中国での戦いに勝利した日本軍を祝福するイギリス兵たち(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

中国での戦いに勝利した日本軍を祝福するイギリス兵たち(海外の反応)

gsgfsssgssgggsstrsts.jpg
(スレ主)少し前に起きた中国国民党との戦いに勝利した日本軍を祝福するイギリス兵たち。
1937年11月22日、中国の上海共同租界にて。

海外の反応をまとめました。


上海共同租界(シャンハイきょうどうそかい、英: Shanghai International Settlement、中: 上海公共租界)は、中華民国上海市に置かれていた上海租界のうち、フランス租界を除いた数カ国が管理していた共同租界。1842年の南京条約にもとづき同11月から12月にかけて設定され1943年まで続いた。ウィキペディア
https://bit.ly/3kvaVyP
関連記事





・...とても良い写真だ。



・待ってくれ。何かおかしくないか?



・お互いに身構えて、引き倒し合っていないのか。



・この写真が撮られた数年後にはお互いの命を取り合っていたことを考えると、少し不気味な感じがするね。



・↑1941年になるまで、イギリスが日本を過小評価していたことにも驚かされる。



・↑劣等人種が劣等人種に勝ったところで、偉大なアングロサクソンと大英帝国には敵わない。
簡単なことだろ。



・↑これよりも30年も前に日本がロシア人を一方的に叩きのめしたけどね。
どうやらイギリス人は忘れっぽいようだ。



・↑いや、だって奴らはスラブ人だから。(皮肉)



・↑この考え方だと、ロシア人も劣等人種だということを忘れるな。



・あと2年もすれば、第一次世界大戦の続編としてお互いの命を奪い合う。



・最初、お互いにピストルを突きつけ合っているのかと思った。



・こんなにもお互いの立場が変わるものなのか。



・おそらくこの人たちは、12月に南京事件に参加した。



・どうして祝福していると分かるの?
礼儀正しく握手をしているだけかもしれない。



・↑ヤラセっぽい。
握手をしている日本兵たちはカメラ目線。
ちゃんと撮られているのを確認しているかのよう。



・国際政治って移り気だね。



・おっと、これはシンガポールの戦いで降伏する前に撮られた写真だね。



・日本兵が「次はお前らだよ」って感じで笑っているのがいいね。

コメント

-

ナチスの支援を受けた国民党が外人疎開に侵攻して、英米仏が地理的に近い日本に要請して部隊と艦隊送ったんだっけ

-

当時は、日本・欧米と中国(国民党)の戦い。
日本の軍事力に米英は助けられた。
ただ、逆にそれは日本を侮れない国として認識され、中国利権を日本が掌握することを恐れるようになる。
米国は、現代の中国にしているように、自国と並ぶ超大国の出現を絶対に許さない。

-

日本が愚かだったのはこのまま未開な国民党、軍閥から欧米列強の利権を守りながら中国を蚕食していけば世界を相手に戦うことも無かったのにな。

-

西洋には差別主義があったから戦うしか
選択肢は無かったよ。

 

ハプロ条約に基づく「中国とナチスドイツの秘密軍事同盟」を日本軍が粉砕した後やんけ。
だからこそ、英国とか上海ユダヤ人社会とかは日本軍に協力していた。
英国がかなり日本に好意的だった時期。日英同盟の連帯感がわずかに残ってたしな。
ほんと歴史を知らないし調べないな。

もし日本が勝ってなかったら、上海の英国人社会とかユダヤ人社会とかは大変なことになってたぞ。まあその方が良かったんだろうけどさ。日本の敗退後、みんな上海から叩き出されちゃうからそれが十年早まっていただけ。

-

上海租界には欧米十数カ国の人々が暮らしていて、チャイニーズテロリストからの防備を主に担っていたのが近かった日本
それで矢面に立っていた日本が敵視されるようになり、やがて戦争へと突入すると、守られていた連中は恩知らずにも中華民国軍に武器を売り出したのでした、っと
今風に言えば、中はテロ国家で米英はテロ支援国

-

薩英戦争で大英帝国は薩摩藩にボコられて逃亡して江戸幕府に助けを求めて仲裁してもらっただろ

-

差別主義wwww
日本がやったことは西洋諸国を植民地から叩き出して自分たちが西洋に成り代わろうとしただけなんだよなぁ

そもそもそれならユダヤ人迫害してたドイツと手を組むのはどうなんだって話だしな

-

何の努力もせずに年だけ取った役立たず共は将来を悲観し自ら命を絶ち
無分別で自制心の無いバカ共はコロナに淘汰されていく
戦争しなくても要らない奴が死んでくれる
適者生存の良い時代になったもんだよ、マジで

