宮崎駿監督「女性声優の声の出し方に違和感」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



宮崎駿監督「女性声優の声の出し方に違和感」(海外の反応)

gsgsggsgsgfsg.jpg
本格的なテレビアニメとしては国内初の、『鉄腕アトム』において試みられた静止画の多用や、動画の使い回しなどによる極端な作画枚数の節減は、欠落した視覚情報を音声で補填するものとなった。これは筆者においても重要な論題であり、ほかの文章で詳しく論じているのでここでは割愛する(詳しくは批評誌『アーギュメンツ』を参照されたい)。しかし要点だけを述べるなら、筆者は『鉄腕アトム』において開発された音声情報過多の映像は声優の起用を決定づけ、今日まで国内のテレビアニメの多くは、音声情報の解釈の手がかりとして絵図があるような映像を作ってきたものだと捉えている。音声偏重の映像となることで量産可能となったテレビアニメは、数多く専業の声優を産み、その「声」自体への需要をも育てた。  一方で、そのような声優の声はときに、著名なアニメ監督から忌避されることもあった。宮崎駿は海外のメディアの取材に対し、声優の声について「コケティッシュ」であるとして自身の作品への起用については消極的であることを示した。また宮崎は別の機会では、「声優さんの器用さに頼」ることもあるとしつつも、「存在感のなさ」に不満を漏らし、「特に女の子の声なんかみんな、「わたし、かわいいでしょ」みたいな声を出す」と指摘している( 『出発点 1979~1996』における糸井重里との対談)。宮崎は声優の声がもつ扇情的な響きを明確に批判しているのだ。以下略(リアルサウンド)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/2U23tAo,https://bit.ly/2IbGO1T
関連記事






・宮崎駿が日本の女性声優に不満を言う。



・宮崎が不平?
本当に驚いた。
緊急速報だな。



・彼の言う通りだと思う。



・宮崎に同意するよ。



・はいはい、分かったから。



・同意だね。
日本のアニメでは多くの女性キャラが甲高い声を出す。



・何故だか分からないが、彼の作品は好きになれない。
悪くはないが、まあまあ程度の出来。
彼の作品を見る前に色々と耳に入り過ぎるせいかも。



・この男は本当に嫌な奴だな。



・つまり彼は自分の女性キャラクターたちには、かわい子ぶったアニメ声を出さないで欲しいと言うのか?



・彼の言う通り。
だから俺はアニメやJポップが好きではない。



・ベビーブーム世代の連中は黙って、自分のことだけに集中出来ないの?



・宮崎がそこまでリアリストならば、そもそもアニメを作るべきではない。



・日本人男性は6歳の女児のような声の女性が好き。
両方とも気の毒に思う。



・率直に言うよ。
最近の宮崎は偉そう。



・宮崎の作品は尊敬するが、彼のことはどうかな?
最近の彼が見せる権利意識の高い支配層のような態度にはガッカリする。



・彼の言いたいことはわかる。



・日本の女性声優は好きだが、彼の言いたいことも理解出来る。



・いや、彼は正しいだろ。
女性のキャラクターはそういう声を出すべきだという基準を設けている。



・でもその方がウケがいい。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告