阪神淡路大震災から25年、世界からも哀悼の声が寄せられる(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

阪神淡路大震災から25年、世界からも哀悼の声が寄せられる(海外の反応)

rtyytyty.jpg
6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から17日で25年です。神戸市など大きな被害を受けた地域では、夜になっても犠牲者を追悼する行事が続いています。神戸市中央区の公園「東遊園地」では、およそ5000本の竹の灯籠に明かりがともされ、地震が起きた午前5時46分に遺族らが黙とうして犠牲者に祈りをささげました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。

http://bit.ly/2NDhWQP
関連記事





・日本にとって神戸は悲しい記憶。



・あの夜、私は新大阪ステーションホテルに泊まっていた。
早朝に東京に向かう予定だった。
あの壊滅を見るのは悲しかった。



・犠牲者よ、安らかに眠れ。



・あの時のことを忘れられない。
私は大阪にいた。



・私は阪急今津線沿線に住んでいた。
かなり揺れた。
今でも鮮明に憶えている。



・私はあの時神戸にいた。
忘れられない酷い災害だった。



・私はあの時、名古屋にいた。



・私はボランティアとして神戸に行った。



・震災後すぐに大阪で半年過ごしたが、損害を見るのは辛かった。



・過去は過去だ。前に進め。



・私はハワイでこの様子をテレビで見ていた。



・私は足立区にいたが、決して忘れない。



・もう25年も経つのか。



・この地震のことを耳にした時のことを憶えている。
私の親戚が影響を受けたから、何日も私は泣いた。



・2010年にチリで初めて巨大な地震を体験した時のことを憶えている。
本当に凄い地震だった。
アジアの多くの人たちが巨大地震を体験していないと思うが、地震よりも酷い構造物が問題。



・私が住む地域をM6.5が襲ったことがある。
あれほど恐ろしい経験はない。



・私は岩国に住んでいたけど、揺れを感じたよ。



・テレビでニュースを見ることさえ胸が痛んだ。
生存者にインタビューをしているキャスターさえ泣いていた。



・今は亡き魂の為に祈る。
神のご加護を。



・亡くなった方々のご冥福を。
以前よりも巨大地震への備えが出来ていることを祈ろう。

コメント

 

あの時、罹災した者として世界各国から直接的、間接的に民間、公的、宗教団体、個人などなど支援、ボランティアしてくださったことを忘れません。

ある方などはアフリカの豊かではない国なのに、直接神戸に入っていただいて被災でてんてこまいの時に、将来のために行っていた被災状況の面的調査をしていた当地のか大学に参加していただいた。
もちろん日本各地、欧米アジアの人々、大学生諸氏の直接被災者支援できない負い目のなかの地道な努力、それが今どれだけ大きな意味を持つか。素晴らしいことでした。
本当に世界にお世話になりました。

-

25年かけて、途中大災害を幾度も経験してもこのありさまか。増税、予算削減でもう災害対策ぼろっぼろっw思えば原爆落とされても『これから落とされない努力』しない、どうしようもない国民だしな。まあこれからドンドン人が死ぬであろう。冗談でも悲観でもなんでもなく。

-

まだ覚えてるわ。ユ~ラユ~ラからのダダダダダダ

-

これ以降、耐震基準が大幅改正されたし自衛隊要請もハードルが下がったし決してこの惨事を無駄にはしてないよ。
でもまだまだなんだよね。

-

あのとき私はシリーズ
絶対に嘘ついてるやついるよねw

-

テントなどで生活しながら、4月から翌年9月下旬まで、約1年半ボランティアしてたわ。
2月3月に行かなかったのは、年度末で暇を持て余していた大学生などがボランティアに多く参加していた事と、単位の足りない学生がボランティアに参加すると、単位を与えてくれる配慮をした大学が多くあった事などで、4月から新年度になると学生ボランティアが減りそうだという報道があったから。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。