海外「美しい!」1000年前に造られた日本刀に海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

海外「美しい!」1000年前に造られた日本刀に海外びっくり仰天!(海外の反応)

trgf.jpg(スレ主)この1000年前の刀は、造られた日と同じくらい素晴らしい。

海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/38KcLaj
関連記事





・東京国立博物館のものだ。



・↑あそこは素晴らしい博物館。



・なんて素晴らしい刀なんだ。



・つまり一度も使われなかったの?



・どうして当時の様子を知っているの?
スレ主はその場にいたの?



・↑(スレ主)うん。



・1500年代まで刀は登場しなかった。
おそらくこれは太刀だろう。



・指紋がべたべた付きそう。



・1945年以前の物は、ほぼすべて破壊されたと思っていた。



・ぴかぴかだね。触ってもいい?



・どれほどの切れ味なのだろうか?



・なんて美しいんだ。



・でも犠牲者の魂が中に閉じ込められているんでしょ?



・素晴らしい。ラストサムライをちょうど見終わったところなんだ。



・でもこれは服部半蔵の刀なの?



・オーマイゴッド!日本に行きたくて仕方がない。



・どうやって錆びさせないの?



・一体どんな素材が使われているのだろう?



・とても喉が渇いていそうだ...。



・1ドル出そう。



・↑(スレ主)1年に付き1ドルは妥当だな。落札決定!

コメント

-

・1500年代まで刀は登場しなかった。
おそらくこれは太刀だろう。

こいつは何を言っているんだ・・・

-

展示のしかたで太刀だってわかるよね、そう日本人ならね

-

カタナって、
妖しい輝きをするよね・・・

-

その人は太刀と打刀の違いについて指摘してるんじゃないかな
どっちも広義ではKatanaだから海外では区別がつかない人が多いし
真贋ともに出回ってKatanaと呼ばれているものはほぼ打刀だから

 

馬鹿ガイジンと会話するのは無理そうだ。

世間知らずの馬鹿の癖に、やたらつまらないジョークを言おうとする。

 

それはそうと、写真は何だろうか。平安末期の日本刀なら刃こぼれしてて使い物にならなそうでも重要文化財、使える状態なら間違いなく国宝。
そう気楽に撮影できるもんじゃないから、どこかからか拾ってきた画像なんだろうが。

-

石田正宗に似てる気がするが詳しくないので違うかも
もしそうなら鎌倉時代末期の作なので1000年はたってないね、700年ぐらい

-

うーん・・・
翻訳元の写真がバカでかくて目釘穴がふたつなのも位置もわかるし柄の詞書も不鮮明ながら読めるんだが、真正面から撮った写真じゃないから刀の姿がいまいちつかめなくて自分じゃ確定できん
誰かもっと刀剣に詳しい人いたら、元スレの写真を見て確定して
(´・ω・`)

なあり

※1>1500年代まで刀は登場しなかった。
おそらくこれは太刀だろう。
こいつは何を言っているんだ・・・

おそらく、刀と言うのは私たち日本人の秀吉朝鮮出兵大敗北の際に負け犬の如く逃げ帰る時に拉致した朝鮮の職人が作り上げた本物の日本刀(真実は朝鮮刀と言う)の事を言っているのでしょう

-

(´・ω・`)さん
金象嵌からおそらく国立博物館の伝当麻、展示はこないだ終わったぽい

-

太刀と刀って種類の違いのこと言ってるんだろ
太刀は基本的に馬上用で長い

ただ、これは刃を上にして展示してあるので太刀ではなく刀の写真やろね
たちなら普通刃を下にして展示する

-

>1年に付き1ドルは妥当だな。落札決定!
1000ドルじゃ安すぎるだろw

-

太刀も日本刀だって説明しなきゃわからんか

-

本文中の「刀(katana)」=「打刀」だとわかってない奴らが「太刀」との違いも理解できてないようだな、外人より無知じゃねえか

-

東博で一番カッコいいのは銀錯銘大刀

-

最近刀剣ブ~ムとかで、ヲタのにわか評論家が大勢湧いててクサ。w

-

刀のブームで、にわかファンとか、最近爆発的に増殖した鉄オタとかと同類でみっともねえよな。ハハ

-

キモオタ大発狂じゃん
感これでブヒブヒ言ってろw

-

刀は平安時代中期以前は両刃の剣が普通で「つるぎ(とぅるぎ)」と呼ばれていた.ただし懐の中に入るような小刀は片刃(かたな)と呼ばれる.平安時代中期からだんだん美術品化し、刀身に反りを入れ、片刃のものが主流となり、大型のものを太刀(たち)、素早く抜きやすいようにやや小さくしたものを打刀(うちがたな)と言った.両方ともカタナ(刀)であり、日本独特の形状をしているので日本刀と総称されるようになる.鎌倉時代には接近戦で用い、最後には切腹か首を取るのに用いるので、武器であるとともに美術品並みの美しさを持つ打刀が一般的になり、武士が自分自身と同一視するようになる.日本無双の強さを持った英雄ヤマトタケルが崩御の後、天の叢雲の太刀に宿ったという伝承依頼、刀は武士(もののふ)の魂と一体となる.第二次大戦の陸海軍士官以上は官給のものが安物のおもちゃ同然なので、自前の軍刀を持つことが多く、正規士官以上の特攻隊員も搭乗の際に日本刀を持ちこんだ者が少なくない.刀は生死を一にする友だったのである.なお、現在のような形になった刀で現存するものは平安時代後期、約900年前の刀鍛冶安綱作のものとされている.

