薬物乱用防止を訴える日本の啓発漫画に海外が拒否反応を示す(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



薬物乱用防止を訴える日本の啓発漫画に海外が拒否反応を示す(海外の反応)

fererreg.jpg
和歌山県がホームページで公開した薬物乱用防止啓発漫画が、本来の意図とは違ったところでネットで話題になっている。以下略(INTERNET Watch)
海外の反応をまとめました。

https://bit.ly/2ZEnwbu
関連記事






・行政が製作したアンチ大麻の漫画が、大麻の影響とヘロイン・アンフェタミンの影響を一緒くたにし、暴徒による家族への制裁を支持していることで怒りを買う。



・これが行政のやること?
滅茶苦茶だよ。



・子供に対して家庭内暴力を振るうなんて。



・子供を殴ったのを見られたからといって、アメリカでも父親がその場で逮捕されることはないだろう。
特に子供が薬物所持で逮捕された時は。



・不正確なことだらけ。
これはもはやプロパガンダでは?



・日本が大麻に対して抱く恐怖はとても理解できない。
仏教がでっち上げたものだろうか?
それともアメリカがでっち上げたもの?



・↑アメリカだよ。
アメリカが来るまでは、日本では儀式で大麻がずっと使われていた。
女神である天照大神が、大麻の枝を持って描かれているくらいだ。
マッカーサーが占領中に大麻を違法にしたはず。
面白いことに、それ以前の日本では大麻は問題にならなかった。



・↑アメリカの占領以前は、何世紀にも渡って、麻は大きな国内作物だった。



・台湾人だ。
東洋では、大麻がまるでヘロインと同じくらい恐ろしいものであるかのように誇張されている。



・日本はまるで1920年代の社会。
ただし黒人専用の噴水がないことを嬉しく思う。



・韓国人だ。
日中韓が変だと感じるのは、大麻にはとても反対するのに、煙草に対してはとても大らかな点。
一方の西洋では大麻を巡って戦い、煙草には反対する。



・↑単純なことだ。
日本には煙草産業が存在している。



・180度変わるのを待っている。
すべての白人国家が大麻を合法化したら、日本は大麻を「伝統作物」として宣伝するだろう。



・面白い。
漫画を読んだ後、問題なのは大麻でなく、日本の社会そのものだと思った。



・日本が大麻を合法化する可能性は、わずかにある。
いつかは分からない。
ただ、いずれ人々が意見を変えるかもしれない。
でも日本政府は大麻を吸わせてはいけない。
何故なら大麻によってヤクザが儲かるから。



・↑え?(笑)
ヤクザには大麻よりもやらないといけない大事な仕事がある。
彼らのコンクリート業界や知能犯罪は、イタリアンマフィアが赤面してしまうほどのものだ。



・↑ヤクザの利益に打撃を与えたいなら、合法化してしまえば、一晩で彼らの利益は吹っ飛ぶさ。



・↑これは事実だが、日本人はいまだに大麻に対して根強いステレオタイプを抱いている。



・酷い漫画だが、日本政府の大麻に対する姿勢は、アメリカのものよりずっとマシだ。
アメリカは最小限の手間で多くの人たちに罪を負わせようとしているだけ。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告