねば。

 

自国民で防御できないのは体制が整ってないからよ。
そもそも中国もユーラシアの一員であって、侵攻などちっとも珍しい事ではなく、
遡れば島国日本よりも多々起ってる事です。
何故に農兵でも育てなかったのか、この意識が後進なのですよ。

-

そうか民族浄化、漢化政策の一貫じゃなくてイスラム弾圧って捉えられてんのか

-

日本軍に味方してた回教徒勢力もいたんですけどね

-

共産党左翼には嘘吐きとキチ、ガイしかいない。

-

>中国国民党と手を組み、勢力内に侵入してきた中国共産党の西路軍や日本軍と戦った。国共内戦では国民党に味方し共産党軍と戦い、敗色が濃厚になると馬鴻賓が投降し、馬歩芳と馬鴻逵が国民党と共に台湾へ逃亡した。
国内戦で日本軍とも戦っただけじゃん
都合よく一部だけ取り上げるな

-

シナ人は歴史を書き換えようとしてんじゃねえよ

-

そして、中国に殺されてるんだよね

-

まーた中国の捏造プロパガンダ写真かよwww

-

単なる残虐非道の馬賊であり、後に無数に乱立した軍閥の一つ
自国民の殺害数のほうが多いというお笑い要素付き
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。