イタリアの医師「60歳以上には人工呼吸器使わず若者優先」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



イタリアの医師「60歳以上には人工呼吸器使わず若者優先」(海外の反応)

sgsggs.jpeg
冒頭の動画は厳しい環境で働くイタリアの医療関係者たちの動画。新型コロナウイルス感染症が猛威を振るうイタリア。2020年3月11日の時点で感染者数10,149人、631人が亡くなっています。 イタリアのメディア「ilGiornale.it」はイタリアの医療機関の対応能力が限界となり、「60歳以上の人には人工呼吸器を制限しなくてはならなくなってきている」とミラノの医師のインタビューを掲載しています。 人工呼吸器などの治療は若い人ほど優先されています。以下略(ナインポスト)
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/3aSsxk3,http://bit.ly/2TX22mF,http://bit.ly/2w3SXAv
関連記事





・幸いなことに、アメリカではこんな問題に直面することはない。
「お金を持っている?」
「あなたは生きられる」
「やった!」



・先着順ではないの?



・人間の価値を一体誰に決めることが出来る?



・↑回復の見込みで決めるのだろう。
医療資源が限られている緊急事態では普通のことだ。
天災や災害でも同じことが起きる。



・↑それも明快ではない。



・これはトリアージと呼ばれるものだ。
トリアージとは、患者の重症度に基づいて、治療の優先度を決定して選別を行うこと。トリアージュとも言う。語源は「選別」を意味するフランス語の「triage」である。 救急事故現場において、患者の治療順位、救急搬送の順位、搬送先施設の決定などにおいて用いられる。識別救急とも称する。 ウィキペディア



・政治家、科学者、医者のような社会にとって重要な役割を担っていない限り、15~40歳の治療に当たっているらしい。



・↑じゃあ、俺たちはトランプ・ジェンダー研究の学者・美容整形外科医を救って、消防士はみんなお陀仏なんだな。



・↑緊急事態に関わる人たちは重要。
あとは影響力のある金持ちとか?



・厳しい判断。軽々しく下せるものではない。
こういうことは誰にでも重くのしかかり、一生付いて回る。



・トリアージはいつでも重要。
あいにく、病気が蔓延している状況では、こういう決断をいつもしないといけない。



・これは酷いね。
でもウイルスの急拡大を見る限り、避けようがないことなのだろう。



・↑いつかどの病院もこういう状態になるだろう。



・↑避けようがある。
先着順で治療するんだ。



・↑そういうプロトコルではない。
最善の結果を目指すトリアージがプロトコル。
回復しそうな人から治療する。



・医師と看護師のメンタルヘルスも見守る必要がある。
こういうプレッシャーは、とても危険。



・アメリカがこのような状況になるまで、あとどれくらい?
何が「ただのインフルエンザ」「マスクは役に立たない」だよ。



・↑せいぜい2週間といったところかな。



・完全に悪夢だね。
7~10日で君たちの国もそうなる。



・↑2週間前にそうなると聞いたけど、いまだに待っている。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告