東京都がFAXでのコロナ感染者情報共有をやめたことに海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

東京都がFAXでのコロナ感染者情報共有をやめたことに海外びっくり仰天!(海外の反応)

ghhjj.png
東京都は、厚生労働省が導入している新型コロナウイルスに感染した人の情報を一元的に管理するシステムの運用を、3日から始めました。 このシステムは、感染した人の情報を一元的に管理する「HER-SYS」と呼ばれるものです。 厚生労働省が保健所の負担を減らすために、ことし5月から導入していて、都は3日から、このシステムの運用をはじめました。 システムでは、患者の基本情報のほか、症状や感染した場所や経路、それに、入院中かどうかや、日々の健康状態などを医療機関や保健所が入力し、都や国などで共有することができます。 また、患者本人が健康状態をスマートフォンなどから入力することができるため、保健所が患者に電話をして聞き取る手間を省くことができます。 これまで都は、感染した人の情報について、医療機関が作成する「発生届」を保健所経由でファックスなどでやり取りしていました。 このため都によりますと、報告漏れや重複して計上するミスが相次ぎ、これまでに2回、123人分を訂正していて、都はシステムを導入すればミスを防ぐことにつながるとしています。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3kfUSGc,https://bit.ly/3fodDUs
関連記事






・東京都の検査センターが、新型コロナ感染者情報の報告にFAXではなくコンピュータを使い始める。



・2000年へようこそ。



・私はユタで育った。
「ユタへようこそ、時計の針を20年巻き戻して」と言っていたものだ。
どうやら日本の行政も同じ問題を抱えているようだね。



・↑日本では時計の針を30年戻さないといけないぞ。



・でも、どこにハンコを押せばいいの?



・パンデミックでようやくFAX機を捨てた。



・↑でも彼らはスクリーン上に押せるデジタルハンコをこれから造らないといけない。



・この20年ほどFAX機を見ていない。
どうして彼らは使い続けていたのだろう?



・↑おそらくサイン代わりのハンコを使い続ける必要があったからだろう。



・何だと?!東京からFAXが消える?



・これほど日本らしい記事を読んだことがない。



・もしかしたら、日本でもコンピュータが流行りだしたのかもね。



・コンピュータ?何それ?



・忠実なサラリーマンはFAXを使う。
コンピューターは悪魔の機械。



・コンピュータだけどWindows 95に違いない。



・↑Windows NTとWindows 3.11だぞ。



・NOOO!次は何?
切腹が消えるのか?



・みんな「一体誰がFAXを使っているんだ?」
今まで日本を支えてきたFAX「悲しい」


・つまりコロナ禍のおかげで良いことが起きたのか。

コメント

-

日本よりも圧倒的に死者数の多い欧米諸国は、もうFAXくらいでしか日本に対してマウント取れないから必死の食い付きっぷりだな?ww

-

ユタってモルモン教の聖地やろ
あちらもまだFAx教なんか?

-

FAX”も”使ってるだけ。

-

FAX税を創設して廃絶に舵切るべき
一回500円

-

コロナでFAXが消えるとコピー機も消えるし、キャノンとかヤバいな
カメラももうあかんし

-

ていうかこいつ等今まで腐ったソースを元にしてFAXFAXって言ってたの?
メディアリテラシーがない工作員や害人はこれだから…

-

FAXは普通に働いてる人間ならわかるが便利で必須なんだよなぁ。なぜ今も複合機にFAXが付いているか理由はある。メールで出すよりFAXのほうが簡単で早い場合もあるんだよ。使い分けが重要なだけでFAXが必要ないという奴は社会経験ない奴だろ

-

どの国も病院や旅行会社ではFAXは現役だ
セキュリティに優れてるのもあるが、
未だにアメリカですら紙媒体を欲しがる顧客や企業は多い

くだらないプロパガンダはいい加減やめるんだな

-

ばーか まだ国際専門機関ではFAXが主流だっての。

-

コンビニから車検証や免許証なんかの書類送れるし、写真だと写りを気にしなきゃいけない分、FAXの方が便利っちゃ便利。

 

