日本の伝統芸術を活かしたシューズに海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日本の伝統芸術を活かしたシューズに海外興味津々!(海外の反応)

uggggd.jpg
アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)が開発したというこのシューズ。靴底には、美しい幾何学模様。その特性とは。靴に力を加えない場合は、靴底は平らな構造ですが、力を加えて折り曲げると、立体的な構造に変化します。これがスパイクの役割を果たし、地面との摩擦が増え、滑りにくくなるのだといいます。以下略(テレビ東京)
海外の反応をまとめました。

動画
https://bit.ly/2AdAqE1,http://dailym.ai/2zrhwZW,https://bit.ly/2AfPy3P
関連記事






・猫の舌みたいだね。



・地面へのグリップ力が強いなら、ウォーキングだろうとランニングだろうと登山だろうと素晴らしいデザインだと思う。
買ってもいいかな。



・素晴らしい!
明日、氷の上を散歩に出かける時は、絶対に履くことにする。



・滑りやすい岩の上を歩く海釣りに良さそう。



・賢いね。
月面の散歩がもっとずっと簡単になるでしょう!



・とてもクリエイティブだ。



・冬に使えそう。
冬に履くためだけでも私は買うと思う。
1年前に氷の上でこけて、腕を折った。



・グレタによると、もはや氷は残っていない。



・でも地球温暖化で氷は無くなるとグレタは言っていたぞ!



・↑去年、雪が降ったのは、とある午後の2時間だけだった。
近年は雪の日なんてほとんどない。



・私は散歩の際にいつも氷を見つけようとしている。



・砂とか石が挟まって、機能が低下しそう。



・ロボットが履くなら理に適っている。



・泥や土はどうやって落とすの?



・↑ゴミ箱に捨てろ。



・それでここに科学者は何人いるの?



・昔はどの靴も滑ることはなかったのに。



・作業靴にその靴底をつけて!

コメント

-

インパクトの瞬間だけ摩擦力が高くなるのは、かなり有用だと思うけど
あんまり賢くない人は、スパイクシューズ履けばいいじゃんとか書きそう

-

すまんがメリットがよくわからない。普段、平らである必要があるのか?なんか理由があるのだろうけど。

-

土の上歩いたらやばくない?
お掃除大変そう

-

スケートリンクの上を走れて、そのまま滑ることもできる、
てことか。

-

動画聞く限りだと、取り扱い易い(常時トゲトゲしてない)着脱式スパイクって話みたいな

-

>普段、平らである必要があるのか?

普段は平らであることでソールの接地面の摩耗を減らせるんだろうな
常にギザギザ面が路面に接してるとすぐにすり減って利きが悪くなる
でもさ折り曲がった部分だけグリップが良くなっても曲がった部分だけでは接地面積は大幅に減るからあまり意味がないような気がする
足裏全体で着地して接地面広くすれば今度はまっ平らでグリップが普通の靴より悪くなるだろうし

-

柔軟性の高いミッドソールと組み合わせて初めて履き心地の良さを発揮するだろうな
つまるところ現時点でこの技術を使って良い靴が作れるのは地球上でナイキ一社だけ

-

雪国で需要ありそう。車でスーパー行って駐車場で転ぶとかよくあるし。

-

発想するってのは大事だろうけど
その開発した製品より、高性能で価格が安いのがすでにあるような、、、
ミドリ安全のだけどw

-

ガムを踏んだら…

-

小石が挟まって直ぐだめになりそう

-

ミドリ安全のゴム長が良いよ。油の上でも滑らないらしいよ^^

-

靴のパーツはアシックスやビブラムだろ。

-

よりメジャーな商品になって世界的に注目されるようになったら「そもそも切り紙の起源は~」ってお隣の国が起源主張してくるのが目に見える。

-

e-221革靴の靴底に貼るのか?
それともツルツルになった靴底に貼って使うのか?
最初から滑り止めの溝がある靴の方が滑らないのではv-363v-361

-

kirigamiは韓国起源ニダ

-

まあこういう発想からまた違う発明が産まれる

無駄な事は何も無いよ!きっと多分

頑張れ!
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。