ゴーン被告の逃亡を手助けした二人か?トルコメディアが公開した映像に海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

ゴーン被告の逃亡を手助けした二人か?トルコメディアが公開した映像に海外興味津々!(海外の反応)

trssggs.jpg
【イスタンブールAFP時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が日本から逃亡した際の同行者とみられる2人の画像がトルコで公開された。最大都市イスタンブールの空港で、監視カメラに撮影されていた。アナトリア通信が16日、伝えた。以下略
海外の反応をまとめました。


動画
https://dailym.ai/2R2u4g9
関連記事





・トルコがゴーン逃亡を手助けしたとされる2人の監視カメラ映像を公開。



・トルコ人ではないから、彼を破滅させる気だな。



・彼の逃亡を手助けした人間が逮捕されて、起訴されることはあるのだろうか?



・好きなことを言うと良いが、金持ちの為の正義は地層が全く異なる。



・何も新しいニュースはない。
金+正しいコネ=責任を逃れることが出来る。
これに外交特権を加えれば、難なく逃亡させることが出来る。



・彼らは連絡帳に載っていると便利な人間だ。



・彼はとても賢い人間。



・どうやら分別のある人間は、自白に基づく日本の司法制度を避けるようだね。



・日本の司法制度について何も知らないくせに、無教養の人間が知ったかでコメントをしている。
まず第一に日本の犯罪率はとても低い。
100%有罪の人間しか裁判にかけない。
軽犯罪は裁判にかけようとしない。
ゴーンは有罪だ。
だから彼は逃げた。



・面白いあらすじ!
本か映画の契約は?



・子供の人身売買にもこれくらいの注目が集まったらなぁ。



・無段変速機の犯罪はどうなるの?



・彼のことを見るたびに、ミスター・ビーンを思い出す。
よく見ると似ていない。



・彼は日本をリスペクトし、懸命に働き、たくさん金を使った。
でも警察に捜査され、クーデターが起きた。



・私だって逃亡するさ。
公平な裁判が受けられる国は少ない。
イギリスはその一つ。



・↑犯罪を犯したら、刑に服すんだよ。
大金持ちではないイギリス人なら、潔く責任を取っている。
金があれば法律に従わなくていい。

コメント

名無し

トルコでは出入国違反しちゃったから幇助罪でいけるでしょ

-

まず、他国と日本の司法制度の違いがある

フランスやアメリカでは警官が簡単に逮捕できるが日本は裁判所から逮捕令状が無いといけないし、日本では欧米諸国に比べて警官も銃を殆ど使わず、暴力的な行為をしない
逮捕にも起訴にも慎重なのが日本。釈放が短い、長いの議論は此処も踏まえて話すべき

欧米諸国の一方的な日本の司法制度批判はアジア諸国は後進的という蔑視から来てるように思えてならない

-

無実を主張しながら別の犯罪を犯す
愛国心を叫びながら同胞の車を壊す
正しい目的の為老人を杖で殴りコロす

世界は広くてわからない
海外と付き合うのは日本人には
まだ早すぎるように感じる

 

↑2
緊急逮捕なら令状なしに警察の主観で拘束できるし
令状もほぼ自動発行だから簡単に留置場に2週間以上拘束できる
日本の場合検察や裁判所での処理が滞ってるってだけの理由で
逃亡の恐れのない人物まで拘束しっぱなしってのが日常茶飯事だし
文句言われてもしょうがない

もちろん実際に逃げようとしてたゴーンは全然別の話だがな

-

外国人は日本の司法など調べもせずに非難する事が大好きみたいだね
黄色人種だからっての差別でしょ

-

金に目がくらんだジジイ

-

辻仁成の言う通り、日本人は海外の批判を気にしすぎ
日本人が思ってるほど外国人は公正を保とうって意識がない
手前勝手な正義にはうるさいけどね

-

コイツが日産のトップに就いた当初から日本のマスコミが何かとコイツを持ち上げてたのを見てかなり違和感あったわ。単に日本の経営者ができない非情な首切りをしたってだけなのにな。そんなもん冷酷で無慈悲でドライなアラブ人なら普通にできるだけの話なのにな。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。