東京都がFAXでのコロナ感染者情報共有をやめたことに海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



東京都がFAXでのコロナ感染者情報共有をやめたことに海外びっくり仰天!(海外の反応)

ghhjj.png
東京都は、厚生労働省が導入している新型コロナウイルスに感染した人の情報を一元的に管理するシステムの運用を、3日から始めました。 このシステムは、感染した人の情報を一元的に管理する「HER-SYS」と呼ばれるものです。 厚生労働省が保健所の負担を減らすために、ことし5月から導入していて、都は3日から、このシステムの運用をはじめました。 システムでは、患者の基本情報のほか、症状や感染した場所や経路、それに、入院中かどうかや、日々の健康状態などを医療機関や保健所が入力し、都や国などで共有することができます。 また、患者本人が健康状態をスマートフォンなどから入力することができるため、保健所が患者に電話をして聞き取る手間を省くことができます。 これまで都は、感染した人の情報について、医療機関が作成する「発生届」を保健所経由でファックスなどでやり取りしていました。 このため都によりますと、報告漏れや重複して計上するミスが相次ぎ、これまでに2回、123人分を訂正していて、都はシステムを導入すればミスを防ぐことにつながるとしています。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3kfUSGc,https://bit.ly/3fodDUs
関連記事






・東京都の検査センターが、新型コロナ感染者情報の報告にFAXではなくコンピュータを使い始める。



・2000年へようこそ。



・私はユタで育った。
「ユタへようこそ、時計の針を20年巻き戻して」と言っていたものだ。
どうやら日本の行政も同じ問題を抱えているようだね。



・↑日本では時計の針を30年戻さないといけないぞ。



・でも、どこにハンコを押せばいいの?



・パンデミックでようやくFAX機を捨てた。



・↑でも彼らはスクリーン上に押せるデジタルハンコをこれから造らないといけない。



・この20年ほどFAX機を見ていない。
どうして彼らは使い続けていたのだろう?



・↑おそらくサイン代わりのハンコを使い続ける必要があったからだろう。



・何だと?!東京からFAXが消える?



・これほど日本らしい記事を読んだことがない。



・もしかしたら、日本でもコンピュータが流行りだしたのかもね。



・コンピュータ?何それ?



・忠実なサラリーマンはFAXを使う。
コンピューターは悪魔の機械。



・コンピュータだけどWindows 95に違いない。



・↑Windows NTとWindows 3.11だぞ。



・NOOO!次は何?
切腹が消えるのか?



・みんな「一体誰がFAXを使っているんだ?」
今まで日本を支えてきたFAX「悲しい」


・つまりコロナ禍のおかげで良いことが起きたのか。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告