井上尚弥がマロニーを仕留めたカウンターを練習する風景に海外驚愕!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



井上尚弥がマロニーを仕留めたカウンターを練習する風景に海外驚愕!(海外の反応)

gssgstsgsgs.jpg
ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が3日、インスタグラムを更新。ラスベガス決戦でジェイソン・マロニー(オーストラリア)を沈めた7回の右カウンターブローについて、「対策がバッチリ当てはまった!」と振り返り、練習中の動画を公開している。以下略(THE ANSWER)
海外の反応をまとめました。

https://bit.ly/2TRLi0k
関連記事






・練習が実を結んだことを見せてくれるこういう動画はいいね。



・うん、ガーボンダがレオ・サンタクルスをKOした一撃を練習する様子を映した動画もあったな。



・練習風景動画の中の彼らはまるで子供みたい。



・鋭くて、力強く、速い。



・滅茶苦茶速いな!



・↑マロニーだって速い。
リングに井上と一緒にいると、遅く見えてしまう。
本当に遅くね。



・↑井上は完全に別次元。
パウンドフォーパウンドでトップ3に入る。
私は何年も言い続けている。



・↑しかも強くなっている。
今、一番好きなファイター。



・わお!試合前に右ストレートの練習をしていたのか。
ボクサーがあんなことをするのを見たことがないよ。



・どうやったら井上のグッズを買えるのか知りたい。



・タイミングが素晴らしい。
ずらしているんだよな。
いきなりタイミングをずらされると悪夢。



・↑まるでチェンジアップだ。
だがこのチェンジアップは顔に向かってくる。



・↑それにマロニーがフェイントのジャブを入れてくるのを待っていた。
見返さないといけないが、マロニーはこのフェイントのワンツーを何回打ったのだろうか?



・スピード、パワー、タイミング...井上はすべて持っている。



・ドネアvsドネチアン戦のKOに似ている。



・↑まるで井上は倒した相手からパワーとテクニックを奪っているかのよう。



・日本に宮田一郎が実在した。



・危険なカウンターだな。
バッチリ仕留めないと、右ストレートを食らうことになる。



・マロニーが第7ラウンドまで持ったことに感心した。
井上は小さいのに強打。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事