日本ラグビーがアジア初のティア1に認定されたことに海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



日本ラグビーがアジア初のティア1に認定されたことに海外びっくり仰天!(海外の反応)

fgdfdfferre.jpg
国際統括団体ワールドラグビー(WR)が、日本を「ティア1」と呼ばれる強豪国に認定する見通しになったことが3日、複数の関係者の話で分かった。2日に続投が決まったビル・ボーモント会長が日本ラグビー協会に約束したという。10カ国で構成するティア1への新規参入や、アジアの国の参加は初。代表のマッチメークや資金配分などで大きなメリットが見込まれ、日本のラグビー界の重要な節目になる。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/2xE9Q5G
関連記事






・日本がティア1に昇格。



・これは素晴らしいニュース。
日本と日本の文化大好き。



・↑彼らは君に感謝をFAXするだろう。



・プレステのラグビーゲームを作ってもらうには、日本にラグビーに本気で取り組ませるのが一番。



・↑たぶんラグビーアニメを元にしたゲームになるんだろうけど、君は正しい。



・↑私はラグビーのRPGを熱望している。



・ティア1って2大大会のどちらかに参加しているってことじゃないの?



・↑アルゼンチンは、ラグビーチャンピオンシップに参加するずっと前からティア1だったぞ。



・ティア制度はもはや無くなったも同然。
ティア2の国々は新興国と呼ばれる。



・日本はスコットランドとアイルランドに勝てる。
少なくとも、上手くいけば、アルゼンチンとオーストラリア相手に1,2勝あげられるってこと。



・それで、シックスネーションズにもチャンピオンシップにも参加しないティア1って何なの?
ティア1というのは、ハイレベルの相手と戦うということ。
票を買うために得る名前じゃない。



・↑ぷふふ。
フィジーと日本をチャンピオンシップに加える計画だと記事に書いてあるだろ。



・これは素晴らしい。
彼らがスーパーラグビーのことをもっと真剣に捉えてくれたらなぁ。



・↑本当に。
企業が後ろ盾のクラブは、サンウルブズを本物にしたくないようだった。



・↑うん。
だから少数の日本代表選手と南アフリカとオーストラリアの選手たちでチームが構成された。



・無条件で日本をティア1にするべきじゃない。
ラグビー界、特に南半球のラグビー界には、日本が提供できる金と観客が必要なことは理解している。
でも彼らのテストチームをラグビーチャンピオンシップの一員にずっとするべきじゃない。



・ホーム&アウェイが維持できるなら、日本とフィジーをラグビーチャンピオンシップに参加させることに賛成。



・↑アルゼンチンと日本が同じ大会に参加している場合、それは不可能。
日本からアルゼンチンに行くには、文字通り24時間かかる。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告