海外びっくり仰天!中国軍がインド軍との衝突前に総合格闘家を部隊に配属(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

海外びっくり仰天!中国軍がインド軍との衝突前に総合格闘家を部隊に配属(海外の反応)

agtrtgg.jpg
【6月28日 AFP】中国とインドとの間で今月発生した衝突の直前、中国が境界線付近に配置された軍部隊に、登山家や格闘家らを配属させていたことが分かった。中国国営メディアが報じた。  山岳地帯に位置する係争地域では、双方とも核保有国である両国関係が緊迫する事態はまれではない。だが今月起きた衝突では、過去50年以上で最多の死者数を出す事態となった。以下略
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3dGLl6E,https://bit.ly/38agYEw
関連記事






・中国がチベット付近の部隊に総合格闘家を配属。



・人民解放軍はインド軍相手に素手では不利なのか?



・中国の総合格闘技はガチ。



・WWEはそこに店を出すべきだ。



・中国はインドと戦争をしたくないはずだが、もう戦争は避けられない。
モディがインド軍を制御できていない。



・どうしてそんなことを?
銃を持っているんだろ?



・↑60年代に銃火器を使用しない合意をした。



・みんな、ボクシンググローブを着用しろ。
面白くなるぞ。



・すべての戦争はそうやって戦うべき。
素手で決めろ。



・インドがステゴロで負けると思えない。



・インドには素晴らしいレスラーや総合格闘家がいる。
中国にはジャン・ウェイリーしかいない。



・↑でもあいつは軽量級。



・おいおい、中国よ。大人になれよ!



・戦わないのはどうかな?
大人も政府も結局は4歳児なんだよな。



・どうして太極拳の達人を呼ばないの?



・↑文化大革命後、伝統武術は禁止になった。
達人はすべて中国から出て行ったよ。



・中国発の他のすべてのもの同様に、中国武術は偽物。



・これは鉄拳のあらすじなんでしょ?

コメント

-

インド側はダルシムを配備すべき。

-

格闘技世界チャンピオンでも路地裏でナイフ持ってるチンピラに金を出せと言われたらおとなしく財布を差し出します。

-

>・中国はインドと戦争をしたくないはずだが、もう戦争は避けられない。
モディがインド軍を制御できていない。

逆ぅ↑

-

オチが読めた。
山岳訓練も高山訓練ろくにしないまま実戦投入
肺をヤられる

-

ヌンチャクは?ヌンチャク持ってんの?

-

きんぺーも人民解放軍を制御できてないらしいけどね
国賓来日を予定してるのに尖閣挑発しちゃってるし

-

仙人とヨガマスターの戦闘を見てみたい。

  

普通に武器使ってたやん。
鉄パイプだっけ?

-

今は陸戦だと中国よりインドの方が有利

-

中国が死者数発表しなかったり報道制限引いてるのは今インドと事を構えたくないから、って報道番組で解説してたのに、最初からやる気満々だったってこと?
それともとりあえずステゴロ得意な奴配備したら、現場が速攻やらかしたってだけなのかな?

-

つまり用意周到にインドとの衝突を中国が起こしたってことでしょ
インドが戦争に踏み切っても中国は勝てる気なんだろう
米国が混乱しているなかで軍事力誇示が目的
インドは挑発に乗らないようにしているが自国民を数十人崖から突き落とされてるからなぁ
中国は明らかに殺害が目的だった

-

総合格闘家と中国拳法マスターはどっちが強いんだろう。

-

中国が準備万端で仕掛けたのか、さすが卑怯者の中国だけのことはある

-

ガチで笑えない……
中国軍の山岳部隊はチベットで虐殺の経験があるし気性も荒い
コイツラの言う登山家、格闘家が共産主義教育されたチベット人の可能性すらある

-

中国がムエタイの試合に現役警察官を送り込んで相手をボコったら、サプライズでブアカーオが出てきてボコボコされたのを思い出すな……。

-

中国の総合格闘家って有名なやついる?w

-

中国に友好とかそんな考えは無い
やり返さなかったら侵略されるだけ

すでに中国が叩かれる理由が十分すぎて
どの国が中国に今すぐ戦争しかけても中国の味方はしない

-

桜庭さーん、インドに、いい仕事ありますよー!

