海外「ありえない!」日本の法務大臣の発言に海外がビックリ仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「ありえない!」日本の法務大臣の発言に海外がビックリ仰天!(海外の反応)

egger.jpeg
「潔白だというのなら、司法の場で正々堂々と無罪を証明すべきであると思います」 日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)によるレバノンでの会見を受け、1月9日未明に行った緊急会見でこう語った森まさこ法務大臣(55)。いま、この発言に批判が集まっている。 《法務大臣が「検察が有罪を証明できない限り被告人は無罪(有罪を立証する責任は検察にある)」という推定無罪の原則を理解してねえんだもの そりゃ逃げたくもなるわな。中世の魔女裁判かよ》 「推定無罪」とは、刑事裁判において被告人は有罪が確定するまでは“無罪の人”として扱わなければならないという原則のこと。憲法だけではなく、日本が批准している国際人権規約などでも定められている近代法の基本原則だ。したがって刑事裁判では被告人が有罪であることを検察が証明する必要があり、被告人側が無実であることを証明する責任はない。もちろん検察側が有罪を証明できない限り、被告人は無罪となる。以下略(女性自身)
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/2NgaNFQ
関連記事







・推定無罪は???



・本音が出ちゃったか。



・要約すると、これが日本の司法制度。
無罪だと証明するまで有罪なんだよ。
ゴーンが逃亡するのも不思議ではない。



・推定無罪は民主主義の根幹なのに。



・私はブラジル人だが、カルロス・ゴーンは我が国に恥をかかせる詐欺師だと断言できる。



・↑証拠を出してくれ。



・↑私はブラジル人だが、カルロス・ゴーンは伝説だと断言できる!



・日本は面白いよ。
逃亡した男の引き渡しを要求するくせに、日本人が子供を誘拐して日本に連れ帰っても、何もしない。



・日本では捕まった時点で有罪なんだよ。



・ゴーンを擁護している連中は、自分たちが何を言っているのか単純に理解していない。
馬鹿げた人種差別的な偏見に頼っている。
彼には自己弁護する機会があった。
カルロス・ゴーンは快適な自宅監禁だった。
緩やかなセキュリティが彼の逃亡を許してしまった。




・↑自宅監禁と公正な裁判は異なる。




・金持ちは法を越えた存在。




・こんな愚かなマヌケが法務大臣になりたがるのか。



・これがすべてを物語っている。
ゴーンに1ポイント。



・彼が無実を証明しないといけない。
これは昔のアジアが採用していた。
中国でさえ共産党が支配するようになって、この制度を破棄した。
推定無罪であるべきだ。
有罪率が99%なのも納得。



・↑今の中国では、有罪のみ。
無実になる可能性はない。



・日本では公正な裁判はありえない。



・推定無罪だぞ。
これは一体どんな司法制度なんだ?



・彼女は洗脳されていて、自分が信じていることを何でも言ってしまう。



・文書で2度使ったのなら、言い間違いではない。



・日本に基本的な人権と公正な裁判があったらなぁ。
少なくともあるふりをして欲しい。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告