日本が罰則付き休業要請を検討し始めて海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日本が罰則付き休業要請を検討し始めて海外びっくり仰天!(海外の反応)

fger.jpg
西村康稔経済再生担当相は1日までに時事通信のインタビューに応じた。  新型コロナウイルス対策の特別措置法改正に関し、休業要請・指示に従わない場合の措置として「命令や罰則の新設はあり得る」と明言した。以下略(時事通信)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/33lGAhi,https://bit.ly/2Plp3gY
関連記事







・日本が感染予防に従わない場合、罰則の追加も。



・いや、彼らはそんなことしない。



・「かも」って?



・↑日本はマスク着用の命令を出したことはない。
マスクを着用するように強く推奨しているだけ。



・↑アメリカよりも5歩進んでいるじゃないか。



・これってGOTOキャンペーンの邪魔をするのでは?



・↑あのキャンペーンは本当に馬鹿馬鹿しい。
あまりに時期尚早。



・↑日本人の多くが、コロナの安全対策に疲れ始めている。
感染者の数も増え始めている。



・↑経済を下支えするために外に出よう!
でもどうか無事で。
さもないとトラブルに。



・東京に住んでいるが、みんなが日常に戻りつつあり、マスクをしていない人が増えたと同僚と昨日語り合った。



・でも、これはアメリカ的ではない!



・つまり彼ら自身は何もするつもりないと我々に伝えているんだね。



・素晴らしい。
まずは安倍を罰することから始めろ。



・みんなの我慢ももはや限界のようだから、分別のある次の手段だと思う。
でも躊躇するのは理解出来る。
多くのビジネスをつぶすことになるからね。
それに守らせるにはマンパワーが必要。



・やれ。



・↑これは日本だよ?彼らが罰則を科すことはないさ。
話し合いの会議を開催するだろう。
そしてその会議の間に次の会議について計画する。
3度目の会議で、経済に害を与えるから、みんな旅行するべきだと言うだろう。
ここまで来ると大臣が出てきて、謝罪するべきだよ。
何も出来ることはないってね。



・感染者は急増。
でもバーやレストランは人でいっぱい。
学校も閉鎖されず、夏休みも超短い。
これはまずいな。



・南アフリカでは、厳しい法律に従わないだけで警官や兵士にフルボッコにされて命を落とすぞ。

コメント

名無しのanonymous

最初からやれ

-

普通の迷惑行為だって、やり続ければ処罰される…
「やるな」って警告しているのに、その指示に従わずに迷惑・違反行動をし続ける者に対して、当たり前の措置だと思うが?

-

ネトウヨ憲法でできないとか言ってなかったっけ
また負けたのか

  

罪が言うこと聞かんからしゃーないやろ
はよしてほしい

-

都民や府民みたいな「自由人」に、
パチンコやライブを我慢させるには、
法改正も良いかもね。


ほんとうは、
「ロックダウン」して、
都民を隔離してしまえば、
日本中が安心出来るのに・・・。

-

在日がフラフラしてるからだろ

-

そろそろワクチン出来るんだろう。

-

ライブカメラで観る限りコロナ以前と大差無い量の大勢の人が映っている
リアルタイムの証拠が有る以上、東京は馬鹿しか居ないと思われても仕方が無い

-

政治家が経済を回すために若者を自由にさせてる
それなのに感染すると罵られるという矛盾

-

感染が多い地域を小さく封じ込める。
地域責任って考えを持った方が良い、何が補償だよ。
補償も限界がある。いい加減な店が集中してる地域なんて
潰れても構わないだろ?

-

お前らそんなギャンブル気分で毎日生きてんの?

-

東京の、
バカみたいな感染者数を見ていると、
日本の中に韓国があるみたいね・・・。

この国を終わらせる"癌"だな

-

・↑あのキャンペーンは本当に馬鹿馬鹿しい。
あまりに時期尚早。

メディアには出てこない数多くの今月すら乗り切れないかもって観光業者の前で言ってみろよ
あとアホなやつは観光業者だけの措置と考えがちだがまず旅行の準備には地元やネットで大量に旅行に必要なものを買わなきゃならないし鉄道だって使う、長く鉄道に乗るから駅近で色々買うなど経済ってのは単純に回ってるわけではない
例えばマスク配布に文句を言ってるバカが多いがあれで各地の郵便局の多くは臨時バイトを募集してた
つまり自殺に追い込まれるレベルで困ってる人たちを一時的にでも救済する事が出来てんだよ

-

テレワークでも罰則やれ。

コロナ第二派は、テレワークをやめた企業が原因
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。