-

フランス革命ん時は英国とロシアは同盟だったろ
差別云々よりまず利益が先に来てるのにナイーブ過ぎるんだよ

-

日本の差別撤廃案が成功していたなら歴史は大きく変わっただろうが
拒否された結果で喧嘩別れでいきついた先が第2次だ 原因はお前らにある

-

差別意識は当然あったけど
それとこれとは別というヤツ
感情で軍を動かすほど余裕のある国はありません

-

>そもそもそれならユダヤ人迫害してたドイツと手を組むのはどうなんだって話だしな

手なんか組んでないぞ
枢軸国の仲間ってだけ
枢軸国は反植民地主義、反共産主義の国

-

ナチの支援を受けた国民党が外国人疎開に侵攻して、英米仏が地理的に近い日本に要請して部隊と艦隊送ったんだっけ

-

過去は過去、現在は現在

-

差別は感情じゃないぞ、当時の差別は白人からしたら社会秩序だし、世界の秩序。

利害関係が対立する根っこに好き嫌いの感情があることは多いしね。日本からすれば英米に裏切られた、米英からすれば日本はやり過ぎたってことだよね。

ナチとはユダヤ人の保護で対立していたぞ。当時の国家としては、日本はわりと一貫していたと思うぞ。

-

つまり中国可哀想って事だな
日本の地でこんな事されたら恨むわ

-

第二次上海事変で戦線拡大を抑制できれば泥沼化は避けられたが
そうなると第三次、第四次上海事変が起きていただろうし

-

白人はもうアジアの戦争には加担しないよ。
白人は「サル同士で殺しあいさせて、最後に利益だけ取れば良い」って考えてる。

だからチャイナを増長させて日本と戦争させる方向に向かってる。

日本人からしたら志那は劣等な動物で犯罪ミンソクだから結果的に「殺処分」は当然の成り行きなんだけど、チャイナがバカすぎるから白人の思惑通りに向かってる。
もう少しでもチャイナの頭が良かったら、そして勇気があったら「世界の頂点に立つべき民族である日本人」に従えば幸福になれると分かりそうなものなのに。

愚劣すぎるからね^^

-

ヘタレイギリスは、東南アジアで、

仲間を捨てて、トンズラ!!!

結局、アメリカと日本の一騎打ちだったんだよ。

後はモブだ。

-

南京事件の5か月前に通州事件が起きてる

-

国民党を倒す為に中国共産党は
日本に情報を提供していた

-

この時はまだ日本は英米に敵対してない
どちらかというとドイツが敵
むしろ国民党から租界を守ってやったのに裏切ったのは英米なんだよなぁ

-

>結局、アメリカと日本の一騎打ちだったんだよ。後はモブだ
欧州方面の状況を俯瞰できないと、こういう意見になってしまうのか

-

国民党と共産党は似て非なる中国だ

-

当時のイギリス人と比べても、背丈が中国韓国人が言うほど低くないんだが?
低かったのは栄養失調だった朝鮮人では?

-

赤旗歴史を信じちゃう間抜けがいると聞いてw

-

再び中国を筆頭にアジアが世界の覇権を握ろうとしている! まずはオーストラリアから頂くとするか!

-

ぶっちゃけ同じ規模・人口で言えば、共産主義と民主主義だったら国力としては共産主義が勝ちそうだけどな。

-

この時点のアジアで
・欧米人を殺してるのは中国
・ナチの軍事援助で毒ガス撒いたのは中国
そして
・民間人が襲われてた租界の防衛に尽くし、欧米の新聞で「勇敢・盟友」と絶賛されてるのが日本

この事実の断片を目にして混乱しパニックになってるのが元スレ
なお"劣等人種ガー"とか言ってイキってるのはアメリカ人な
大英帝国にわざわざASと付言してるのを見れば分かるかもしれないが

-

>>日本が愚かだったのはこのまま未開な>>国民党、軍閥から欧米列強の利権を守>>りながら中国を蚕食していけば世界を>>相手に戦うことも無かったのにな。


おめーが1番無能だからガンバレ

-

第二次上海事変は、国家が動員計画に基づき国際条約で定められた境界を宣戦布告無しで越えて開戦した侵略戦争
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。