海外「日本には必要ない!」日本で新たに銃刀法で規制される武器(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

海外「日本には必要ない!」日本で新たに銃刀法で規制される武器(海外の反応)

gstrtssss.jpg
警察庁は17日、ボーガン所持を許可制とする方向で銃刀法改正の検討を進めると発表した。6月に兵庫県宝塚市で4人がボーガンで撃たれて死傷した事件を受け、空気銃と同様の規制を設けることが適当と判断した。早ければ2021年の通常国会への法案提出を目指す。以下略毎日新聞
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/3aGVrXB
関連記事






・そもそも誰がクロスボウなんて必要とする?



・↑ハンターたち...まあ、ライフルを持っているか。



・刀もお願い。



・↑刀も違法だぞ。
土産物屋で買うことが出来ても、持ち歩くことは出来ない。



・↑武道の練習で畳を切ったりするのには使える。



・私は3本持っているが、銃のように免許制にするべき。



・日本ではクロスボウが合法であることを今日初めて知った。
素晴らしい。
すぐに戻るから待ってて。



・モンテスキュー「不必要な法は必要な法を弱める」



・少なくとも彼らはアメリカ人のように銃の所持を正当化するためにお互いを銃で撃ちあったりしない。



・政府は我々からクロスボウを奪い、無防備にさせたいのだ!
私の冷たくなった手から奪うしかないぞ!



・一人の人間が愚かなことをすると、日本はみんなに迷惑がかかる愚かな法律を作る。



・↑どこの国だって同じだろ。



・↑パンのように銃やライフルを買える国よりも、日本のように武器を規制する法律のある国の方がいいだろ。



・日本でクロスボウを一体何に使うと言うんだ?



・↑ゾンビによる世界の終末。



・↑明らかにダリル・ディクソンのコスプレのためには必要。



・わお!みんなが正しい!
クロスボウの犯罪だらけの国に野蛮人のように住んでいることが信じられないよ。



・こういうのは少しやり過ぎかもしれないが、アメリカのように何の規制もないよりはこっちの方がいい。

コメント

-

場合によってはカッターとかハサミみたいな
文房具でも銃刀法違反になる
刃渡りが長い場合とか正当な理由が無い場合とか
警官がアヤシイ団体と感じた時とか

-

日本は弓の狩猟も認められてないから存在意味が競技しかないんよね

-

クロスボウを規制した事で皆にかかる迷惑って何だ?
愚かどころか命が助かる素晴らしい法律じゃないか。
何故もっと早くやらなかったのか、という点においては愚かだと言えるけど

-

自由主義の存在すら知らない人いるけど、どうやって社会で生きていけるんですかね…

-

許可を取れば良いだけ
犯罪に使えば特定が楽になるし一般人にはメリットしかない

-

まーた、ザパニーズのテロで日本人は丸裸にされるのか

さぞ悪事が安全に働きやすくなるだろね

-

ボーガンの禁止なんて自由の剥奪、人権侵害以外のなにものでもない。
我々リベラルは人権を守るために戦い続けなければならない。
人権は地球よりも重いのだから。

-

これの肝は空気銃と同程度の許可制って所で
ある意味で実質全面規制みたいなもんだな
空気銃は狩猟に使えるし競技もまあ盛んだから、規制があっても需要があるけど
国内では狩猟に使えず競技も盛んではない「おもちゃ」であるクロスボウの場合は
わざわざ空気銃と同程度のレベルで取得しようと思う奴なんて相当な愛好家だけな訳で
結果として市場がなくなり日本から姿を消す
最初から全面規制とすると色々と反発があるだろうし、うまいこと考えたなとは思う

名無しよん

モーニングスターも規制しよう

 

日本にゾンビはいません

特亜武力排除合法化法案

日本人(D2保有者)は特亜を違法性なしで殺害できるって言う法案通そうぜ!

-

ドローンも許可制にしてくれ
近くのマンション覗いてるドローンいたし怖い

-

バカのせいで規制規制
役人も規制して仕事したふり
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。