海外「注目!」宇宙技術の脅威から日本を守る新部隊に海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

海外「注目!」宇宙技術の脅威から日本を守る新部隊に海外興味津々!(海外の反応)

yss_202001211459269b9.jpg
東京:安倍晋三首相は月曜、日本は、ライバル国がミサイルや他の技術開発を進める中、潜在的な脅威から自衛するための宇宙作戦体を結成し、その新部隊はトランプ米大統領が最近発足させた同等な組織と緊密に連携することを明らかにした。 安倍首相は今年の国会冒頭での施政方針演説で、4月に航空自衛隊の一部として宇宙作戦隊を発足させると表明した。 首相は、日本はサイバー空間における脅威や、日本の衛星に対する電磁干渉からも防衛しなければならないと述べた。中国とロシアが、人工衛星を妨害、無効化、破壊する方法を模索しているという懸念が高まっている。 安倍首相は、これらの分野で「優位性を確保するための能力とシステムを大幅に強化する」と述べた。以下略(ARAB NEWS)
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/30DEC8A,http://bit.ly/30E6UA1,http://bit.ly/2sMTkxK
関連記事




・まるで私の大好きなアニメが現実になったかのよう。



・新しいアイデアがある。
General Unit of New Destruction Armament and Mech(新破壊兵器ロボ部隊)。
頭文字を使うといい。



・彼らはガンダムを本当に作るのか?



・↑ガンダムはクールだけど、XウイングとTIEファイターの方がいいと思う。



・責任者はコンピューターを使えないサイバーセキュリティ大臣か?



・何もアメリカの宇宙軍を止められない。



・今、ウルトラマンの主題歌が頭から離れない。



・宇宙軍を使えば、憲法九条を改正出来る可能性があることを彼は理解している。



・↑彼には日本ではなく宇宙を統治してもらいたい。



・アメリカが作ったシステムがあるだろ。
日本はそのシステムを使えばいいのに。



・間違いなく素晴らしい映画を作れる。



・世界はお互いの命を奪うための技術開発を続けている。
どうしてそんなことをするの?



・宇宙戦艦ヤマトを作って欲しい。



・日本よ、永遠に。
世界を支配したまえ。



・日本の宇宙軍!
次は何だ?北朝鮮の宇宙軍か?!



・一体どうやって費用を賄うつもり?
国債?



・金を使うための終わりのないプロジェクトだろ。
本当のコストを知っているのは特定の人たちだけ。
なんて都合がいいんだ。

コメント

-

ガイジンは頭悪いからな

-

もうすぐ人口の半分が60歳以上になる
高齢化の日本に新しい物を期待してはいけない。

-

日本は米国と組んで、中国やロシアに対抗したり協調したりしていくのだよ。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

早速中国のハッカー集団に
三菱電機の防衛および宇宙技術が
盗まれてしまいましたがね。
国家機密が漏洩したに等しいと
ニュースでやってましたな(笑)

-

老化完全停止の現状維持で、300年後まで見たいもんだな

-

最後のコメントが真実だね

-

実際のところ宇宙軍なるものが稼働するとして、それがどんな仕事をするのかを具体的にイメージできる者は少ないだろう
安倍からして確固たるプランを想定できていないと思う
防衛省と空自の極少数の人間が具体化のための研究を進めているというのが実情だと思う

-

言葉のマジック。
護る為の技術を確立するには、テストするには、攻撃する技術が無いと出来ない。
数段上の技術が必要になる。w

名無しさん

アニメのおかげで宇宙軍=ガンダムという妄想が働く外国のアニメ・マンガオタクがいるだろうが、現実の日本の自衛隊は金がなく、人材もいなくて、中国の宇宙軍事技術には足元に全く及ばないレベルだ。日本の自衛隊の宇宙関連の取り組みは、残念ながら張子の虎にすぎない。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。