視覚障がいの男性が車にはねられて起きた奇跡に海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

視覚障がいの男性が車にはねられて起きた奇跡に海外びっくり仰天!(海外の反応)

gfss_20200216184806338.jpg
視覚障がいの男性が、車にはねられたことをきっかけに、奇跡的に視力を回復して話題になっている。  ポーランドの地元テレビ局「Gorzowianin」(1月30日付)などによると、この男性は西部ゴジュフ・ヴィエルコポルスキに住むヤヌシュ・ゴライさん。20年ほど前、14歳の時に激しいアレルギー反応が原因で右目の視力を完全に失い、左目はかろうじて明暗を判別できる程度になってしまった。  2018年のある日、奇跡は起きた。横断歩道を渡っていたヤヌシュさんは、走ってきた車にはねられ、頭を車のボンネットで強打。さらに大腿骨を骨折し、2週間ほど入院した。  入院中のある朝、目を覚ましたヤヌシュさんは衝撃を受けた。左目で物が見えるのだ。その後も左の視力は回復し続け、ほぼ完ぺきな状態に。以下略(日刊ゲンダイ)
海外の反応をまとめました。

http://bit.ly/2V25f6i
関連記事




・(スレ主)横断歩道を渡っていた盲目の男性が自動車に轢かれて、視力を回復。



・どういたしまして。



・誰も予想していなかったに違いない。



・20年間も見えなかったのか。



・大草原の小さな家でアダムの身にも同じことが起きた。



・先日、カリフォルニアで大きな地震が起きた。
我が家にあるこの8年間点灯しなかった照明が、突然点くようになった。



・目が見えない振りをするのをやめる言い訳がようやく出来たんだろ。



・映画によると、次の衝撃で彼はまた目が見えなくなる。



・記事「片目が光と形がぼんやり見える程度だったポーランドの警備員は、もう眼鏡を必要としないくらい見えるようになった」
↑これはポーランドジョークに違いない。



・待ってくれ。
彼は視覚障害があるのに警備員だったの?



・「テレビを叩いたら、映るようになった」の本物の例。



・↑打診メンテナンス。



・↑奇妙なことに「打診メンテナンス」が人間に機能することがある。
心臓に問題のある人間が雷に打たれて、心臓が正常に戻ったこともある。



・正直、私だったらまた見えなくなってしまうことを恐れるね。
目を覚ましたら、見えなくなっているとパラノイアに憑りつかれて、眠ることが出来ないと思う。



・↑君は最初にそんなことを思うの?



・↑恐怖に支配されている人間もいるんだよ。



・このニュースを聞いた盲目の人々が、道路に突っ込まないことを祈る。

コメント

名無し

(ヤバい死んでしまう、修復しなきゃ)
(血を大量に作れ、大腿骨や筋肉を修復しろ)
(目や視神経まで壊れてるぞ、早く治さないと)
(感染症に気を付けろ、免疫細胞を体に回せ)
・・・・・・
(ふぅ、だいたい治ったな、ひと息つける)← 「目が見えるぞ……」

-

衝撃加えたら治りましたとか壊れかけのアナログテレビかい

-

災いを転じて福となす、だね
良かったねぇ…

-

ショックのせいじゃねーよ大量に投与された薬のせいだってニュースで言ってたろ

-

まぁ電気ショックという回復方法が確立されてるしな

-

禍福は糾える縄の如し

-

これはマジだな
マスターキートンに書いてあったから間違いない

通りすがりの

何がなんだか
当たった場所、衝撃の強さ、生きてた運の強さ、回復力
まあ奇跡だな

-

まあ警備員が立ってるだけで抑止力になるし…

-

写真だけ見るとむしろ左目が見えてなさそうなのに。

-

これは嬉しかっただろうな!たぶん生きる力が漲ったに違いない。
そうすればケガの直りも早いから良いんではないの。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。