北海道教育大中国人教授の拘束を中国が初めて認める(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



北海道教育大中国人教授の拘束を中国が初めて認める(海外の反応)

htyrdhhdhdh.jpg
北海道教育大学の中国人の教授が、去年、中国に一時帰国したあと、連絡がとれない状態が続いている問題で、中国外務省の報道官は「教授はスパイ犯罪に関わった疑いで中国当局の取り調べを受けている」と述べ、拘束していることを初めて認めました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/2vRw3vY,https://bit.ly/2UGZJEx
関連記事





・これは初めてのことではない。



・他国のために働く人間を捕まえた。



・たぶん真逆のことが起きているのだろう。
日本に関して知りたいことを彼らは手にしている。
拘束したふりをして連れ戻しただけだ。



・↑もしくは、彼は十分なスパイ活動をしていなかった?



・↑そんなに馬鹿馬鹿しいスパイの呼び戻し方があるか?
教授に大学を辞めさせて、連れもどせばいいだけなのに、どうして国のイメージを損ない、日本との関係に影響を与える必要がある?



・大体の場合、中国政府の発言と逆のことが起きている。



・中国は世界の脅威。



・真実を語る人間は彼のような目に遭う。



・もしかしたら、中国の悪口を言っていただけでは?



・中国はくだらない。ほら、言ってやったぞ。



・自国民を裏切ると、命を落とすことになる。



・↑中国共産党は人類を裏切っている。



・犯罪を犯しても儲からない。
法を守る市民になろう。



・中国の言うことは嘘だらけ。



・COVID-19について語って、トラブルに巻き込まれたな。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事