日本人が菅首相の英語にイチャモンをつけていると話題に(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



日本人が菅首相の英語にイチャモンをつけていると話題に(海外の反応)

ddggg.jpg
新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領夫妻に見舞いのメッセージを寄せるため、菅義偉首相がツイッターに書き込んだ英文に対し、自民党内から7日、「英語のレベルがあまりに低い」などと問題視する声が上がった。以下略(時事通信)
海外の反応をまとめました。

https://bit.ly/34WFgRt
関連記事






・(スレ主)日本の友人が、菅首相のツイートについて尋ねてきた。
みんなどう思う?
友人は英語を勉強していて、トランプ大統領とメラニア夫人の新型コロナからの快復を祈る菅首相のツイートについて尋ねてきた。
友人によると、日本人たちが彼の英語を訂正し、「was very worried」は今はもう心配していないことを暗に言っていて、問題であり、酷いと言っている。
ツイートの返信欄で同じような反応が見られる。
友人はネイティブスピーカーの私がどう思うか尋ねてきたから、私は大した問題ではないと返事した。
友人は他のネイティブスピーカーがどう思っているか興味がある。
みんなどう思う?



・とてもよく書かれたツイートだと思う。



・優しいなと思ったけど。
ただのツイートじゃないか。



・彼の英語には何の問題もない。
理解できる。



・彼の英語は正しいよ。
ニュースを読んだ時、彼は心配したんだし、今でも心配していることを暗に示している。



・正直、彼は安倍よりもずっと良い英語を話す。
だからどうしてみんなが不満を言っているのか理解できない。



・文法的には「 I have been being freaking worried.」が正しい。
意味:滅茶苦茶心配した、今でも滅茶苦茶心配している。これからも滅茶苦茶心配。



・私は全く否定的には読めない。
トランプを心配していて、回復を祈っているとツイートしている。
もしかしたら日本人は英語に対して自己意識が少し強すぎるのでは?



・これが問題だと思う人にはハグが必要。やめろ。
リプライでのトランプの漢字力について見てみよう。

<


・全く問題ない。
さらに言うと、100%ネイティブらしくなくても全く問題ない。
みんながお互いの英語の粗探しをするせいで、過ちを犯すことを神経質に恐れるのだろう。
日本人がその点で寛大になることを祈っている。



・間違ってない。
これは会話でよく使われる言葉。
もう心配していないと暗に示しているわけではない。



・正確に言うと、問題はないが、特に自然なわけでもない。
批判するようなことはない。
自国の首相に完璧な英語を話せと主張するのは、要求のハードルが高すぎる。



・こんな風に言及されるまで私は気付かなかった。
もっと上手く書くことは出来たかもしれないが、大丈夫だよ。



・とても丁寧なメッセージだと思う。



・何も問題ない。
トランプのツイートを読んだ時に心配した。
それに回復を祈っていると語っているから、今でも心配しているということ。



・うん、これはちょっと馬鹿馬鹿しいな。



・私は以前、薬物を使っていた。
今でも使っている。
でも、以前も使っていた。



・どうやら「was」だと、過去に心配していたという意味だと思っているようだね。
でも今はもう心配していないということにはならないよ。


・彼の英語はトランプの英語よりもマシだぞ。



・教室の外で日本人が英語を話すことを恐れる理由を集約している。
残念だ。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告