文科省のデジタル化推進本部の様子に海外は・・・?(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

文科省のデジタル化推進本部の様子に海外は・・・?(海外の反応)

海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/2SrF8DE,https://bit.ly/3lc4IJ8,https://bit.ly/3lbCaPL
関連記事






・日本のデジタル化推進チームの写真には全く説得力がない。



・この大臣を思い出す。



・↑これは何かの冗談みたい。



・なぁ、どこからか始めないといけないだろ。
どこかにパソコンがあったらなぁ。
まずは発明しないといけないのかな。



・これが一番安全なんだよ。
誰かがUSBメモリでコロナウイルスを持ち込むこともない。



・あとでみんなに議事録をファックスで送付したに違いない。



・会議がファックスによって調整されたことに疑問の余地はない。



・とある大臣「で、で、でも!紙とペンはハッキングできないから!」



・初めて日本のテレビを見た時に、どうしてどのチャンネルのニュースもフリップボードと手で剥がさないといけないステッカーを使っているのか疑問に思った。



・写真の中に若者がいない。



・年寄りだらけじゃないか。
30代40代に道を譲れよ。
老害なんだよ、うせろ。



・女性がたったの3人。まったく。
追記:おっと、4人いたか。



・あのケーブルには安全上の問題があるだろ。(笑)



・私はITの仕事をしているが、コロナ以前の会議はパソコンなしで行われていたよ。
別にパソコンが議論や決断の手助けになるわけではない。



・職場の男女平等に取り組む委員会と同じ人たち?



・↑いや、その委員会なら地元の温泉の男湯で行われる。



・これは政府のデジタル化を話し合うための会議。
どうやってデジタル化されているかを見せるためのものではない。
あそこに偽物のIT機器や起動のシールが貼られたMacbookやあったり、参加者がTシャツ姿の方が自信がなくなる。



・↑でも今の時代なら、あそこにパソコンがあってもいいと思うよな。

コメント

-

エヴァのゼーレみたいな感じにしたらいい

-

日本の議員を舐めるなよ
大事な会議中にスマホでネット見るくらい普通にやってるから

-

行革相の河野さんだけが頼り

-

国会でスマホ使ってたらスパイに盗聴され放題だがそういう感覚すらないのが日本

-

まあまた予算だけ取って仕事しない組織が増えただけだ

-

だめだこりゃ

-

この組織の最終的な目標は義体化及び電脳化って事でいいんだよな。

 

これを笑う意味がわからない
これからデジタル化しましょうって会議でしょ
最初からフルデジタル化されてたら会議する必要ないじゃん
これから徐々に変わっていくんだよ

-

>これを笑う意味がわからない
デジタルトランスフォーメーションに精通してるとは思えない面子と
会議の状況だからだろ

デジタルって何?な老害が雁首揃えて、これからデジタル化しましょうって会議するとか
ドリフのコントかよ

名無しのanonymous

"ソーシャルハッキング"っていう、物理的・心理的セキュリティー侵犯というものがありましてぇ……
例えどれだけファックスだの印鑑だのが「ハッキングされる心配はない!」と言い張っても、その重要な情報が書かれている紙やその物理的なアクセスキーとかを直接盗まれたらそれってまんまデジタルでの機密情報漏洩とまったく結果が変わらないものでしてぇ……
どれだけ時代が進もうがオレオレ詐欺が存在している時点でアナログな情報媒体に対する安全神話なんて根っから存在しないわけなんですわぁ

-

老害自公政権がやると必ず失敗する

名無しさん

PCを置いているということは、その時初めて「 資料を見る 」ということ。

それでは「 説明会・勉強会 」になってしまう。

「 会議 」とは、出席前に資料を呼んで内容を把握した上で、意見や賛否の討議をするもの。

-

お隣の台湾はデジタル大臣相当にオードリー・タン
元アップルのデジタル顧問にしてSiriの開発者の一人

日本はメモ用にタブレットすら机に置かない
DXをデラックスと読みそうな世代ばっかり
デジタル競争力を23位まで下げてるのに上がる気感じられないわ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。