香港民主派と親中派が人気ゲーム「GTAオンライン」で衝突(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

香港民主派と親中派が人気ゲーム「GTAオンライン」で衝突(海外の反応)

ghhf.jpg
【12月25日 AFP】香港で抗議デモの混乱が続く中、人気オンラインゲーム「グランド・セフト・オート・オンライン(Grand Theft Auto Online、GTA Online)」が香港民主派と親中派による思想戦の舞台となっている──抗議活動がバーチャルの世界にまで飛び火した格好だ。  ゲーマーたちが利用する掲示板やソーシャルメディアはこのところ、仮想空間で繰り広げられた戦いに関する動画やチャットで埋め尽くされており、民主派・親中派の間で侮辱と非難の応酬となっている。GTAオンラインは米国の架空の街を舞台に戦闘を繰り広げるオンラインゲーム。香港のゲーマーらは今月リリースされた拡張パックによって黒い服、ガスマスク、黄色いヘルメットという民主派デモ隊のような装いをアバターに着せられ、火炎瓶を投げる、地下鉄駅を破壊する、警察を襲うといった実際の抗議行動を再現するようなプレーができることに気付き、実行に移した。  そうした香港のゲーマーたちの動きに中国本土のゲーマーたちはすぐに注目し、自分のアバターに警官の格好をさせ、香港のゲーマーたちと戦い始めた。以下略
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/378nfyT,http://bit.ly/351fB7Y,https://yhoo.it/2ZrxQ5x
関連記事




・この争いは認める。



・私も参加したい。



・どっちが勝ったの?



・記事「プレーヤーが多かった中国側が勝利した」
↑ハッカーが神モードを使っただけだろ。



・↑中国人プレーヤーと一都市のプレーヤーの数を比較したら、中国が勝つだろ。



・典型的だね。
香港人は数で優っている時しか戦わない。
でも、数で勝られると、逃げて泣くだけ。



・GTA Vを買おうかな。



・私はGTA Vで日頃から遊んでいる。
どうやって中国側に加わることが出来る?



・↑移住しろ。



・↑落ち着け。ただのゲームだ。



・香港のティーンエイジャーたちは、ゲームだけやってろよ。
ティーンエイジャーが政治の何を知っていると言うの?



・↑うちのティーンエイジャーは、君に政治について教えてやることが出来る。
特に言論の自由についてね。



・つまりデモはGTAのキャンペーンだったの?



・オンラインで抗議しても何の意味もない。



・ゲームが終わった後は、友人同士になれる?



Grand Theft Auto: HONG KONG!
近日発売。



・もうすぐ中国本土では禁止になるに違いない。



・↑そもそも、中国でプレーできることに驚いた。



・中国人は自分たちの国のことが好きなのに、アメリカ製のGTAで遊ぶのか。
トランプ大統領は彼らを誇りに思うだろう。



・困った若者たちが警察と戦うよりは、ゲームで怒りを発散した方がいい。



・次のバトルは?マインクラフトか?

コメント

-

pubgで決着つけて欲しい。配信してくれたら絶対見るわ。

-

これはガンガンやった方がいい。
やればやるほど、中国人の危険性に周囲が気が付く。
多分ゲーム内では中共には勝てない。勝てないからこそ、
現実がピンチであることに気が付く。

同時にゲームを通して思想戦が展開できる。
戦っている中共側プレイヤーもいずれ気が付く。
本当の敵は目の前のモニターの中じゃなくて、別の場所にいることに。

名無しよん

↑気が付くのが余計に遅れるダケ、じゃないかと思うぞ。

-

引きこもりって
マジ
くだらねーなあ

-

本土人の政治意識っつーか意識ってほんと削られてんだな

-

GTAに支援機能を付けろ

-

ちょっと平和だ

-

勝ったのはロックスターだろ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。