海外「日本人に任せとけ!」日本企業のユニークな電線撤去の工法に海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

海外「日本人に任せとけ!」日本企業のユニークな電線撤去の工法に海外興味津々!(海外の反応)


(スレ主)高速道路の通行を妨げることなく古い送電線を撤去する日本企業。

海外の反応をまとめました。

http://bit.ly/3r4jwgo
関連記事






・これは本当に素晴らしい。



・日本人に任せておけ。



・いやあ、これは本当に賢いわ。



・ワオ!日本限定だ。



・とても日本的だ。



・とても単純なコンセプト。
きちんとやれば、こちらの方が安全。
素晴らしい。



・これが上手くいくなんてクレイジー。



・なんとも日本人らしいやり方だね。(笑)
5分間に通りかかるかもしれない2人に少し面倒をかけるのを避けるために複雑すぎることを行う。
え?って感じだよ。(笑)



・何が起きているのか理解出来ない。
私が5歳児だと思って誰か説明してくれないか?



・道路を10分間閉鎖した方が、ずっと安全で安上がりで早く済むと思うけど。



・いいね、でもヘリウムを無駄にしている。



・↑水素やメタンを使うことだってできる。
火をちょっと懸念しないといけないが。



・↑高圧電線を扱う時に水素やメタンを使うわけないだろ。
そんなわけない。



・これを思いついた男は、これを見ながら「やった!やった!やったぜ!」とずっと思っているはず。



・↑「うまくいったああああああああああ!」って私なら言うと思う。



・う~ん、我々は愚かなスラブ人は真夜中に2分間交通を止める。
その方が安全だし、安いと思う。



・↑道路が主な問題ではないと思う。
道路沿いに別の送電線がある。
あれに干渉したくないのだろう。



・あのカラフルな風船を彼らはどうやって正当化したの?



・風船で送電塔を持ち上げるのかと思ったよ。

コメント

-

ガラパゴス

 

こういう配慮の積み重ねが文化を生むと言うか、秘伝のタレみたいな感じだな
みんなが積み重ねて今がある

  

メルヘンや。就職したい

-

アドがなくてもアドバルーンなのか?
#あのタイプの気球の名称なのか?

-

外人って、ほんと自分本位な馬鹿しか居ないんだなw
だからいつまで経っても途上国なんだよ

-

アド(広告)がないから、バルーンと呼ぶべき。
恥ずかしい間違い。確認せず動画を上げたのか。
風船と呼べばいいのに、わざわざ英語を使って恥をかく。

-

何万台も通る道路だってあるし、こういう技術があるとない企業とでは競争力が違うとか理解できないのかね?

通りすがりの

アドバルーンの浮力ってデカいんだな
昔、デパートの屋上から人間飛ばされた事故あったっけ
しかし天辺で作業しとる人、お疲れ様です
見とるだけでたまひゅんだわ

通りすがりの

おいおいコメにおかしなこと言っとる人がいるが
「アドバルーン」は宣伝用の係留気球の種類の名前だよ
元の名前が英語の「Advertising Balloon」、あの気球の名前自体がアドバルーンなんだよ
派手な色なのはそのせいだ
「アドバルーン広告」がぶら下げてする広告のこと

-

その漢字日本じゃ使わないぞ

-

上コメ 「その漢字」って中国電設工業のクニの字のことか?
国って漢字の旧字体があの 國の字だよ
簡略化したのがいまの国
けっこう名前でも社名でも見かけるけどね
みくにれんたろうって検索して俳優見てみなよ

-

カラフルで大きさもあるアドバルーン用風船はアタリがつけやすいんだろうな

単細胞は10分で終わる工事じゃないし高速道を1時間封鎖するために下準備がどれだけいるとかに考えが及ばない

-

1961年 世界初の気球工法による鳴門海峡横断送電線工事成功。
この辺がルーツみたいね。
実験でヘリより安全面やコストで有利だったので採用されたそうな。

-

>>高圧電線を扱う時に水素やメタンを使うわけないだろ。

工事中に通電してる訳無いだろ。

 

>高圧電線を扱う時に水素やメタンを使うわけないだろ。

通電してるわけないから、扱いとしてはただの被覆付きワイヤーだぞ

-

何本かあった送電線は他の送電線を落下防止用のガイドにして回収作業。
最後に残ったロープの回収作業ということかな?
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。