ギザギザの爪で織る日本の技法に海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



ギザギザの爪で織る日本の技法に海外興味津々!(海外の反応)

gererrs.jpg
(スレ主)1000年の歴史がある爪掻綴織と呼ばれる日本の製織技術。
複雑なデザインを産み出すために織り手が爪を切っている。

海外の反応をまとめました。


綴織の特徴
爪掻本綴織とは、必要な部分の経糸(縦糸)を杼(ひ)ですくい、ノコギリ状に研いだ爪先で緯糸(横糸)を掻きよせ、強度が平均になるように「筋立て」という櫛で織り込んでいく技法です。この時、緯糸で経糸を包み込むように織るため、表面に縦糸は見えず、表裏とも同じ模様が現れます。緯糸と緯糸の境目に「ハツリ孔」と呼ばれる隙間ができるのが特徴で、文様そのものは立体的な仕上がりになります。また、糸の始末をするため、裏から織り始めるので、表れる原画と左右逆の絵になります。 以下略(奏絲綴苑)
https://bit.ly/2FsvIUX
関連記事






・これは自分の鼻をほじらせない。



・彼女にはマニキュアが必要だけど。



・どうして超不快に感じてしまうのだろう?



・ゾッとしてしまったよ。



・これは本当に興味深いじゃんか。



・爪を切って、自分の爪をデザインするのかと思った。



・OK。爪を噛む人間としては、これは大嫌い。



・これはクールだけど、気が狂いそう。
私なら噛み切ると思う。



・私の爪では無理。
簡単に割れてしまう。



・爪切りを使わずに噛むと、こんな感じになる。



・これは本当にクール。



・実はとてもクリエイティブで感心してしまう。



・不快そうだけどね。
毛布の糸に引っ掛かりそう。



・何故だか分からないけど、ドン引きしてしまった。



・これを見ているだけで、噛みたくなってしまった。



・触る物すべてに引っかかるのを覚悟しておけ。



・↑1000年前は触りたいと思う物があまり存在していなかった。



・これで背中を掻いたら、大変なことになりそう。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告