-

>本文中の「刀(katana)」=「打刀」だとわかってない奴らが「太刀」との違いも理解できてない

ガチアスペだろこいつw
そんなの誰でもわかる
わかった上で太刀も打刀も刀なのになんで外人は刀=打刀だと思いこんでるの?って話だろ

あー

GHQが刀狩りしたせいで名刀はあの世行き

名無し

糞食い文化しかない嫉妬に狂った朝鮮ゴキブリが湧いてるなw
役に立たないんだからとっとと半島に帰りなさい

-

外国人にマウント取る奴って絶滅してくんないかな?
区別つかないのでなく、つける必要がないんだよ。お前らめんどくせぇ位細かいんだよ!
マニアかよ!うんちくをタラタラ言って偉そうに。考えの違いを何故受け入れない?
バッカじゃねーの?逆に外国の事詳しく知らねぇクセに。

-

>>金象嵌からおそらく国立博物館の伝当麻、展示はこないだ終わったぽい

ありがとー
画像で確認してみたけど13世紀の伝当麻で間違いないみたいだね
さすがは本阿弥光忠鑑定の重文だけあって華麗でいて力強い姿の非常に美しい刀やねー
(´・ω・`)

-

この長いナイフも恐らくコロナウイルスに感染しているのだろう(涙)

-

>馬鹿ガイジンと会話するのは無理そうだ。

馬鹿ガイジンだからじゃなくて無知だからだよ
日本人が相手でも変わらん

-

どうも変なヤツが見てるから
仏像みたいに盗まれないように見張りしてほしい
油をまいて半島に逃げるゴロツキもいるからな

-

戦闘と勘違いされてるけど
刀は首を切り落とすための処刑道具だからな

-

「戦闘と勘違いされてるけど
刀は首を切り落とすための処刑道具だからな 」

コイツ、アホか?
歴史も知らん、知識も無い、どこぞの半島のサルかよ

-

今、春日大社に展示されてるやつか?

-

真空パックでもしたのかな

-

写真で見るのと、実物を間近で見るのとでは印象が全然違う。
吸い込まれそうになる美しさが日本刀には有る。

-

刀(カタナ、トウ)
1:室町時代以降の徒歩用日本刀であるウチガタナ(打刀)を限定して指す。
2:日本刀全般。馬上用のタチ(太刀)類を含む。即ち小太刀も大太刀も含む。
3:古今東西の片刃の刀剣全般。奈良時代以前の無反り刀や大陸の柳葉刀も含む。
4:古今東西の刀剣類全般。片刃ではない七支刀なども含む。ツルギ(剣)と同義。

記事の外人さんが1の意味でカタナと言ってるのは分かる。
タチとカタナは別物、とする分類はある。
が、日本では2や3の用法の方が一般的なので紛らわしい。
ウチガタナと言った方が良かっただろうね。

-

※どれほどの切れ味なのだろうか?

どうやって切れ味を試したのかは知らない方がいいよ

-

>>わかった上で太刀も打刀も刀なのになんで外人は刀=打刀だと思いこんでるの?って話だろ

どう読んでもレスは「刀」=「日本刀」の前提でズレた批判を書き込んでいて、英文の「katana」=「打刀」という文脈を理解してないとしか思えないが?

日本語で「ソース」といえば、普通はウースターシャーソースを元にした洋食向けのソースのことだが、英語では「ソース」=「たれ」、だから「ソース味って何ソースの味だ?」と疑問が出る
君は「わかった上でウスターソースも醤油(ソイソース)もソースなのになんで日本人はソース=ウスターソース(とか、とんかつソース等)だと思いこんでるの?って話だろ」と言ってるようなもんだぞ

-

どこにでも湧くな、ウリジナルな土人ども
半島へ帰れば?

名無し

揚げ足取りと面倒臭いのが多いな。
日本刀でもKATANAでも、確りと造られた本物はイイよね。

-

刀ブームで俄かファンを馬鹿にする奴おるけど、こういう伝統工芸?って新たなファンがいないと先細りするばかりだろ
ブームは一過性だけど、大勢の俄かから少数の息の長いファンが生まれるんだからご新規さんは大切にするべきでは?
これどこの業界でも言えることだけど、古参が新規を叩くとろくなことないぞ。

-

>>「戦闘と勘違いされてるけど
>>刀は首を切り落とすための処刑道具だからな 」
>
>コイツ、アホか?
>歴史も知らん、知識も無い、どこぞの半島のサルかよ

そこまで言うてやりなさんな。
むしろ、2000年3月に「刀と首取り」が出版されてはや20年、論説の穴が幾度も指摘されても未だに鈴木説を得意げに掲げる信者さんが消えないあたり、氏の影響力(悪影響)のすさまじさに感嘆しちゃいますわ。

「実戦では槍最強!弓最強!刀なんて実戦では使われなかった首取りの道具!その根拠は軍忠状に記載された負傷者の刀傷の数!槍傷が多くて刀傷が少ないんだよ!え?負傷者じゃなく死者の刀傷の数?都合悪いから無視無視」

-

1000年以上前に作られたものがこの保存状態で維持されてるって単純にすごいことだわな。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。