-

自分はインドは山岳白兵戦得意なイメージあるんだが実際どうなんだろう
大部隊の運用は性格上難しい気もするが
少数精鋭ならインドに分があると思うんだが?

名無し

我が国もその昔黒船来航に力士をズラッと並べてお出迎えしたとか聞いたことあるなw

-

中国拳法は全く実戦的でないんだが大丈夫か?

名無しよん

「配属」ではなく「配備」を使うべきw

-

銃を使うと戦争とされちゃうから肉体言語でとするなら、もうプロレスかK-1で決着付けろや・・・

-

>>ヌンチャクは?ヌンチャク持ってんの?
あれはブルース・リーのせいで勘違いされてるけど、中国ではなく沖縄発祥の武器ですが

-

>両国は1996年、緊張悪化を防ぐため、係争地での銃器や爆弾を禁止することで合意している。

なので鈍器、素手、投石などで殺してるんだそうです

-

≻登山家や格闘家らを配属させていたことが分かった

こんなの人民軍の練度が低いって宣伝してるような物じゃないか
大丈夫か中国マスコミはこんな内容報道して

-

中国はアメリカからの経済制裁とコロナと水害で国内がボロボロ、ここでさらにインドとモメるわけにはいかないのでなんとか鎮静化しようとしてるな
インドにとってはチャンス

をそとぬこ

(;ФωФ)総合格闘家て。。。散打じゃヨガに勝てないか➰w

-

アインシュタイン
「第三次世界大戦に使われる武器は分かりませんが、第四次大戦なら分かります。石と棍棒でしょう」

現実は第三次世界大戦から石と棍棒のようだ

-

飛び道具は、投石以外禁止だっけ?

-

一対一にして客を呼べばいい

-

インドはグルカ旅団でも投入しろ。

通りすがりの

うん
そのまま肉弾戦に転じるんだ
武器は使用禁止な
中国4000年のよくわからない武術が勝つか
インド6000年のよくわからないヨガが勝つか
中継も入るんだろ?

-

インドは真島の兄さんから武器の使い方を学ぶべき

-

ぴょんぴょん跳ねるだけのペーパー格闘家かな?

-

中国は散々愛国教育して中国は周辺国に侵略されている被害者と煽ってるから
末端の兵士は何故北京が奪い返せと命令しないのか不満が鬱積している。
特に中国が国力で周辺国総てを圧倒しているのだから侵略して何が悪いのかと
いきり立っている。

-

元々人民解放軍には軍隊格闘があったろ?「軍体拳」っていう。前に中国語の解説動画みたけどごくシンプルで強力そうだった。まぁ武ヲタの間では中国武術は弱いってのが定説だけど(格闘競技で結果を出せていないのが理由。競技ルールのせいで多くの危険な技が封じられるからって反論もあるにはあるが、この反論にも反論があったり・・・)、流石に軍隊格闘がそこまで弱いって事はないだろうし、わざわざ総合格闘家(散打の選手か何かか?)なんぞ呼ぶのか?

一方、インドの武術についてはあんまり詳しくないわ。
一番有名なのが、ケーララ州由来の「カラリパヤット」で、他の有名どころはクシュティ(インド相撲)やガトカ(パンジャブ州におけるシーク教徒の、剣術を表芸とした武器術)。他にもたくさんある筈だけど、名前がぱっと出てくるのはそれくらい。まして軍隊格闘がどうなってるのかはサッパリ。

-

ブラックマンバとか有名選手が居るから身体能力は高いと思う
カナダ国籍だけど
中国の格闘技は・・・ショボい動画しか出てこないからなぁ

-

人民解放軍の死者はインド軍の3倍でボコボコにやられたらしいと、虎8で産経の田北さんが言ってたわ。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。