海外「よかった!」あの超能力者が日本企業に謝罪し海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「よかった!」あの超能力者が日本企業に謝罪し海外びっくり仰天!(海外の反応)

ggereererfg.jpg
 ユリ・ゲラーさんが、「ポケットモンスター」に登場する「ユンゲラー」のポケモンカードを許可するとTwitterで明らかにしました。 ユンゲラーは片手にスプーンを持った、サイコパワーを持つポケモン(英語名は「Kadabra」)。ユリ・ゲラーさんは20年前に、無許可で名前などをポケモンカードに使われたとして任天堂に対して訴訟を起こしました。その後、ユンゲラーはポケモンカードには登場しなくなりました。  以下略(ねとらぼ)
海外の反応をまとめました。

「20年前にしたことを本当に申し訳なく思っている。ユンゲラーの禁止を解除する。私のユンゲラーのポケモンカードを復活させるかは任天堂次第だ。レアなカードの一つになっているに違いない!」

https://bit.ly/39uU6Cm,https://bit.ly/3lmZtFW
関連記事






・ユリ・ゲラーが、ポケモンカードでのユンゲラーの使用を任天堂に許可。



・ユリゲラーって誰?
任天堂がカードを復活させるかどうか、どうして彼に決める権限が?



・↑数十年前に人気があったイリュージョニストだよ。
念力で壊れた腕時計を直したり、スプーンを曲げたりしていた。
彼は後に似たようなことをした人たち全員を訴えた。



・混乱するね。
元ネタが彼だったとしたら、パロディの範疇では?



・こいつは誰?私は気にするべき?
パテントトロールっぽいけど。
パテント・トロールまたは特許トロールは、一般的には定義が困難であるが、自らが保有する特許権を侵害している疑いのある者に特許権を行使して巨額の賠償金やライセンス料を得ようとする者を指す英語の蔑称で、その多くは、自らはその特許を実施していない。 ウィキペディア



・彼がユンゲラーのカードを発行させなかったのは馬鹿げている。
売上からロイヤリティを受け取ればよかったのに。



・そんなことがあったんだね。
任天堂は本当にユンゲラーのカードを発行できなかったの?



・ユンゲラーとユリ・ゲラーのどこが似ているのか誰か説明してくれないか?



・私はポケモンカードをたくさん持っているのに、ユンゲラーのことを知らなかった。



・ユリ・ゲラーのことを完全に忘れていた。



・カードが禁止になるよりも、カードがあった方が、金が入ってきて、知名度が上がることに彼は気づいたのだろう。



・ユンゲラーってカードになってなかったの?



・↑日本では2002年まで、アメリカでは2003年までは存在した。
それ以来、ユンゲラーはアニメでもカードでも登場しなくなった。



・待って。
私が持っているユンゲラーのカードは価値があるの?



・↑大してないよ。
たくさんあるから。



・これは面白いトリビアだった。
年月が経ち、彼が心変わりしたのは良いことだね。



・2002年からポケモンカードを集めていたのに、今まで知らなかったよ。



・本当に奇妙な話。
ユンゲラーがこの20年消えていたことを今気づいたよ。
でも私はユンゲラーのカードをすべて持っている。



・彼は自信のツイッターで謝罪したよ。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告