海外「日本でしか起きない!」8年越しに行方不明のカメラが戻ってきたイイ話に海外が感動!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「日本でしか起きない!」8年越しに行方不明のカメラが戻ってきたイイ話に海外が感動!(海外の反応)

gdddghhgdg.jpg
長野県の高校生が8年前、ゴム気球に乗せて高度3万2000メートルの成層圏へ飛ばし、行方不明になっていたカメラが11月に埼玉県ときがわ町の山中で発見された。カメラには地球の映像が残されており、卒業生らは「地球は青く、とても奇麗でした」と感動している。  気球による撮影は2012年11月、当時の長野県立飯田工業高校の3年生8人が授業の一環として挑戦した。カメラ2台とGPS(全地球測位システム)を搭載したスマートフォンを気球に設置し、人口密集地や空港などへの落下を避けるため、福井県永平寺町から空へと飛ばした。成層圏に到達後に破裂し、パラシュートで栃木県真岡市付近に落下させる計画だった。  しかし、高度1000メートル付近で電波が届かなくなり、位置が分からなくなった。後日、落下地点はときがわ町の飯盛峠だと推測して捜索したが見つからず、生徒らは卒業していった。以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。

動画

https://bit.ly/3oL9L52
関連記事






・地球の美しさを撮影するために生徒たちが8年前に成層圏に打ち上げたカメラが、生徒たちの元に戻る。



・とてもクールだね。
電話が再びネットワークに繋がらなかったのが不思議だけど。
そうすればスマホを探す機能を使えた。



・はは!彼らは驚いただろうね。



・日本はおそらく何かを失くしても最も安心出来る国だ。
チップを置いても、チップだと説明しない限り、ウェイターはお金を忘れたと思って追いかけてくる。



・正直、自宅の裏庭を除けば、日本はカメラを着陸させるのに最適な場所。
彼らは紛失物を届けるのにとんでもない努力をするし、盗むなんて夢にも思わない。



・↑自分を後回しにしてでも他人を助けようとする日本人の精神は素晴らしいよ。



・↑私がレストランにクレジットカードを忘れたら、店の女性が2ブロックも追いかけてきた。



・↑公園のベンチに財布を忘れたとしても、次の日に行けば全く同じ場所にある。



・ハイライトだけでなく、映像をすべて見たいね。



・そんなに高いところまで飛ばすためにどのような法的手続きを取らないといけなかったのだろう?



・日本は小さいことを考えると、陸地に着陸して凄くラッキー。



・でも地球は丸いと言う者たちもいる!



・これで地球平面論者に地球が丸いと説得できるかな?



・地球平面論者はどんな気分?



・「遠くに白い輪郭が見えるよね?あれは氷の壁だよ」



・嘘だ!地球はそれでも平らだ!



・編集して曲線を加えるのに十分な時間があった。



・カメラが宇宙から落ちてきたのか。
誰かが亡くなっていてもおかしくない。



・↑パラシュートが付いていた。



・「地球平面論者」は、嫌な一日を過ごした。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告