(1980年)日本で逮捕されたのに全く反省の様子がない世界的な大物アーティスト(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



(1980年)日本で逮捕されたのに全く反省の様子がない世界的な大物アーティスト(海外の反応)

dffddfd.jpg(スレ主)1980年、0.5ポンドの大麻所持で日本で逮捕された後のポール・マッカートニー。

海外の反応をまとめました。

1980年は元ビートルズのメンバーにとっても、ファンにとっても最悪な年になった。1980年1月16日(水)に訪日したポールは成田空港の税関で大麻所持を摘発され、10日間ほど勾留された後に送還された[7]。1月のウイングス日本公演は全て中止となり、グループとしての活動が休止状態に陥ったウイングスは、翌1981年4月のデニー・レインの脱退により自然消滅。マッカートニーは、ソロ・アーティストとしての活動を9年ぶりに再開。以下略(ウィキペディア)
https://bit.ly/2YaR3J1
関連記事






・第一印象「どうして白黒なんだ?1980年に撮られたものだろ」
第二印象「1980年なんてほんの...40年前。40年も前!」



・で、でもこれは本当にポール?



・怖いもの知らずの男の顔。



・私が日本で薬物で逮捕されたら、親指は立てないよ。



・これはすべて問題ないことを知っている男の顔。
その0.5ポンドを難なく取り戻せることも知っている。



・↑実は凄く怖かったらしいよ。
でもポールはカメラに対してはいつも最高の笑顔を見せる。



・後ろにいる男は、Hero'sに出てきたタイムトラベラーだろ。



・もしも私が日本で大麻0.5gの所持で逮捕されたら、どうなるだろう?



・彼は7年服役する可能性もあったが、たったの9日間で済んだ。



・↑金持ちの有名人って最高なんだろうな。



・↑ああ、一般人なら日本の地獄のような刑務所の中で何年も過ごしていただろう。
しかも日本への入国は一生禁止だ。



・↑日本の刑務所が、アメリカの刑務所よりも酷いなんて想像できない。



・今や彼は世界一裕福なミュージシャン。



・金を払えば刑務所に行かなくて済むが、自由は金で買えない。



・日本では今でも大麻所持は大ごとになるぞ。



・日本の法律は大麻が大嫌いだからな。



・究極の白人の特権。



・本当にこれはトランプじゃないの?

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告