英政府がBBC受信料の未払い刑事罰の廃止を検討(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

英政府がBBC受信料の未払い刑事罰の廃止を検討(海外の反応)

gsggs.jpg
イギリスのリシ・スーナク財務省首席政務次官は16日、公共放送BBCの受信料未払いを刑事訴追の対象から外すことを政府が検討していると明らかにした。 イギリスでBBCを視聴するには年間154ポンド50ペンス(約2万2000円)の受信料がかかる。払わなかった場合は裁判所への出廷が求められるほか、最大1000ポンド(約14万5000円)の罰金が科せられる。 BBCは、受信料未払いに対する刑事罰を廃止すれば、年間2億ポンドの損害が生じると警告している。以下略(BBC JAPAN)
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/36PxJDk,http://bit.ly/2PVaUHo
関連記事





・ありがたい。
どうしてほとんど視聴しない放送局に金を払わないといけないんだ?



・脱EU反対派によると、こうやって国が崩壊していくんだろうね。



・彼は私の票を手にした。



・一体どういうことなの?
BBCの視聴料支払いは国民の義務なの?



・↑テレビを所有して、受信できるならBBCの受信料を支払わないといけない。



・受信料に関しては警察もかなり厳しいようだね。
テレビがあるかどうか確認するために家の中に押し入ってくるそうじゃないか。



・これは良いこと。
受信料を支払わなかったら罰金が科せられると聞いた時に冗談かと思ったよ。



・↑まがい物の税金なんだよ。
車を運転したら道路税を払い、テレビを見たらテレビ税を払う。



・解決策は簡単。
Itv、channel 4、 channel 5 、skyのようにCMを流せ。



・なんてことだ。
BBCは終焉を迎えるかもしれない。
何の痛手もないけど。



・↑BBCが終焉を迎えたら凄く嬉しい。



・みんな平静を失うんでしょ?
ボリス・ジョンソンはメディアを狙い撃ちしてるって。



・イギリス人ではないが、既にボリス・ジョンソンのことが好き。



・↑彼はアメリカ生まれだよ。
数年前に議会に出馬する時に、アメリカ国籍を放棄したけどね。



・受信料を廃止して、BBCにCMを流させろ。



・NetflixやSpotifyのようにするべきだと思う。



・いいね、ざまあみろ。
これは自業自得だよ。



・マードック(世界的なメディア王)が買えるように民営化に一歩進んだね。

コメント

-

戦後ならいざ知らず、今の世の中、NHKなんて必要ないよね。たまにNHKしか観ないとかいう家庭があるが、政府の犬か、と思う。

-

日本政府も検討するべき案件

-

取り敢えず偏向報道止めてから文句言え

 

nhkも民営化しろ
公共放送なんて誰も思ってない

-

政治が全党引っくるめてのプロレス興行でしかないこの国には、
未来永劫縁のない話だな

-

多くの日本人には良い流れだよな、好意的に成り行き見守りたいよ。

名無しさん

有料放送の是非と刑事罰の是非は違う。本来自分たちで行うべき料金の取り立てを税金で警察にやらせるのはどうかと

-

NHK本体は消えて良いけど
放送技術研究所だけは、国営化して続けるべき。

-

NHK、良くできた番組とそうでないものの差が激しすぎる。
東大など有名大学で採用するから頭の悪い勘違いが増える。結局、自家中毒状態。

はっきり言って、『総合+ラジオ』と『教育+ラジオ』を別々の組織で公共放送として維持して身軽になって、BSは民営化すべきだと思う。BSの国際ニュースもスポーツも映画もドラマも民業圧迫してるだけだし。
で、4K・8Kは技術開発部門とともに別の存在として放送業務をして、番組を公共放送・民放と個別に契約し製作放送すれば、その技術の活用の幅も広がるんじゃないかな。

国家の放送媒体という国民を誘導する存在としてのNHKはラジオ・テレビの普及で一応の成功を見たわけで、もはやいまのNHKは規制の利権にしがみついただけの存在。テレビが終わったんではなく、昭和の炭鉱の閉山同様や公社の民営化と同じく、NHKの歴史的使命が終わったんだと思う。

-

BBCもNHKもクズだから共倒れして欲しい。

-

BBCとNHKは反日放送局とういう点でも一致している
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。