バイデン政権で日本企業がピンチに?!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



バイデン政権で日本企業がピンチに?!(海外の反応)

fafddddddddddddddddddddfafffaf.jpg
バイデン政権で崖っぷちの日本企業に欠ける危機感
米国の気候変動政策がエネルギー・自動車産業に与える衝撃度

米大統領選では、民主党のバイデン候補の勝利が確実になった。トランプ政権の4年間、米国はパリ協定から離脱するなど気候変動の国際的な枠組みからは距離を置いていたが、バイデン政権になると、環境政策は大きく変わることが予想される。バイデン政権の誕生で環境政策やエネルギー政策はどう変わるのか。以下略(JBPress)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/35tLw4i,https://bit.ly/3pmBs5j
関連記事






・バイデンはおそらく日本に気候変動ともっと戦うように強いるだろう。



・というよりは、「バイデンが地球温暖化を減らす為に日本にアメリカの手助けを強要する」だろう。



・↑というより、「アメリカを手助けするように日本に強いる」だろう。



・はい?
まずは自分の国を見てみろよ。
他国に比べたら、日本はとても環境に優しい国だよ。



・日本がプラスチックごみをたくさん出していることには同意するが、バイデンはまずは壊れてしまった自国の修復に集中するべきでは?



・まずは何でも二重の個包装をやめよう。



・日系アメリカ人だが、他国に気候変動と戦うように言う権利はアメリカにはないと思う。



・日本は如何わしい原発をさらに増やす言い訳に使うだろうな。



・バイデンはまずは自分の国から始めるべきでは?



・↑世界の問題には世界で取り組む必要がある。



・金儲けからは距離を置こう。



・どうしてまずは中国に頼まないの?



・パリ協定に賛成する連中は、中身を読んでいないか、現実の世界に住んでいない。
これは事実だ。



・アメリカの方が汚染者なのだから、まずは自国で取り掛かれよ。



・アメリカを再び卑小に。



・バイデンは少し先走っていると思う。



・たまにはまずはアメリカが率先したら?



・他国に気候変動と戦うように強いる前にアメリカがもっと戦うべき。



・↑同じことを書こうと思った。
アメリカは自分たちがもっと頑張る前に他国にとやかく言うべきじゃない。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告