海外「欲しい!」名古屋市が販売する使用済みのあるモノに海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

海外「欲しい!」名古屋市が販売する使用済みのあるモノに海外興味津々!(海外の反応)

地域のシンボルなどがデザインされたマンホールのふたが各地で人気を集める中、名古屋市が、初めて、使用済みのマンホールのふたを販売することになりました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3gsQRga
関連記事






・是非一つ買いたい。



・名古屋にいた時に気付いたクールなものの一つだ!
街角ごとに可愛いデザインのマンホールがあった。



・芸術作品だ!



・我々の足元にある美。



・日本にいた時にマンホールの芸術によく気づいたよ。
そこまで重くなく、輸送が難しくないなら1つ買うのに。



・日本限定。



・日本でマンホールの写真を撮るのが好きだった。
それぞれに地域の特性がある!



・名古屋のマンホールはコレクターズアイテムになっているよ。



・3000円ってすごく安い!
問題なのは送料だけ。
重量と距離を考えると、フィリピンまで楽に3万円かかるだろう。
あれを手にできる人たちはラッキー。



・アメリカまで送ってくれたらなぁ。



・価格はリーズナブル。
でもアメリカへの送料はかなり高くつくだろう。



・3000円は安いけど、どれくらい重いの?



・↑50㎏か?



・クリスマスプレゼントにどう?



・これをどうしたら良いのか自分でも分からないが欲しい。



・クスリを買うためにマンホールを売る連中だっている。



・↑いつもイイ話を悪い話にしようとする奴がいる。ありがとよ。



・地下世界の入り口みたい。
デザインがエイリアンやエイリアンのシンボルっぽい。



・Amazon Primeで探してみるわ。



・おいおい!日本の考え方は...狂ってるぜ!別次元だ!



・わお!コレクションとして1つ欲しいな。

コメント

-

安すぎる
ただの金属の塊だろうと思ってるんだろうけど付加価値がある
ある程度の値段で売って、名古屋のコロナ被害の補填にしたらいいのに

  

ヤフオクで転売

-

中古のまんほーるとかw

-

大陸系盗賊団が金属として売り払うのに田舎のほうとかで勝手に剥がしてってるじゃんよ
最終的にメルカリwとかでそういうのに転売する馬鹿だらけになるんちがうか

  

下手にコレクションアイテムにしちゃったら
隣国の窃盗団やベトナム人が盗んで売り出すんじゃないかな?

-

名古屋市はよくても、他市のマンホールの転売市場ができてしまうな。

 

>>名古屋市はよくても、他市のマンホールの転売市場ができてしまうな。
意味不明。そんな理屈なら世の中全ての市場が窃盗や転売を助長してることになるわ。

-

さすが河村市長さん。リニアで静岡を砂漠化しようとしてる大村知事と
JR東海をリコールしてくれて本当に感謝しています。リニア完全白紙に
弾みがかかります。

-

昔のマンホールは、大雨で下水道の水圧が上がると吹き飛ばされてしまう。
最近は下水道管の水圧が上がっても、浮き上がるだけで外れないような金具が取り付けられている。
おそらく、名古屋が古いマンホールを売りに出したのも、外れない改良型マンホールに付け替えられて不要になったんだろうね。
 
だが、3000円は安すぎる。
鉄スクラップの値段を基準にしているんだと思うけど、10倍の30000円でも土木関連のオタクなら喜んで買う。

-

値段を高くしようと言ってる人がいるけど価値があると盗む人が出てきて
道が危険になると思うよ

名無しよん

これは公共機関の処分品だぞ。
地金として処分する際の金額より、大幅に高い値段をつけるべきではない。
「付加価値がある」「高い値段でも買い手はいる」というのは確かにそうだろう。
だがそうなると、実際にデザインをしたのは誰なのか、製造したのはどこなのか、そこに利益が還元されなくてもいいのか、という話も当然発生してくる。
するとそれは、結局のところ、名古屋市が新品を発注する際の取引にも反映されるのがスジだろう、ということにもなってこないか。そうでないと「名古屋市が製造業者を利用してカネを稼いでいる」という構図になってしまう。

切手発行と国際販売を大きな財源の一つにしてるリヒテンシュタインだって、国家自身が、額面に上乗せした値段で古切手を売ってるワケじゃないだろう。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。