海外「ブラック企業がw」日本の職場を明るくする画期的商品に海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

海外「ブラック企業がw」日本の職場を明るくする画期的商品に海外興味津々!(海外の反応)

ggrttr.png
三菱電機が研究を進めていた“青空に見える照明機器”(関連記事)が、「misola(みそら)」として正式に商品化されることになりました。価格は68万~75万円で10月発売。壁や天井などの取り付け位置に窓があるかのように見せ、開放感を演出します。以下略(ねとらぼ)
海外の反応をまとめました。

動画
http://bit.ly/2SBCDy0
関連記事




・ストレスの多い日本の労働者に三菱がソリューションを提供。



・たぶんこれは上手くいく。



・マジ?



・従業員たちは偽のリラクゼーションを得る。



・企業が考案する職場のストレスに対する典型的なソリューション。
「我々は君たちのメンタルヘルスを気にしているよ」
「素晴らしい。労働を減らして、給与をアップしてくれない?」
「ダメ、でも本物空のように見える天井のスクリーンに大金を使うよ」
「・・・」



・↑黙れ。



・私は気に入った。
とても説得力があるよ。
狭い密室に雰囲気が出る。



・もしくは彼らに80時間以上働かせるをやめろ。
しかも上司や同僚に飲みに行かせるんだろ?



・早く帰宅させればいいじゃないか。



・午後5時に帰宅させろよ。



・驚きはないね。
存在しない問題への解決策と言うべきか。
日本企業っていつもそうでしょ?
毎日3時間のサービス残業をさせずに午後5時に帰宅させ始めよう。



・天井を大きなスクリーンで覆え。



・彼らに窓を与えればいいだろ。



・でも日没に出来る?



・感謝するべきなのかな。



・労働時間の短縮、給与アップ、福利厚生の充実は?



・2019年のブラック企業大賞が素晴らしいアイデアを見せた。



・笑顔の画像ファイルをiPadに表示させて従業員の前に置くといいぞ。

コメント

-

インターネッツで文句垂れてる外人も、日本と同じようなド底辺なんだろうな。

-

この値段ということは外の映像を24時間撮って流すだけじゃダメなの?
雨の日は?

-

ちゃんと調査したんかな
価格帯がアカン
失敗しますわ

-

一つだけで約70万するの?高杉じゃね?

-

そんなもんに70万出すならボーナスの足しにしてくれや

-

他のメーカーも似たようなの作ってるけど値段がネックなんだよ

-

ガイジンいらないから

-

>>笑顔の画像ファイルをiPadに表示させて従業員の前に置くといいぞ。

上司の顔写真の方がいいぞ?

-

上の階の人が落ちてきそう

-

いいなこれ

-

いいな
雲が流れたら最高

-

上に猫乗せてくれ

-

展示会で実物見たことあるが本当にそこにピーカンの日の窓があるようだった
帰って価格調べて笑ってしまったが

名無し

値段と魅力が合ってない

-

大企業の商品開発力がこの程度って・・・
ほんと終わってる国だわ

 

これが病院の環境改善のためとかいう売り文句なら歓迎されるんだろうけど、従業員に還元すべき資金をこんな高いものに使うという日本企業のブラックさを浮き彫りにしている

-

これイタリアのCOELUXじゃない?
COELUXは安いやつで85万とかでハイエンドのは600万とかだけど
これは安いやつのOEMなのでは?

-

普及することで安くなっていくのに頭の悪いコメントばかりだな
研究開発費の回収も認めないほうがブラック思考だろ

-

ちゃんとブルーライトが出るのなら、近視予防に良いかも、会社より先に学校に導入しよう。

-

存在しない問題への解決策と言うべきか。

ホンマこれ。なんなん。

-

うちみたいに青空に雲柄の壁紙貼ればもっと安く青空教室にできるのに

-

モニター取りつけてリアルタイムの空の映像流したほうが本物に近いし、なにより安い

言っておくけどアメリカの労働時間は結構長いし、中国も同様
稼いでる国は労働時間は長いもんだよ

-

空よりスカート下から覗ける方がいいとおもう

774

こないだの現場川柳優秀賞

「ノー残デー 電気消されて 闇営業」

切ないがこれが現実
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。