FAXでマウント取るとかだせえな

-

FAXは、ネットワークに繋がっていなければ、乗っ取られたところで、機密漏洩は無いから、安全と言えば安全。

ただ、ネットワークプリンタのFAXは乗っ取られると危険なので、FAXがネットワークプリンタの持つ機能なら、FAXを使わないのが賢明。

-

FAX使ってるけど正直仕組みがよく分からん

-

でも欧米抜きにしてさすがにFAXはないわw
馬鹿にされてもしょうがない。
ネットでやり取りすりゃいいし、必要ならプリントアウトすりゃいい。
セキュリティガーとかいうIT音痴がいるから進まんのだろうなw

-

病歴のような漏れてはいけない個人情報をパソコンを介さないで他の機関と共有する場合は比較的安全なので病院はずっとfaxを使ってきたんだよ
そうじゃ無い場合は病院は暗号化されたメールとか使ってるけど…

-

愛国者様イライラで草

-

複合機は設定をちゃんとしてもらえていればいいけどね

-

反fax教徒は日本のやることに釘付けやなw

-

FAXを使いたいわけじゃなくて、まだ使ってる奴がいるから配慮として残してあるだけだ

-

FAXが日本でまだ使われる最もでかい理由は、「送信済の確定」
仕組み上、FAX同士が確認し合うので「はい送ったよ、受け取ったね?だからあとの責任は受信側ね」とできる。メール等はここが弱い。未達出したとき送り側が罪を被る、日本独特の責任論のせいでもあるが・・・

システム化はカネがかかる上に、日本のシステムベンダの作る業務用システムは船頭多くして何とやらのせいでポンコツ化するのが常。

-

別に日本はFAX使うのをやめたわけじゃないからな。
患者数の管理はPC使ってるが他の書類は普通にFAX使ってるだろうなw

-

漏れてはいけないとかいってるけど
漏れるか漏れないかは人間のエラーなんで、そこをどうケアするかの問題。
FAXでもエラーがあれば漏れるし、ITでもエラーがなければ漏れない。

いままでどおりのFAXが安全という理屈はわかるけども
新しい便利な手法へ以降しないとね。

-

当の米国でも、患者数をFAXで送ってたって報道されてたぞ。

結局、システムを作っても、使用する人の習熟時間や、導入コストがペイするまでに相当時間がかかるんだよ。

手慣れた方式で情報を集める方が結果的に早くて、間違いが少ない。日本の場合、少なくてもインフルエンザを集計するフォーマットは既にあった訳だからね。

 

外国人から嘲笑されたからと言ってムキになってFAXを擁護してきたウヨくん達
しかじ実際の所こうやって負担軽減のために排除されていく

-

旧態依然で進歩も発展もなかった古臭い行政の場にやっと文明の利器が
おせーよマジでこれは馬鹿にされてもしょうがないわ

-

アホかw fax使用者に右左の政治傾向があるわけないだろw

アメリカに情報が通じるからと暗号メールサービスの開示請求が国際間である国のさえ嫌というド左翼の多さ知らんのかw

-

2000年以上の永きにわたり、同じ一族をエンペラーとして戴いている国。世界最古の君主国だけあって古きは伊達ではない。良きにしろ悪しきにせよ、ちょー保守的だ。

-

物を大切にしない国よりいいと思うけどw

-

職場がIT化してたからFAXは触ったことも無いが、エクセルをメールで送り合ってたわ。でかいファイルのアップロードに2時間かかるから見守るために残業してな。

-

日本でソフト開発を発注すると見積もりの数倍の金額を請求され、納期は年単位で遅延し、納品されたシステムはバクだらけで使い物に成らず、結局使われず埃を被る羽目になる。
地方自治体にはハードルが高すぎる。

-

アメリカの銀行なんかでもFAX使わせるところがあるとか聞いたことがあるが…
文書をFAXで送らせることでデジタルでの偽造防止とか期待してるのかな?

-

FAXとハンコで日本にマウント取った気になってるのがアホ丸出しで哀れ
日本人からしたら後進国の連中がまた偉そうになんか言ってんなって程度のこと
FAXとハンコという文化を残してるから老舗の店や昔気質の職人さんとかとちゃんとコミュニケーション取れていい商品が作れてるんだよ

-

仕事は精魂込めて手間暇かけてこそ価値がある
IT化なんぞ腑抜けのすることよ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。